FC2ブログ

介在意義

2017-04-17
流通業においては、コスト削減の為、中間流通を減らしていく動きが強い。
日本は米国に比べて、中間流通が多い、という意見も良く聞く。

モノを扱う業界とは異なるが、企業様と求職者様の間に介在する人材サービスも、
「中間に立つ」という点では、上記の流通業と共通点がある。
今後、人材サービスはどうなって行くのだろうか。

私は、低価格と高付加価値の二極化が更に進んでいくのではないかと感じている。
どの業界でも、コスト削減のニーズは強いので、それに応えるサービスは勿論必要だ。
一方で、極端な例だが、経営者や事業部長といった採用ニーズは、
低価格追求で応えられるものではない。

人材紹介の介在意義は、求人案件のご紹介や、求職者様のご紹介ではなく、
いかに、そこに意義付けを持たせるかにある。

求職者様に関して言うと、ご本人にお会いすると優秀なのに、
職務経歴書では全くご自分の魅力を伝えられていなくて、
「確かにこの書類だと、書類選考に通らないのも無理はない」という方が少なくない。
そういった方に、書類修正を通じて、これまでのキャリアを振り返って頂くと、
「自分の大事にして来た事を再確認出来た」という感想を仰る方が多い。
あくまで結果に過ぎないが、選考通過率も大分違ってくる。
また、フェイストゥーフェイスでのご面談後、「働き方について、
今まで気づかなかった視点や視野を持てた、新しい発見が出来た」と言って
帰られる方も多い。そういった方は、現職に残られるにしても、
ご転職なさるにしても、それまでより高いパフォーマンスを上げられる。
弊社が創業以来取り組んできた「働き方の価値をご提案する」の一部だ。

また、企業様に関して言うと、一般にはまだ全然知られていないが、
事業優位性を確立していて、社員様が活き活きと働いているという会社様もある。
そういった会社様の良さを引き出し、求職者がこれまで大事になさってきた働き方や、
ご希望を踏まえて、上記企業様で働く意義をご提案するといった事も行っている。

欧米だけでなく、日本においても、企業様が直接採用活動を行う
ダイレクトリクルーティングが増加している。
採用チャネルが多様化していく中、人材サービスも存在意義を問われており、
その中で、弊社はより付加価値を追求していきたいと考えている。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/282-363732e3

<< topページへこのページの先頭へ >>