FC2ブログ

TPP大筋合意を迎えて

2015-10-26
TPPがようやく大筋合意を迎えた。
関税が撤廃される項目の一覧を見ると、
今後起こるであろう変化の大きさに、改めて驚く。

農産・畜産を始めとして、輸入脅威論が叫ばれて久しいが、
個人的には、「貿易自由化は必然的な時代の流れで、止めようがないため、
是非を論じるよりは、自由化の中でどう生き残り、
拡大していくかを考えた方が良い」と思っている。

関税が撤廃・縮小されると、農産物の輸出が増えるが、
これに伴って、関連サービスの海外進出も拡大する。
そのサービスに必要な技術の海外進出も進んでいく。

日本の農業の技術は、世界でも最高クラスの水準にあるという。
日本の品種や日本農家の進出を待っている海外の農家は多いという。
季節が正反対の南半球で、日本と半年ずらして果物を作り、流通を通年化した例もある。

種子・種苗を例に取れば、外資系の超大手バイオメジャーが
スケールメリットを活かし、需要が最も多い穀物種子を展開するのに対し、
日本の種苗メーカーは、ニッチな野菜種子の品種改良を手掛け、
東南アジア等に進出している。欧米と異なるモンスーン地域向け製品は
手間がかかるため、バイオメジャーは参入しないが、
地形が南北に長く、気候が多様な日本だからこそ同地域に対応できる。
小回りがきく日本の特徴を活かした事業展開だ。

農業先進国オランダでは、国策で、シリコンバレーならぬフードバレーに
研究拠点が集結しているが、日本では、技術が一か所に集中することなく、
全国各地の農業センター、大学、農家に点在している。
コシヒカリ、はえぬき、つや姫のようなブランド農産物を生んだのは地方だ。
日本も研究拠点を一つに集約させるべきだという議論もあるが、
今のあり方も日本の豊かさではないかと思う。

上記のような豊饒な日本の技術が、これから海外に更に展開していくことを考えると、
さながら“大航海時代”であり、農業好きの人間としては楽しみでもある。
厳しい状況下、各社様とも生き残りに必死であることは私も承知しており、
ロマンだけでご飯が食べられないのは事実だが、ロマンは持っていて良いものだと思う。

弊社は、上記のように優れた技術や製品を持ち、社外にご紹介したいという企業様や、
自社を更に強化するため、優れた人材を社外から招きたいという会社様、
更に良い形でキャリアを構築したいという求職者様をご支援している。
上記のような企業様に優秀な人材をご紹介し、
「えっ、こんな人いるの?!」と言っていただいたり、
求職者様から「思いがけない提案・アドバイスで勉強になった」と言っていただくのは
非常に難しいことだが、その難しさに挑戦し続けたいと考えている。

そのために、一人でも多くの求職者様、一社でも多くの企業様に出会いの場を
ご提供できるよう、今日も求職者様とのご面談、企業様へのご訪問を行っていく。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/214-97649d52

<< topページへこのページの先頭へ >>