FC2ブログ

無知無能な味方は、外敵より恐ろしい

2011-04-07
震災の影響は全く衰えることなく、各地で被害が2次・3次と広がっている。

この度インドは日本食の全面輸入を禁止したという、今後もこのようなことが増えていくのであろうか。食品系の海外輸出は軒並み打撃を受けており、経営状況に亀裂が入っている様子の会社もあるとのこと。(インド経済に関する内容は次回)

こんな困窮している日本を救おうと、方々から支援やボランティアが集まっている。
非常にありがたいことだが、一方で最も身近である「日本」の対応が実は良くない。

東電の対応は非常にガサツでお粗末な対応。
放射能汚染水の海への流出を防ぐべく、高分子ポリマーでせき止める・・・
少し待ってほしい、高分子ポリマーといってもピンとこないが、おむつに使われている尿を吸い取って膨れ上がるアレである。物量比較にならない水をせき止めるために、いかほど投入するつもりなのか。終いには、おがくず・新聞紙を投入というからあきれる。もはや、幼児の砂遊びに等しい。

政府に関しては、日本国首相が被災地を視察。
被災者が抱えている赤のランドセルをみて、「新しいんですか?ナントカ直人がくれたのだと思いましたよ」と全く笑えない。震災で多数の児童が被害を受けている。新聞やテレビでは泥だらけのランドセルをなでながら涙を流す遺族の姿を繰り返し報道してきた。
その非情な現実を知らなかったのか(知らないはずはないが)、何とも面白くない冗談との落差に愕然とする。
そのくせ、昨年末から全国の児童施設に「タイガーマスク」の伊達直人を名乗ってランドセルなどが贈られたエピソードはチェックしていたと見える。自らの名が「直人」であることを意識し、ちゃっかり自己宣伝に利用するところが実に不謹慎。被災者の方々に寄り添う姿勢は見られない。被災者の方々も、同氏に対して些か疑問符をつけていた報道も散見された。

海外の分析や報道は少し過熱気味ではある。
今やらなければならないことは、目の前の「日本」を「日本人」として、どのように立て直すかを全国民一丸となって、行動していくことが重要である。

目先の陽動・誘導に惑わされず、地に足をつけて、必ず来る明日のために行動する。
社会人として、自己のミッションを遂行することこそが日本復興の道であるということを今一度認識して、行動したい。
そんなルール(立志)を持って歩いていく。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/15-60356bda

<< topページへこのページの先頭へ >>