FC2ブログ

芸術の秋に学ぶ こだわりと凡事徹底

2016-10-24
先日勧められて朝倉文夫氏の彫刻作品を見に
日暮里にある朝倉彫塑館に行った。
朝倉彫塑館は朝倉文夫氏のアトリエと住居だった建物で、
東京美術学校を卒業した1907年、
24歳の時に谷中の地にアトリエ兼住居を構えた。
当初は小さなものを、自ら設計し、改築を繰り返し、
細部に至るまで様々な工夫を凝らしており、
こだわりを感じさせる建築だった。
「朝倉彫塑塾」と命名し、教場として広く門戸を
開放して弟子を育成したとのことだ。

朝倉氏(1883年 - 1964年)は明治から昭和の彫刻家であり、
「東洋のロダン」と呼ばれた。
朝倉氏は東京美術学校(現・東京芸術大学)に入学、
モデルを雇う金がないために上野動物園へ通って動物のスケッチをした。
縁あって貿易商の注文をうけ、動物の像を卒業までに1200体以上に作った。
気付けばスキルが向上していて、文展に出展し、自己最高賞である2等となり、
その後も連続上位入賞を果たし、第10回文展においては34歳の若さで
最年少審査員に抜擢され、1958年には日展の顧問に就任した。
非常に多作であり、全国各地に数多くの像を残した。

朝倉氏は動物、中でも身近に多くいた猫をこよなく愛し、
多いときには自宅に15~6匹の猫を飼っていた。
身のこなしや飼われながらも野性味を失わない神秘性などに魅力を感じ、
自らの作品にも幾度も取り上げた。
好きなモノを徹底的にこだわり、何度も何度もベースを磨く。
驚くべきことは、アトリエに、猫の骨の模型が展示されていたことだ。
(もちろん人骨もあった)おそらく、像を作る上で、その内部構造までを把握し、
造形を追求し、まるで生きているかのような「猫」を制作していったのだろう。

また朝倉氏は東洋ランの栽培や活け花、盆栽などに造詣が深く
「東洋蘭の作り方」(1940年)という著書を残している。
当時はまだ珍しかっただろう和洋折衷のモダンな屋上に菜園を作り、
トマトや大根を育てていた。「自然とのリアルなふれあい」を基本概念と考えて
シナジー効果を生んだと思われる。そこには日本では見たこともないほどの
オリーブの大木があり、センスを感じる。

信じたことをやり続け、基本を忠実に守り、探求していく姿勢、
自然へのこだわりが、結果大きな異業へと繋がったことを、
このスピリチュアルな朝倉彫塑館で学ぶことが出来た。

「お客様満足」を追求し、ベースを把握すること、
徹底的にコツコツ取組むこと、基本概念を信じることの重要さを再確認し、
「自分も頑張らなければ」と背中を押してもらった気がした。


スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/258-272b01ec

<< topページへこのページの先頭へ >>