FC2ブログ

文書に込められた思い

2015-07-28
弊社から求人企業様に応募された求職者様が、ご内定となった。
労働条件通知書(外資系企業様ではオファーレターと呼ばれる)を企業様からお預かりする。
この書類を求職者様にご説明する際は、厳密な正確さを期すことは言うまでもなく、
ご本人様に対する企業様の熱い思いや期待、企業様におけるキャリア構築の意義等を
十分にお伝えする責任がある。緊張で、改めて身が引き締まる瞬間だ。

ところで、このオファーレター、各社様ごとのカルチャーが現れており、
拝見するたびに非常に興味深い。法的に必要な項目を記載したビジネス文書なので、
型破りな書類は勿論ないのだが、それでも、社風がおのずと現れるものだ。

特に外資系企業様は、国内系企業様との違いが顕著だ。
和訳すると、「オファーレターをお届けできることを大変嬉しく思います」という書き出しで
始まっていることもある(原文はもっと格調高い)。
日本とは違ったあり方で、新しい社員様を歓迎する外国の文化に触れ、嬉しくなるとともに、
「この文章の格調の高さをも、損なわずに求職者様にお伝えできればよいのだが……」と
頭を悩ませる瞬間でもある。

職務経歴書や求人票も同様に、「企業様への思いを伝えたい」
「自社の魅力を十分に伝えたい」等々、求職者様・求人企業様の思いが込められた書類だ。
関係者様に内容を正確にお伝えするだけでなく、書面に収めきれない、
行間にこめられた思いまで十分にお客様にお伝えできているか? と自らに問いかける。
エージェントとしての真価が問われる、難しい点の一つだ。
機密情報なので、厳重に書類を取り扱うことは言うまでもない。

今日もそんな思いを持ち、緊張で身が引き締まるのを感じながら、目の前の書類と向かい合う。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/201-be5a71f9

<< topページへこのページの先頭へ >>