人工知能(AI)と天才棋士

2016-03-22
Googleの天才AI集団DeepMindが開発したAlphaGoと囲碁界のトップクラスの棋士、イ・セドル氏が勝負し、
AIが勝者となったというニュースが数週間前にありました。
そのニュースを聞いて、技術的進歩への驚きと危機感のような複雑な思いで、ブログで書くことにしてみました。
まずは、AlphaGoをここまで作り上げた開発者たちへの賞賛と、また毎秒あたり数万の手を
読むことができるAIに果敢に挑んだイ・セドル氏を称えたいです。

今後は人工知能の科学的技術の発達により、さまざまな産業で人に代わって
AIが導入されていくことがさらに加速していくと言われています。
機械やAIに奪われてしまう仕事ランキング、と雑誌などでも取り上げられ、若干の危機感も覚えます。
実際、3月21日の日経新聞にも銀行や損害保険のコールセンターの顧客対応にAIが導入されはじめ、
接客担当者の側面支援にAIを活用する事例が増えてきているとの記事が掲載されていました。

ちなみに、専門家の間では、言語の抽象化(言葉や情報を理解して自ら学ぶことができるようになる)が
2030年前後なのだそうです。そうなるといよいよもって、人でなくても構わない仕事が増える。
弁護士のような法律相談や医師のような症状判断も可能になっていく。
おもわず、人間にしかできないこととは何だろうか・・と思いを巡らす。

危機感を覚えるものの、そもそも、人工知能を持つ機械が誕生しなくても、私たちは仕事をする上で、
「自分であることの差別化」を図っていく必要があるものだと思う。
同じ部署の隣の席のAさんやBさん、ほかの誰でもない自分にしかできない、思考し工夫する働き方、
それが他者との差別化につながることを、当社でも転職を考える方々に伝え続けています。
それがひいては、機械ではなく、あなたという人がやっぱり必要だ、ということになるのではないか。
そのためにも、与えられた仕事に対して、「自らが考えて行動に移していくこと」で昨日よりも今日、
今日よりも明日、成長し進化し続けることができる。
その体験の積み重ねと体験から学ぶ思考プロセスは、AIがあらゆる過去のデータに新たなデータを
取り入れながら頭脳が成長する過程に非常に似ている。

ビジネスには「非効率だけど必要なこと」だったり、「懐に入る」など可視化しづらい人間だからこそ
できること、むしろ人間しかできないこともまだたくさんある。
先の囲碁対決の話に戻れば、通常の対局では心理戦の末に勝敗がつくことが多いそうです。
イ・セドル氏は、表情も感情もないAIだからこそ勝つことができなかったといえます。

もうすぐ4月。桜の季節は環境の変化が多い時期です。
部署異動したり、新たな会社で新しい挑戦をされる方などさまざまだと思います。
自分が悩み・考え挑戦しない限り、その先の成長は見えません。成長とは体験の1歩から始まるもの。
あなたは、Change OR Evolution?(環境の変化を求めるのか、自己変革するのか、どちらを選ぶ?)
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/233-fa8b8541

<< topページへこのページの先頭へ >>