FC2ブログ

「疑問」に対する「解決」の一手とは

2011-04-28
「疑問に思うこと」、物心がついた頃から、割と習慣化されている思考的特徴のひとつである。
身の回りの小さな疑問から「人とは?」というような哲学的な疑問まで様々な疑問と戦ってきている。
最終的には解決したものより未解決のものの方が多いが・・・
私が数十年に渡り抱えている壮大な疑問のひとつは「宇宙の外側ってどうなっているの?」である。
その昔友人にホーキングを読めば分かるよと言われて読んでみたが、数式ばかりが出てきて10ページと進まずに
ギブアップした記憶がある。
今までにも自分の周りの理系出身者に何度となく聞いているのだが、私が理解できるように話してくれた方はいない。

はたして何故理解出来ないのか、簡単に考えられる答えは2点にしぼられる。
・単純に理解するという能力が著しく欠如している。
・他責にするならば説明者の解説が適切でないからということになるであろうか。

しかしながら、自分なりに精査した結果「イメージ力」の問題ではないかということに辿り着いた。
要するに、見る情報においても聞く情報においても状況のイメージが出来ていないことが原因と思われる。

またイメージさせる「伝え方」も非常に重要であることに気がつく。
受け手がイメージしやすいように、自身の「伝え方」に対して創意工夫を行っていきたい。
「伝え方」に関しても、論理性ももちろん大事であるが、先ずは相手の立場でイメージし易い「例え話」などを
用意することで具体的なイメージを持ってもらえるようにしようと思った。そのあとで論理性を話すことで
「イメージ」の上に「納得感」を持って頂けるようにするのも受け手には良いのかもしれない。

単純なことではあるが、重要である「コミュニケーション」。
もっと大事に考えて、コミュニケーションを図っていきたいと考えました。

ところで最近の疑問はサイババの訃報についてである。人の病気は治せても自分の病気は治せないのか?
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/21-c409d164

<< topページへこのページの先頭へ >>