FC2ブログ

「試行錯誤と思考錯誤」

2016-01-25

「試行錯誤と思考錯誤」

コアに入社して以来、この言葉についてよく考えることがある。
試行錯誤とは正反応と誤反応を繰り返し、これにより学習が成立するというものである。
試行錯誤と対照的なものとして洞察学習がある。

 洞察学習とは問題解決という目的に沿って過去経験などをもとに
その場の状況を再編成しそこから、ひらめきによって一気に解決の見通しを立てる。
 このひらめきや気づきが洞察である。

 思考錯誤とは造語であり、「錯誤」とは「間違い」という意味である。
文字通り解説するとすれば「誤って思考」である。

「頭が混乱してよくわからなくなっている」雰囲気も漂う。
 物事に対する考え方として「思考による試行錯誤」であればより深い意味になるだろう。

 コアではこの思考という言葉から最近、
「コアストラクチャー」という新しい思考ツールが誕生した。

「コアストラクチャー」とは一つの「事象」に対して
様々な因果関係を持つものを列挙していく作業である。
単なる連想ゲームではなく意味のある相関図を作り上げていくものであり、
日々の思考の整理や目的の明確化につながる。

 皆さまも是非、身近な周りのものの相関図を棚卸ししてみてはいかがでしょうか。

 思いにふけた2016年冒頭ではあるが、考えに考えて考え抜いて日々の業務に取り組もうと思う。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/226-ea368f2a

<< topページへこのページの先頭へ >>