FC2ブログ

結果に結び付かない努力

2016-08-23
今年の一大イベントであるリオオリンピック。
それぞれの選手が金メダルを目指して、
世界の頂点を目指して4年間の努力を試す舞台。

オリンピックの舞台とは大きく異なるが、
私も高校時代に日本の頂点を目指すべく、
3年間、泥まみれで楕円球を追いかけていた。

全国大会、東のBシードで2回戦から出場した。

試合開始。
前評判では確実に我々が上だったが、
1回戦から好調だった敵チームに押され、
前半は6点のビハインド。

そして後半。
終盤に逆転のペナルティを得た。

タッチキックではなく、ペナルティキックを選択。
皆さんご存知の五郎丸選手をイメージしてほしい。
そう、あのポーズからのキックである。

ゲーム終盤、ゴールが決まれば逆転の場面。

フィールド上で動けるのはキッカーだけ。
審判、監督、選手、観客、
全ての人が息を呑む。


全ての人がキッカーとボールだけを見る。

そして、キッカーは

大きく一呼吸

周囲は完全に静まりかえる
この何百人の観客が誰もいないように感じる瞬間

キッカーがボールに向かって歩みを始める


バコッッ!!


その瞬間、ボールは青空に突き刺すように大きな弧を描く

入れば逆転になる


「入れッッっ」


・・・

・・・


その5分後、ホイッスルが鳴り響いた

ノーサイド。
試合終了。

私達の3年間の集大成の舞台は僅か60分で幕を閉じた。

3年間の努力が、たったの60分で終わってしまったのだ。

全ての努力が結果に結びつくとは限らない。
しかし、結果は得られずとも
3年間の努力から学んだものは大きい。

苦、辛、耐、支、笑、楽、友、師、涙。

様々な学びを得た貴重な3年間だった。

今の自分があるのもあの時の努力があったからだと思う。

転職活動をしている求職者様も面接で上手く表現出来ず、
いい結果に結びつかないこともあると思う。
事前準備や努力が報われない事も往々にある。

しかし、コアを通じて転職活動を行うことによって、
結果以上に自分の働き方が何たるかを知ることに繋がると思う。
自分がどれだけの能力を持っているのか、
どれだけの人に支えられているのか、
どれだけの貢献が出来るのか。
そういったものを客観的に見る事によって、
自分の「今」を知る事ができる。

我々はもちろん求職者様の内定をゴールとしているが、
それだけではなく、転職活動から何か目に見えない
とても重要ものに気付いてもらうことも、
ゴールとしているところもある。

「結果だけが全てではない」

そう言ったことを通して我々は、
コンセプトである
・働き方の価値のご提案
・Change OR Evolution
(働く場所を変えるだけなのか
   それとも
自己変革をしてみるのか)

をひたすらに貫き通しながら
求職者様に寄り添うことを命題としている。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/249-363488bf

<< topページへこのページの先頭へ >>