FC2ブログ

二極化する価値

2017-07-18
少し前の話になりますが、ソニー・ミュージックエンタテインメントが
29年ぶりにレコードの自社生産を再開するというニュースがありました。

最近はレコードがブームだという話を耳にしていましたが、
レコード市場をけん引しているのは、主にデジタルに慣れ親しんだ若い世代のようです。
確かに、レコードにはデジタルにはない“プチプチ”という音を含んだ
アナログで温かい感じが良いと思えるのかもしれないし、
お気に入りのジャケットをそろえたり、音楽配信では得られない「所有する」という
気持ちに応えられる部分があるのかもしれませんね。

考えてみると、物事は、何か一方が極端な方向に進み過ぎると、
相反する方向を求める「二極化」していくことが多いように思います。
このレコード市場が伸びているという一方で、CD販売は既に激減し、
たいていは音楽配信(デジタルストリーミング)で気に入った曲を
ダウンロードして聴くという市場がある。

その他には、例えば、将棋。
藤井4段の活躍により、フジノミクスと呼ばれるほど
将棋ゲームや子供の将棋教室が流行っているようです。
その背景には、スマホゲームに疲れはじめ、懐かしいと思って始める
大人世代が増えている事があるのかもしれません。

他にも、手書きの手紙。
メールやLINEなど簡単なツールに頼りがちですが、
最近は、手紙の価値が見直されていて、あえて手書きの手紙にこだわる人も多いようです。

私たちが携わる転職市場においても、同様の変化は確実に起こっています。
今は、ネットショッピングのように求人案件が並び、ワンクリックでコトが済む。
情報だけが大量にインターネット上に溢れています。

自分にとって何が大事なのか、何が必要なのか、
自身で考える力や自分の軸を持っている人であれば、
大量の情報の中からでも、迷わず自分の考えに従うことが出来ると思いますが、
そうでない人の方が多いと思います。

そこに私たち、人材紹介会社のコンサルタントの存在意義があるのだと思います。
ネットの情報だけではなく「誰かに相談したい」と思ったときに、
面談という形でご来社くださるのに、求人案件の説明だけだったり、
ましてや、「とにかく数多く応募しましょう」というような
ネットと変わらない、安易な向き合い方は間違っている、と私は思います。

このような求めるものが二極化する時代からこそ、
ネット検索では思いつかなかったキャリアのご提案や、
スキルアップや成長のための働き方や、仕事へ向き合い方のご提案など、
私たちが存在する意義はより大きいと言える時代なのかもしれません。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/295-667767bb

<< topページへこのページの先頭へ >>