応援者の作法

2016-04-26
少し前の新聞の記事で、「子供の就活に干渉しすぎる親」について
書かれたものがありました。

「有名な会社がいい」、「地元にしろ」、「営業はきついからやめとけ」等、
一方的な価値観を押し付けたり、もっと度を越してしまうと、
面接に親が同行したり、人事に親が電話して福利厚生を確認したりなど、
「本気ですか?」と突っ込みを入れたくなる様な過干渉の例があるようです。

親が子供を思う気持ち、というのはいつの時代も貴いものだと思いますが、
ここまでくるとさすがに逆効果になるのは、冷静になれば誰でもわかるはずです。
それでも、我が子の事となると止められない。
最初は良かれと思っているのに、最後は自分の思い込みやエゴで子供を操る
という結果になってしまう。
「あなたのためにやっている」と思うから、自分ではとても気づきにくい。

人材のコンサルタントにも同じ様な事が言えます。
数々の転職者様の悲喜こもごもを、幾度となく目の当たりにすることで
その疑似体験をしている様な面があります。
そのため、職種や業界、年齢や転職回数という属性を見ただけで、
何でも分かっている様な錯覚を起こしがちです。
結果、本人の気持ちを無視したお仕事の提案をしてみたり、
字面だけを合わせた表面的な話に終始してみたり…。
「コンサルタント」として積極的に関与する立場ですので、
その結果たるや、前述した親御さん以上に
非常に恐ろしいものになる可能性があります。
しかし、やはりこれも自分では気づきにくいものなのです。

結局のところ、第三者ができる最も効果的なサポートは、
人と接する上での「作法」を伝える事である気がします。
誰しも他人の事は見えても自分の事には気づきにくいと思います。
だからこそ、自分がされたら嫌な事は他人にもしないという様な、
当たり前だけど普遍的な原理原則を実践できるかどうか。
それがひいては、「一緒に仕事をしたいと思ってもらえるかどうか?」
という他者からの評価につながっていくのだと思います。

私たちも人材コンサルタントとして、転職の作法について
厳しく説かせていただきつつも、自らも応援者の作法を守り、
過干渉ではなく良き伴走者であることに努めてまいります。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/236-90e66c8f

<< topページへこのページの先頭へ >>