FC2ブログ

継続・・・・好きであること、楽しむこと

2013-11-29
最近、学生時代に熱中していたバドミントンを改めて趣味で始めることとなった。
社内で同様に学生時代、真剣に打ち込んでいた同僚と何となく始めてみようかという程度であったのだが、
久しぶりにやってみると「部活」とは違ってかなり楽しめるものであった。
「道具」から入る私はラケット、シューズ等も揃え、今では平日の夜1日、土曜日のお昼に1日、
週に二日、汗を流すようになった。コートが会社の近くなので、
土曜日面談希望のお客様などにも対応が出来るようになり、ON/OFF充実した日々を送っている。
そもそも大した技術を持ってなかったのですが、下手なりに楽しんでいますし、勘を取り戻しつつあることと、
上達することに手応えを感じています。

自分なりに何故、楽しめるのかを分析してみたところ理由は下記3点にあると思われる。
①そもそもゲーム自体が楽しい
⇒ゲームを繰り返すことで技術面、メンタル面、戦略思考が高まること。
自らの能力が高まることが実感出来て嬉しい。
②ダイエット?
⇒スポーツジムでの単純な動きよりも、ゲーム性があることにより長時間楽しみながら行える。
③共通の趣味を持った新しい出会いがある
⇒昔私と同じように部活、サークルで励んでおられた社会人の方も多くいるため、新しい出会いがあり、
ソサエティーが広がる。(おひとりは転職が決まって喜んで頂けた。)

上記をまとめてみると、私は、「能力が高まっていくこと」、「新しい出会いがあること」、「変化があること」に限りなく好奇心が強く、自分が『人材紹介』というビジネスを選択した理由と限りなく近しいと思った。

日々、様々な転職を希望する方とお会いしていると、皆さんが好きなことを仕事としている訳でもなく、
また楽しんで仕事をしている訳ではないと感じることが多く、会社のネームバリュー、高水準の給与、勤務地等を基準にして仕事を選ぶ方が多いと感じる。
仕事に関するお話しを伺っても、仕事の本質を捉えてお話しなさることが少ないと感じることが多い。

日々、好きで、楽しく仕事をされている方にお会いすると、ご本人自身に魅力を感じますし、
その方の持っている新たなポテンシャル等も見えてきて前向きなお話しが出来ることが多い。

好きなことだけを生業と出来る方は決して多くないと思いますが、
せめて自身の趣向性等を別の視点から考えてみると意外な発見があるのではないかと思う。

スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/150-9a42f64e

<< topページへこのページの先頭へ >>