FC2ブログ

想像力は創造力を生む

2015-11-09
想像力は創造力を生む

「想像力」は最強の力ではないだろうか。
想像力があれば、人の喜びや悲しみや苦しみを理解することができる。
想像力があれば、新しい未来や新しい技術にワクワクすることができる。
想像力があれば、危険な場所や危険な行動を回避することができる。
想像力があれば、本を読みながら色々な気持ちや体験を味わうことができる。

しかし、最近は想像力が乏しい人が多いのかもしれない、と思うときがある。
他人事ではなく、自分自身も無意識に相手を傷つける言葉を投げかけていたり、
身勝手に自分のことばっかりを考え、得しようとすることが多々ある。
少し想像したら、相手が傷つくことや嫌な気持ちになることは分かっているはずなのに。

想像力だけでは何も起こらないかもしれないけれど、
想像することで何かを生みだして行く力になると思う。
想像することで何かにワクワクし、
周囲の人が喜んでくれる為にはどうしたらいいんだろうと想像し、
恋人や奥さんが喜ぶ顔を想像してお誕生日プレゼントを選ぶ。
そいうことから、幸せが生まれていくんじゃないかな、と。

仕事でも同じで、周りの人が気持ちよく一緒に仕事してくれるためには、
どうしたらいいのだろう。
これの商品ができたらお客さんは喜ぶかな。
これやったら部長は怒るだろうな~、とか。

「考える」ということと「想像する」ということは似ているようで異なると思います。
頭で考えて理屈で話すのではなく、心で感じて想うこと、が想像。
抽象的で分かりづらいですかね(苦笑)

むかし、「もし世界が100人の村だったら」という本が流行りましたよね。
現在の世界人口約70億人の人種や経済状況、宗教などの差異比率はそのままに、
100人に縮小して表現したものです。
~一部抜粋~
75人は食べ物の蓄えがあり
雨つゆをしのぐところがあります
でも、あとの25人はそうではありません
17人は、きれいで安全な水を飲めません

銀行に預金があり
財布にお金があり
家のどこかに小銭が転がっている人は
いちばん豊かな8人のうちの1人です

当時、世界の現実を知り、いかに自分が幸せなのか、というよりも普通ではない人達が
世界にはこんなにいるものなのかと驚いたことをよく覚えています。
内容そのものをここで語りたいわけではなく、
単なる数字では見えないけれど、「もしも・・」と想像(仮定)し、
身近なこととして捉えることができれば、
意識と気持ちが変わり、行動が変わってくる、ということです。

理屈でわかっても心に響かなかったら誰も動かない。
この話しが世界中に知れ渡ったのも、一人ひとりの心に何だか響いて、
「いいね!」がたくさん押されて、拡散された結果です。
(あの頃はFacebookはありませんでしたけど、ネットで話題になったのがきっかけです)

想像力さえあれば、仕事でも私生活でも物事をうまく運ぶことができる。
そう思って、せっせとイマジネーションを膨らませる今日この頃です。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/216-1f38c25f

<< topページへこのページの先頭へ >>