FC2ブログ

努力と成果

2016-02-17
言われたことをただやる人(以下イエスマン)はビジネスにおいて成功するのでしょうか。
私自身、答えは「ノー」なのではないかと考えています。
会社から与えられたミッションを達成するに当たり、上司から指示されたことを
ただ実直にこなすことが、必ず成果につながるとは思えません。
何故、言われたことをやっているのに成果につながらないのでしょうか。

それは「イエスマン」と成果を出している方では仕事の捉え方に違いがあるからなのでは
ないかと思います。
私自身は少なくとも3つの要素を意識することで、「イエスマン」は、劇的に変わると
考えています。

① ルールに縛られ過ぎない。
決められたルールに縛られ、目的をこなすことを目標にするのではなく、
ほんの少しでも自身の考えを反映させる。その方がゴールまでの工程を楽しく
達成出来るだけではなく、考えながら取り組めるからです。

② 成果へのこだわりを持つ:
目標を達成すること自体へのこだわりを持つことにで、より集中力が増し、
「成果」にフォーカスした行動を取り、反省や気付きという効果検証を大切に出来ることにより、
違う事例に対しても応用力がつくからです。

③ 継続性:
成功するイメージを持ち、継続的に成功を再現するためにどのようなアクションが
必要なのかを考える。成功が続くことにより、成功が当たり前になる。右脳が
成功を記憶するからです。

かつて、転職市場では、イエスマンが重宝された時代もありました。現状では、
まず、採用されるようなことはないのが現状です。
もちろん実直に指示されたことをやることは良いことです。但し、成果を上げるには
取り組み方に工夫を凝らさなければならないのではないでしょうか。
ほんの少しの工夫や自らの考えを持つようにすることで誰でも「ただのイエスマン」から
抜け出せると思います。
私自身は日々の生活において、ほんの少しのチャレンジをすることで、失うモノなんて
何もないと思っています。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/228-fb104a46

<< topページへこのページの先頭へ >>