FC2ブログ

ポテチと平和

2017-04-24
昨年の北海道の台風被害により、ポテトチップスの原料となるジャガイモが不足し、
カルビー社と湖池屋社が一部の商品を販売終了・停止するというニュースがありました。

「えっ?!ポテトチップスが食べられなくなるの?」と焦って、
コンビニで買いだめをされた方もいらっしゃるかもしれませんね。
事実、報道翌日にはコンビニ等の棚ではポテトチップスが品薄状態になったようです。
実際は、一部の商品が定番品の安定供給の為に販売停止となった程度であり、
ポテトチップス全般がなくなってしまうということではありませんでした。
ふと、十数年前に米不足でタイ米を食べていたことを思い出しました。

集団心理ともいえると思いますが、
日ごろそれほどポテトチップスを食べているわけではなくても、
手に入らなくなると周囲が騒いでいる状況を見てしまうと、
突然、自分にとって不可欠な物のように思えてくるから不思議です。

このポテトチップスのニュースと同時期に、
アメリカがシリアを攻撃し、北朝鮮に対しても
単独で軍事力行使に踏み切る可能性を示唆し、
戦争に発展するのではという緊迫した報道がありました。
今も両国の緊張関係は続いているわけですが、
北朝鮮のニュースはポテトチップス問題と比べ、
どこか他人事のように
「戦争になったらどうなるんだろう?」
「弾道ミサイルや核兵器で攻撃されたらどうするの?」
と漠然とした不安を感じるにとどまるだけでした。
事の成り行きを見守るしかない・・・という状態です。

金日成元国家主席の生誕記念日となる15日にも
米軍が攻撃に出る可能性があると報道される中、
私は、本日お会いする方にはどういう会社がいいかな?等と考えながら
いつもの道を歩き、いつものコンビニに立ち寄って、いつも通り出勤していました。
どこか他人事で危機意識がない自分にハッとさせられました。

もちろん、トランプ大統領を「まぁまぁ」と宥められるわけではありませんが、
他人の判断に依存していると、窮地に立たされた時に冷静な判断出来ずにパニックとなり、
場当たり的な選択と行動をすることになってしまうと肝に銘じて、
当事者意識を少しでも持つという心掛けが必要だと思います。
それはどのような事にも言えると思います。

例えば震災です。
丁度、熊本地震から1年が経ちました。
ボランティアに行ったり、熊本へ旅行することで支援したり、
という行動もとても大切です。
一方で、他人事ではないと考えて、万が一に備えておくこと。

例えば会社での在り方です。
大きな組織ですと、会社の方向性は遥か遠い雲の上の経営層が決めており、
その決定に従い動くしかない、と感じることも多いかもしれません。
しかしそれが正しい方向に進むか否かは、現場の一人ひとりの意識とも無関係ではありません。
雲の上の決定であっても、今、船はどの方向にどうやって進むもうとしているのか、
自分たちの持ち場(部署)は、巨大船を動かすにあたって何が求められているのか、
そして、その中で自分の役割は何なのか。
会社の中で当事者意識を持つとは、そういう事なのだと思います。

そして私たちが搭乗する大和船たる日本はどこへ向かおうとしてるのだろうか・・・
ポテトチップスを食べながら考える今日この頃です。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/283-f4372b1a

<< topページへこのページの先頭へ >>