FC2ブログ

CHANEL再生のCOREな部分

2017-02-20
誰もが知っているシャネルは、1910年ココ・シャネル氏がパリのカンボン通り
21番地に「シャネル・モード」という帽子専門店を開店したことから始まりました。
その後一世を風靡したブランドが、一度衰退したのをご存知でしょうか。

ココ・シャネル氏が1971年に亡くなり、シャネルは冬の時代を迎えます。
経営陣はシャネルのイメージを守るということを全く行わなかったのです。
杜撰な管理体制によりブランドは地に落ちました。

この状態を立て直したのが、ココ氏のビジネスパートナーの孫、アラン・ヴェルタイマー氏と
デザイナーのカール・ラガーフェルド氏です。

アラン氏は、ブランドの再生に乗り出しました。「No.5」をドラッグストアから撤去し、
多額の広告宣伝費をかけイメージ再生を行いました。

そしてカール氏はビジネスとして無謀と思われる施策であっても長期的視点により、実践してきました。
経営者であるアラン氏はカール氏を信頼し、全てを任せ、革新やチャレンジを受け入れました。

ではどの様な戦略で、カール氏はシャネルを復興させたのでしょうか。
自分の色を出した全く新しいブランドをつくるのではなく、あくまでもシャネルの伝統を
守りながら、「ブランドの再生」を成功させました。

一人の人材が、企業を大きく変え、再生を果たした素晴らしい事例だと思います。
我々コアは、仕事は人生においてとても大切な役割であり、愚直に仕事の紹介を通じて
人の人生を考え、企業の成長のお手伝いをしたいと思っています。

単なるスキルマッチングをするのではなく、その企業様の社土、風土を含む会社環境への適
合にこだわっております。崩してはいけないベースを判断し、思考し、新しい価値を生み出す
人材の紹介を通じて、再生へのお手伝いをさせて頂ければ幸いでございます。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/274-97aa09c4

<< topページへこのページの先頭へ >>