具体性から熱量が生まれる

2016-06-27
「自分にとっての偉人とは誰か?」
何気なく社内で話し合う機会がありました。
経営者のみならず、政治家やスポーツ選手、芸術家まで、
それぞれが思うひとかどの人物がいて、その理由も様々でした。

特定の世界において何かを成し遂げた人たちというのは、
周囲の大多数が出来ない事をやってのける能力を持っており、
局面で発生するいくつかの勝負に、しかるべきタイミングで勝利し、
その立ち位置を手に入れているのだと思います(運不運も味方につけて)。
彼らに対しての賛辞や尊敬の念を強く持つと同時に、
偉人と自分との垣根はどこにあるのかを考えてみると、
つまるところ行動に備わっている「熱量」の違いにあるのかも、と思いました。

「自分は今、何と勝負しているのか?」
全ては、それを強く意識する事から始まる様に思います。
恐らく、偉人と呼ばれる人は、極めて具体的に自分の勝負する相手や場所、
そのための努力配分について仮説を立て、それを実践しているはずです。
目標が具体的であれば、それを成し遂げるための行動も明確になり、
結果、勝負に勝つ事への高いモチベーションも発生し、
周囲を巻き込む熱量にもつながっていく。そんな図式がある気がします。

我々の「CORE」という社名にはChange OR Evolutionという思いが込められています。

転職する事(現職を辞める事)自体が目標になってしまうと、
単に「環境を変える」だけの主体性の薄いアクションとなる。
転職はあくまでも手段であり、これから未来に向けて「何と勝負するのか?」を
具体的にして転職と向き合う事、そこからの「自己変革」をもたらすお手伝いをしたい、
というメッセージです。

転職活動も、一つの勝負の局面です。
成功のためには、企業様や人の気持ちを動かす
「熱量」にカギがある事を、これまで何百回と目の当たりにしてきました。
それぞれが自分のキャリアの主役である事を忘れず、
自分が切り拓いていくという意思を持ち、成し遂げていくために何が必要かを
徹底的に具体化することで、自らに熱量が発生していくのが実感できるはずです。

転職に際して、既に十分な熱量をお持ちの方はもちろん、
中々熱量が高められない方もぜひとも弊社にご相談ください。
自己変革が遂げられるお仕事のご紹介、転職の成功に向けて、
我々も高い熱量を持って、アドバイスさせていただきます。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/243-b77c4bb5

<< topページへこのページの先頭へ >>