FC2ブログ

ドヤ家電に想う

2016-07-26
食品、日用品、化粧品など、一般消費財の人材紹介という
イメージが強い当社ですが、耐久消費財に分類される、
デザイン家電も強みとしています。

私自身、趣味を兼ねて、家電売り場に良く行きますが、
十年前と比べても、驚く程、製品が変わったと感じます。

機能をシンプルに研ぎ澄ませた製品や、
持っていて自慢したくなるような、洗練された製品が増えました。
そういえば、日経MJの2016年上半期ヒット商品番付に、
「ドヤ家電」が入りました。私も、最近、実家に帰省したときに、
両親が、「新しく買ったデザイン家電を近所の○○さんに見せよう」と
話し合っているのを見て、「これがドヤ家電か」と想った記憶があります。

上記のようなトレンドを体験するにつれて、
「人が真に求めているのはモノではない」と感じます。
生活上のニーズは、かなり昔に充足し、各メーカーが競うように、
新機能A、B、C……と、多くの機能を備えた製品を市場に投入しても、
以前ほど、消費者の支持を得られなくなりました。

人が製品を通じて求めているのは、
ドヤ家電のような、人に対する誇らしい想いであったり、
美味しく料理できる調理器具があって、
家族が朝ごはんを楽しみに早起きして集まるようになったとか、
そういう無形の価値なのだと感じます。

家電業界の勢力図も、驚くほど、様変わりしました。
短期間で事業拡大したため、「ベンチャー精神を維持しながら、
個人の集団ではなく、組織として効果的に事業を運営したい」という
変革を求めている会社様もあれば、大企業で、新体制構築のため、
改革の推進力を求めている会社様もあります。

人がモノでなく、モノを通じた無形の価値を求めているように、
企業様が、機能や人手としての人材ではなく、
会社の成長や変革に貢献できる人材を求めていると、
私たちは強く感じています。

私たちは、求人企業様に対しては、会社の成長や変革に役立てる人材をご紹介し、
求職者様に対しては、「働く場所を変えるのではなく、
ご自身の働き方を変える(人に求められる働き方をする)」というご提案をしています。

人様にこの提案をするには、私たち自身が今までの殻を破って、
成長していることが求められます。
私たちは、週一回の会議で、「先週と比べて、こんな成長があった」と、
成功体験や失敗体験を共有し、お互いが議論し合っていますが、
「それは、成長とは言えない」と、厳しい指摘を受けることも良くあります。
当社は、個性豊かなメンバーの集まりですが、
上記の厳しい指摘に対し、何くそ、と想う負けず嫌いである点、
歯に衣着せず指摘してくれる相手に対して、感謝の念を持っている点、
人からの指摘に対し、自分の至らなさを謙虚に振り返れる点では、
全員が共通しているように想います。

そういった過程を経て、今日も、「自分の殻を破って成長できているだろうか」と
自分に問いかけながら、求人企業様への訪問や、求職者様との面談に臨みます。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/246-9cab73d3

<< topページへこのページの先頭へ >>