2016年内に考える

2016-12-28

今年も残すところ、3日となりました。
皆さまにとっての2016年はどのような年でしたでしょうか。

毎年発表されております。
日本漢字能力検定主催の「今年の世相を表す一文字」では「金」が選出されました。

応募者が「金」を選んだ理由には、リオオリンピックにおける日本人選手の「金」メダルラッシュ、
前東京都知事の政治資金問題、築地市場の豊洲移転問題、東京オリンピックの巨額経費問題など、
政治と「金」(カネ)に絡む問題が次々と浮上したことなどが挙がりました。

イチロー選手のメジャー通算3,000本安打達成やレスリング・伊調馨選手の五輪4連覇などスポーツ界の「金」字塔、
マイナス「金」利の初導入、米大統領選を制したドナルド・トランプ氏から連想される「金」髪、
「金」色の衣装を身に着けたピコ太郎さんの『PPAP』も理由に挙がりました。

「金」が選ばれたのは、2000年(シドニーオリンピックでの金メダル、南北朝鮮統一に向けた"金・金"首脳会談の実現、
新500円硬貨と二千円札の登場など)、2012年(「金」に関する天文現象の当たり年、数多くの「金」字塔が打ち立てられた1年、
「金(かね)」をめぐる問題が表面化)に続いて3回目となります。

あくまで世の中の経済、政治、芸能がメインにはなりますが
良い面のニュース、悪い面のニュースが存在します。

「偶然」と「必然」という言葉がありますが、「今年の漢字」にも目標設定されているものがあると考えます。

スポーツ選手の「金」に絡むものは、「金」に向かっての「努力」が必ず、裏でセットになってついて回ります。
つまり、もらえるべきもので「必然」。一方、悪いニュースなどで偶然選出されているものには「努力」が見当たりません。

私の個人的な意見になるのですが、「今年の漢字」は師走に発表するもの良いのですが、
日本人の慣習として年初にも「今年の漢字」を設定してもよいのではないかと考えます。

これは働き方のご提案をさせていただいている自分自身もそうですが、
年初というのは特に心機一転、何かを変えられるチャンスになります。
ここで年頭に設けた設定を必ずやりきると設定してしまえば、年末にはかなりの自己成長が見込めます。

そして、年初の漢字と年末の漢字を見比べた時に翌年に自分が必要なものが見つかるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/266-550e1eb4

<< topページへこのページの先頭へ >>