FC2ブログ

「現代のコミュニケーション」

2013-04-19
SNSが世の中に浸透し、しばらく経つが、次第にストレスを感じるようになる人が多いという。
女性の約7割弱が何かしらのストレスを感じているようだ。なんとも高い割合いである。
その理由としては返事が来ない、「いいね」をやってくれない、おかしな書き込みをされた、
誕生日に年齢をばらされた、等が代表的な理由である。
知人の女性に「なんでiPhoneにしてるの?」と聞いたところ、「SNSを常にチェックするから」とのことである。
完全にSNSに依存しているのではないかと感じた。
Aさんとはaの話題、Bさんとはbの話題、Xさんとはxという軸の話、Yさんとはyという時代の話、等々、
相手によって出す自分も変わるだろう。それを一まとめにして情報を垂れ流しているのがSNSである。
Aさんのページを開くと、よくわからないc,d,e,f,gの話が載っていたりして、見たい情報aについてはごく一部である。
そしてaに辿り着くためにだけその他の溢れんばかりの情報をチェックしなくてはいけないことになる。
もちろん、実はc,fの話も面白そうだとか、そういった広がりに期待しているのかもしれない。
しかし、数百人に及ぶ友人の情報すべてを毎日チェックすることにどれだけの意味があるのだろうか?

人間、やはり「対面」でのコミュニケーションが大事なのではないかと思う。
たまたまそのタイミングでその人に会うことには、実はすごく大きな意味があったりする。
一言一言の裏に実はそのときの自分が必要とする情報が隠れていたりする。
人は人と会って、無意識のうちに相手に必要な情報を提供することがある。
なので、私は基本的に、普段会える人にはSNSをお断りしている。
すべての情報を知りたいのではなく、その会った時の会話の弾みを期待している。
想像力を働かせ、相手から本人も気付かなかった見えない糸口を引き出したりする。

我々の職も、面談からその人の個性を導き出す、会話の間に滲み出ている感情を心の耳で聞きとる。
SNS上での情報を人事の参考にする企業もあると聞くが、いささかデジタル過ぎるのではないかと感じる。
表面的な事実からはわからない深くまで洞察すること。

その人の人生を方向付ける転職という大きな決定、より彼/彼女の本質に近い職に巡り合えるよう、
できる限りのお手伝いをしたいと思う。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/129-4b99a572

<< topページへこのページの先頭へ >>