電車広告に思う

2017-02-27
人材紹介業は、裏方の仕事だが、以前より、露出が増えてきた気がする。
大手企業様の求人媒体やイベントの広告が多いのは昔からだが、最近は、新興企業様や、
今まではあまり表に出て来なかったようなサーチファーム様の広告を電車で見かける事も
増えた。中には、一度見たら忘れないようなインパクトの強い会社様の名前等もある。
人材紹介業の多様性が増えて来た事は、好ましい事だと思う。

一方、こんなことも感じる。
米国で、人材紹介のエージェントと言えば、ローヤー(弁護士)、ドクター(医者)と並び、
価値ある仕事と言われているが、日本の現状は、上記とのかい離がかなりある。
一部、「横流し」という批判を受ける事もある。
勿論、誠実に仕事をしている紹介会社も存在する訳だが、
こういった現状は、業界全体として、真摯に受け止めなければいけない。

紹介業である以上、ご登録者様に対する求人案件のご紹介や、
企業様に対する候補者様のご紹介は、大前提でしかなく、
どのような意味合いで、ご紹介・ご提案をするかに、介在意義・存在価値がある。
これは、広く捉えれば、人材サービスに限らず、「働く」という行為全てに言える事であり、
本来、当然の事だが、今一度、業界全体で顧みる必要があるのではないかと感じる。

最近、「働き方改革」が、新聞の紙面を賑わす事が多い。
だが、ワークライフバランスとか時短のような、一部の要素のみが際立って取り上げられ、
政府が手掛けようとしている、本当の意味での「働き方改革」が、
注目されていないのではないかとも感じる。

「働き方改革」にも通じるが、弊社は、創業以来、
「働き方の価値をご提案する」をテーマに、サービスをご提供してきた。
その一環であるご面談や、その後の職務経歴書の作成・修正を通じて、
新たな自己発見をした、という感想をご登録者様からお聞きする事が多い。
例えば、顧客ニーズを捉えた提案や、他部署との連携は、どの組織でも求められるが、
それを自分がどのようにしてきたと振り返って、
「果たして求められる働き方が出来ていたのだろうか」と、
改善点を見つけられることもあれば、「こんなことを大事にして働いてきたのか」と
ご自分の原点を再発見なさることもある。そのご様子に立ち会う度に、
人にとって働くということがいかに意義深いのかを感じさせられる。
時代と共に、技術は進化し、世の中は複雑になるが、
働くという行為の本質は、同じではないかと思う。

企業様にご登録者様をご紹介すると、
「どのようなルートでこの方を見つけて来られたのか」と質問されることが多い。
口コミやご紹介の方が多いからだが、これは、先程触れたような、
地道な「働き方の価値をご提案する」事を積み重ねてきた結果ではないかと思う。
弊社は、冒頭で触れたような広告という路線を取っておらず、
決して派手な会社ではないが、ささやかながら、今日も東京の街の一角で、
お客様お一人お一人と向き合って、「働くとは」という問いの追求を続けていこうと思う。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/275-f0f57ed2

<< topページへこのページの先頭へ >>