FC2ブログ

コア☆レア

2015-08-25
原材料、価格以上の価値を生みだすことに、各社必死になっている。
「コト消費」や「価値消費」など付加価値を売りものにする商品が市場を席巻している。
しかし、取ってつけたような商品やサービスも多く、こぞって取り組むため
「差別化」のための戦略が「同一化」しつつある。
そんな2015年、「レアもの」に焦点を当てることでヒントを見つけ出す。


レアものとは「珍しい、めったに手に入らないもの」などの意味の表現や
「稀少性が高くめったに発見できないもの」を指す語と定義されている。
高度経済成長を経て、バブルが弾け、すべてが出揃った飽和状態を超えて、
この「レア」という言葉が注目されたのは必然ではないだろうか。

社会の発展と共に必要なものは全て揃った時、「安かろう悪かろう」のように、
高ければ正義のような価値観は崩れ始め、「量から質」へ転換した社会状況の中で
当然のように現れたのである。

ビンテージデニムのブームを皮切りに様々な価値が生まれてから
30年近く経過するが、「レア」という言葉は確実に市民権を得ているように見える。
数千円のジーンズが何十万円の価格に高騰したが
我々は素直に「価値」として受け入れていたのである。

ではなぜ「価値」が生まれたのだろうか。

「稀少」だから価値があるという簡単なものではないはずである。
大きくとらえると「世界に1つしかない」ものは無限に存在する。
自由度が高く、ある意味「同様の事例はたくさんある」ものである。
ビンテージデニムを言い換えると「以前は使われていた素材、製法が工業化、
コストダウンで使われなくなった。生産されなくなったものの価値が見直された製品」であろう。

「価値」を生むには「根拠」や「ストーリー」が欠かせなく、
故意的ではなく自然発生したものであるといえる。
仮に「限定○○個」と商業的に「レア」を作ろうとしても、結果陳腐なものになり、
誰からも忘れ去られるであろう。

我々の人材ビジネスも、正に求職者様の学歴や年収、キャリアの中、
もしくはそこ以外から「価値」の根拠を見つけ出し、
自然発生のヒューマンスキルを企業に売り込んでいくことが重要であるとつくづく感じる。

そんな日々の愚直で丁寧な仕事の積み重ねこそが、
コアを他社とはちがう圧倒的な「レア」な企業にする。
その手応え、達成感を夢見て今日も業務に邁進します。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/205-7a0a11a5

<< topページへこのページの先頭へ >>