暗闇の象

2017-05-29
外国に、こんな例え話があるそうだ。
暗闇の中で、ある人が象の鼻を触り、「象とはざらざらして柔らかいものだ」と言う。
また、ある人が象の牙を触り、「象とは硬くてすべすべしたものだ」と言う。
他のある人が象の別の部分を触り、違うことを言う。
どれも象の一部だが、象の全体を表したものではない――。

この話は、いろんな解釈の仕方があるが、私は、
人間にとって、物事を認識することがどれ程難しいか、
「解ったつもり」を戒める話だと捉えている。

弊社にお越しになる方と、フェイス・トゥー・フェイスでのご面談をする際、
「求められる働き方」のようなお話をする機会が多いが、実に様々な説明が可能である。
組織に貢献する。全体の中における自分の部署や自らの役割を踏まえて行動する。
まず義務を果たす。多角的な視点で物事を見る。経営の観点を持つ。
効率、効果、生産性を高める。独自の取り組みをする。他部署と密に連携する。
突き詰めれば、どれも同じモノに達するが、表面上は違う。

ご面談にお越しになった方に、職務経歴書の修正を通じて、ご自身の歩みを
振り返って頂くと、「こういったことを大事にして働いてきたのか」と、
感慨深いご様子で、ご自分を再確認なさる方が多い。その場面に立ち会う度に、
人にとって、働くという行為がいかに意義深いのかを感じると共に、
また新たな「求められる働き方」のエピソードに触れ、新たな発見をする。

先程の象の例え話は、「解ったつもり」を戒めると共に、
「伝えたつもり」を戒める話でもある。
A、B、Cと、いろんな観点で話をして、伝えた方は自己満足、
聞いた方は「解ったような、解らないような……」という例が、世の中には実に多い。
人生の重要な局面に携わるキャリアコンサルティングで、そういった事態に陥るのは
本当に怖いので、モノをお伝えする際、いつも細心の注意を払っているが、
お客様から、明るい表情で「目から鱗が落ちた」と言われると、
ささやかではあるが、何かしらお役に立てて良かったと思う。

冒頭の暗闇の例え話だと、「象とは」がぱっと解るのは、光が差し込んだときだ。
どうすればいいか迷っている、という方に、微力ではあるが、
進む方向を照らして、指針を指し示すお手伝いをする――。
「言うは易く行うは難し」だが、そんなコンサルティングをいつも目指している。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/288-53f8b8a3

<< topページへこのページの先頭へ >>