FC2ブログ

舞台と役者

2016-11-14
以前、本ブログで何回かドラマの話を書いたことがありましたが、芝居も大好きで、
ジャンルや内容はあまり問わず、気になる役者が出ていると観に行きます。
また、公演が長期にわたる場合、二度観に行くこともあります。
初日近くに観て、最終日に近い日程でもう一度・・・という感じで、
人と、人が作り上げる作品が完成して行く過程を楽しむのも芝居観賞の醍醐味です。

最近では、力強い演技で有名な役者さんが競演する芝居を鑑賞しました。
筋を知っている古典文学で、あまり期待はしていなかったのですが、初回の熱演に感動し、
間をおいてもう一度観に行きました。公演二、三回目と最終回近くとを比較すると、
若手の役者ばかりでなく、ベテラン役者でも更に味のある演技へと変化を感じさせられます。
役者の成長ばかりではなく、一つの作品として完成していく劇を、
観客の一人として目の当たりにできることにとても感動します。
上手く言えないのですが、役者と客の一体感と言うべきか、信頼感と言うべき、
目に見えない何かが大きく違うように思えるのです。

そして、撮り直しのきくドラマとは違い、芝居は一発勝負。
劇場に漂う、失敗は許されない、という緊張感が特に好きなのですが、
反面、自分が役者だったら、と想像するだけで、冷や汗が出てきて「絶対無理だろう!」と感じてしまいます
(そもそもあんなに長いセリフをよく覚えられますよね、しかも自分の内から発せられる、
とても自然な言葉になっている・・・唖然)。

ふと、そのような緊張感のある舞台で、客を呼べる役者と、
そうでない役者の大きな違いは何だろうと、考えてみました。
ただそこに居るだけで、一言発するだけで、人を惹き付ける役者とは、何なのでしょう?
陰での努力や試行錯誤の質量が圧倒的なのか?
いや、デビューしたばかりでも、経験が浅くても魅力的な役者はいるな・・・
凄くカッコよければそれはそれで良いなあ、カッコが?でも味がある人もいるなあ・・・などと
想いを巡らせ・・・結局、当社が掲げる「絶対的な人間力」を考えることとなりました。
百人いれば百通りの人生があり、「人間力」を端的に説明することは難しいのですが、
劇場で芝居に触れていると、人を惹きつける何かが確かに存在することを実感します。
その人間力は、役者自身の才能や努力が必要なのはもちろんなのですが、
「観衆の期待」によって更に高められていくように思えます。
観衆の期待に応える役者には、次のオファーが舞い込むでしょう。
客はまた劇場に足を運び、感動を得る、という好循環がそこに生まれます。

私たちが携わる人材紹介という仕事でも、採用面接などは舞台の一発勝負と似ていて、
そこで問われるのは小手先のセリフではなく、滲み出てしまう「人間力」であると考えています。
私たちは、関わる皆様に既に備っている、あるいはご自身でも気づいていない人間力を
共に考え成長することで、社会に好循環をもたらす存在でありたい、といつも考えています。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/261-90097491

<< topページへこのページの先頭へ >>