FC2ブログ

一見相反する二つの目標

2016-11-07
今年の米国大統領選、最終候補者のクリントン氏とトランプ氏のスローガンは、
「ストロンガー・トゥギャザー(一緒なら強くなれる)」と、
「メーク・アメリカ・グレート・アゲイン(米国を再び偉大に)」だった。

スローガンは、短いが故に、姿勢を際立たせる。
昔、ある業界のトップ企業二社 が、こんな目標を掲げていた。
一社は、「業界を作る」であり、この目標を実行していた。
もう一社の目標は「業界を超える」だった。
後者の企業は、具体的な取り組みにおいては、
「もっと深く、もっと狭く、お客様に入っていく」という戦略を掲げていた。
「業界を超える」という壮大な目標と、「もっと深く、狭く」という
ニッチ戦略は、ミスマッチなようだが、その会社の実績を見ると、
一見相反するいずれのスローガンにも不思議な説得力があり、
興味深かった(実際、成功した)。

当社は、上記のように大きな会社様ではないが、
後者の例を私達の仕事に置き換えてみると、下記のようなことではないかと思う。
私達は、人材紹介という枠組みで、求人案件や求職者様のご紹介をしているが、
人材紹介という枠組みありきで考えてはいない。
あくまで目的は、求職者様や企業様の課題解決や満足であり、
求人案件や求職者様のご紹介は、手段に過ぎないからだ。
この業界において後発の私達は、
「どうしてそこまでこだわるんですか?」と言われながらも、
「一人でも多くの方、一社でも多くの会社様に対して、
お力になりたい、働き方の提案をしたい」という一心で、
一つ一つの問題や課題に、正面から取り組んできた。
結果として、お客様からは、「人材紹介会社との付き合い」ではなく、
「コンサルタントの○○さんとの付き合い」と言われることが多い。
結局、人と人との関係が全てだ。
一人ひとりのお客様に深く踏み込むことで、
既存の“人材紹介”の概念を超えようとしている、という見方も出来るのかもしれない。

皆様のご支援で、創業 六年を迎えました。
脇目も振らず走ってきた、というのが正直なところですが、
一人ひとりのお客様を想い行動する、という点はブレずにやってきたつもりです。
より一層、働き方の提案に鋭意尽力して参りますので、
今後とも、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/260-3f03c8c4

<< topページへこのページの先頭へ >>