FC2ブログ

サービス業

2012-11-27
「人を見て法を説け」という古い諺がある。
人に合わせて話すというお釈迦様の行為を語った言葉であり、「論語」にも同じ趣旨のことが書いてある。

私たちは、法を説くというほど大げさなことはしていないが、弊社がキャリアのご提案をするにあたっては、
相手のご関心・ご経験・お考えを思って、その方の心に染み入るような話をしたいと思うと、
おのずと話し方、たとえ話なども、おひとりお一人に対して違ったものになってくる。

その方のことを思い浮かべながらメールを書くとき、ご趣味の釣りを週末楽しみにされているだろうな、などと
あれこれ思いをめぐらせながら書くと、自然に、本題に入る前に、筆が走って、釣りの話をしてしまったりする。

今書いたことは、サービスのうちには入らないと思う。
そもそも、私たちは人材紹介サービス業界に身を置いているが、「サービス業」というもの自体の難しさがある。

「サービス」というのは、日本語にするのが難しいが、仕えるという行為であり、
「お客様のために何ができるか?」ということだと思う。

次に続く「業」という言葉は、仕事なので、「サービス業」というのは、
より高いサービスを目指すことを仕事とする、という意味だと思う。
この難しさを日々痛感しながら、弊社は人材紹介サービスをさせていただいている。

より質の高い顧客満足を目指して、自然に行動をした結果、お金を頂戴している、というのが、
人の道に沿うことだと思うし、弊社もそれを目指して、日々の業務に取り組んでいる。

ビジネスモデルとか、マーケティングとか、差別化だとかいうビジネス用語が、
何となくはやっている風潮があるが、最後に残るのは、本筋だと思うし、今日も弊社は、亀の歩みながら、
目の前のお一人に真剣に向き合い、仕事に取り組んでいく。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/116-d960aaa5

<< topページへこのページの先頭へ >>