FC2ブログ

脚下照顧

2012-11-19
良く聞く言葉ではありませんが、非常にアナログかつ大切な言葉です。

現在日夜、様々な方と転職に対するお話をさせて頂いておりますが
転職にかける希望や思い、欲求など本当に十人十色です。
一つとして同じような方はいないのでしょう。

もちろん、ご相談頂いた方々に対して希望条件を満たす、あるいは近づく求人案件をご紹介していくことが
我々の事業となっているのですが、必ずしも転職をお勧めするということではありません。

まずはご相談にこられた方々のお話を真摯に拝聴致します。
それから転職先企業に対する希望や思いを続けて確認することが多くなります。
ここで問題なのは表題の言葉です。
日々の行動の振り返りをすることなく現職に不満を募らせて、転職先に有らぬ期待を持つ方がいらっしゃるのです。

そういったケースの場合、弊社ではまず振り返りを提案し、現職で出来る事を真剣に考えて頂くことにしております。
現職での振り返りを行わず転職しても、おそらくは転職を繰り返す事になると思います。

当ブログで何度も申し上げているのですが、転職はいたずらにしないに越したことはありません。

実際にお話させて頂くことで、転職を考え直す方も多くいらっしゃいます。
ご自身をしっかり見つめ直し、転職の動機を再度整理し、現職でやりきっているのかという点に言及して頂ければ、
自ずと転職に対する期待値も変わってくると思います。

つまり、ご自身のキャリアは会社を変えることだけで形成されるわけではないということです。
まずはご自身の働き方、過ごし方、力量、職責などを相対的に勘案し、
転職しなければ解決しない問題なのかどうかを今一度ご確認頂く事が重要です。

もちろん、弊社は皆様のキャリア構築に最大限尽力させて頂きます。
自らを今一度振り返り、一緒に最適なキャリア構築の実現を考えていきましょう。

我々も、常に足元チェックをして、振り返り精進して参ります。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/111-d6054423

<< topページへこのページの先頭へ >>