FC2ブログ

本音で話せる人間関係

2015-01-19
最近、どこかの新聞記事で約20%以上の方が30代後半を過ぎると言いたいことが言えなくなるというアンケートデータを見ました。会社でもセクハラ・パワハラ・マタハラなどと様々なリスクがある為に、自分の発言に慎重になることが増えました。
会社の後輩に叱咤激励のつもりで「男なんだからもっとしっかりしなさいよ!」と言おうものならセクハラリスクを覚悟する必要があるほどですよね。

この仕事を始めたばかりの頃は、人それぞれの価値観があり、それがどんなに自分では「本当にいいのかなぁ」と腑に落ちていなかったとしても「この方の選択なのだから」と思いを胸のうちに潜め、ご要望のみにお応えすることに懸命になっていました。
でもこれは紛れもなく「嫌われたくない」という心理が働いており、キャリアコンサルタントとして伝えるべきことを伝えずに、本当の意味で自分の仕事を全うしていなかったと思います。これは私だけではなく、相手がどう思うかを気にしすぎるために、
周囲とのコミュニケーションを恐れ、口を閉ざすことが増えからのように思います。

嫌われるくらいなら、リスクがあるくらいなら、黙っておこう。
自分自身のことだけ考えるのであれば、黙っていた方がましかもしれませんが、それが誰かの為なのであれば、自己開示が必要なとき。
また、受け取り手も本当は違うのかもしれません。
冒頭のアンケート結果でも「もっと向き合って欲しい」「もっと色々と教えて欲しい」と思っている若手も多いそうです。
本気で叱ってくれた先生や、本音でぶつかって喧嘩した友達こそが今でも繋がっている大切な人だったり、人生で重要な存在になっていることが多いですよね。
会社の若手だって本気で向き合ってくれる大人や先輩、これまでに経験したことがない暖かい叱責が、彼/彼女の人生を変えるかもしれません。私自身も変えてもらった一人だと思います。

そうは思っても、今でも本音を伝えることは難しく、正直苦手です。
それでも、縁あってご相談を受けた方の人生や、またそのご家族の将来を背負っていると想えば、私が嫌われようが、怒られようが、どうでもいいことなのだ、と思って勇気を振り絞ります。きちんと自分なりの正しい軸を築き、「それは違う!」と声を大きく伝えたいものです。みなさんも一緒に勇気を持って自己開示をしてみることで相手との距離感も変わってくるものです。

スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/181-87bede2f

<< topページへこのページの先頭へ >>