FC2ブログ

新たなるスタート

2015-04-20
「パパのお仕事って何屋さん?」
眉間にシワを寄せながらネクタイを何度か締め直している私に幼稚園の制服に着替え終わった娘が突然聞いてくる。

社名を言えば誰もが知っているであろう企業だが、相手が子供だけにこう言った。

「ん~◯◯屋さん」
目も合わせずにさらっと私。

「ふぅ~ん」
と顰めっ面の彼女。

だが、彼女の目を見ながら笑顔で言えない自分がいた。
この子が大きく育っているのもこの会社のお陰なのに。

何故だろう。

考えてみるとやはり誇りを持って仕事をしている人間とそうでない人間とでは内に秘めているものがまるで違う。
私は、当時、後者だったのかも知れない。仕事という労働契約に伴い、求められる数字の要求にも応えてきたし、実績も積んできた。
作り笑顔でお客様に接していたのかも知れない。ふと、車のバックミラーに映る顔を見た時、曇った表情の自分に照れ笑いしてしまった。
娘の目を見て笑顔で言えないのもそう言うところからくるのだろう。

本当は物心つく前から彼女に言いたかった。
「パパは◯◯の仕事してるんだぞ」って。
「すごいだろって」。

誇らしげに

でもそうは言えなかった。

世の中には自分のやりたい仕事が出来ている人はどれくらい存在するだろう。
以前聞いた話だと、その数は約4割だそうだ。
残りの6割はミスマッチと感じながら仕事をしている事になる。
もしその6割の中の何人かでもやりがいを感じる仕事が出来れば、仕事の質も上がり企業が元気になるのではないだろうか。

上記したシフトさせる仕事。
これこそが私の望んでいるフィールドである。
私は10年間、立ち続けたフィールドを後にする決意をした。

それから2ヶ月経ち、ついこの間娘がランドセルを背負ってこう言ってきた。
「パパってこれから何のお仕事するの?」って。

私は彼女の目を見てこう言った。

「お仕事の事で悩んでいる人のお手伝いをするんだよ」と。

ランドセルを背負った彼女は笑顔でこう言った。
「パパ、スゴイねっ」

「うん、ありがとう」
私も自然と笑顔になっていた。

そう。ついにこの春夢のフィールドに立つ事ができたのだ。
これからこのフィールドを縦横無尽に全力疾走してやろうと思う。
そして思い切りシュートを撃ってやろう。

彼女も小学校1年生、私もある意味1年生。
彼女の成長に遅れをとらないよう、私もこれから進化して行きたい。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/191-59b57170

<< topページへこのページの先頭へ >>