FC2ブログ

一流 その4

2015-02-24
今年から新卒採用要綱が変わり、各社も新卒スケジュールを後ろ倒しにされており、
例年よりも圧縮して新卒採用活動をやっているようです。
より多くの学生を面接したいという想いからか過密なスケジュールが採用担当者を激務にさせているようです。

私の友人の一人も、某企業の人事として新卒担当をしております。
やはり相当忙しく、スケジュールもかなり圧縮しているようです。
先日話をしていたら、このような話題がありました。
「面接で厳しい事を言ったら、ネットで晒された。嫌な時代になったものだ。」と。
詳しく話を聞いてみたところ、志望動機を確認する中で友人が発した言葉が、
学生にその様な行動をさせたのではないかとのこと。
そのフレーズとは、「その志望意欲であれば、うち(友人が勤める企業)じゃなくても良いというように聞こえるけど」とのことでした。
私は、その言葉で癇癪を起こすことはないと思い、もう一度聞いてみました。
そうしたら、言葉は確かに間違いないのだが、少しスケジュールに無理があり、疲れもたまり、態度に出ていたようです。
これでは、面接の様相は全く別のものになってきます。

学生も暇ではないですし、ましてや志望してきてくれているだけ、ありがたいと思うことが通常の考え方と考えます。
それなのに、自らの忙しさから来る疲れが、表に出てしまったのです。
それゆえ、自社のファンを一名減らしてしまう事案に繋がるかもしれないという結果になっています。

人事職が会社から命じられることとすれば、「良い人材を採用しろ」ということになるのですが、額面通り受け取っていては、話になりません。
言い換えると、自社のファン(見込みファン)をどうやって引き込むか考えて採用活動しろ、というのが正しいと思います。

私が考える人事職のマインドや面接への姿勢などを話した後の、友人の返答に閉口した。
「指示されてなければわからんし、会社がそこまで求めているかも定かではない」
何とも浅慮な返答です。
会社から命じられる、命じられない関係なく、人事職として名刺を持つ以上、
当たり前の覚悟と考え方だという概念を持っていないようです。
もっというと、言われなければ分からないと言い張ってしまうのは、社会人としていかがなものでしょうか。
友人同士で話しているからなのか、あまりにも想定外の返答であったため、少し驚きました。

何を一流というかは人それぞれだと思いますが、
●自身の状態がどの様な状態であれ、常に最高のパフォーマンスを出す
●言われたことを遂行するのではなく、言われたことを考えたうえで遂行する
●人からアドバイスをもらったのであれば、素直に聞く

この友人との対話から、上記の3ポイントが少なくても挙げられます。
これは、弊社の代表からも教わっています。

一流というのは、様々な条件があると思います。
人の振り見て・・・、というのは良く言ったものですが、今回は上記3ポイントが不可欠であることを認識し、
改めて自身のルール化としていきます。

スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/185-352a0c03

<< topページへこのページの先頭へ >>