FC2ブログ

国内消費の流動化がすごい

2012-08-29
本屋さんが消えているというのは、結構周知の事実ではないですか?
昔は至る所に古めかしい本屋があり、立ち寄る癖を持っている方も多くいらっしゃったでしょう。

最近は、本屋さんを探さなければと思うぐらい見当たらない、目に入ってこない。
通販が主流だからか、電子書籍が流行っているからか。
読書愛好家のいう紙という媒体の「匂いや味」については、この際、置いておいても、
電子書籍が爆発的に流行るということはないように思える。著作権や価格交渉など、
問題は多い。
日本には再販制度があるから、値段そのものも通販と店頭では大して差はない。
通販で買うメリットもあまりない。

一方で、ダメージの深刻化が見えそうなのは、家電量販店ではないか。
国内家電量販企業は合併などを行っており、通販に対抗しようと日夜努力している。
ただ、米国では家電量販2位のCircuit Cityが経営破綻し、1位のBestBuyも経営不振がささやかれている。
理由は言うまでもなく、AmazonやEbayなどの通販。
米国の事象は数年後日本でも起こると言うのは既成事実とさえなっている中、今件も然りではないかと思う。
日本において量販店に行く理由として、商品ガイダンスのヒアリングが最も多い理由ではないだろうか。
価格比較サイトが日本には充実している点もあり、価格チェックを店頭でするメリットはない。
地上デジタルテレビの特需も消え、オリンピックシーズン特有のテレビ特需も消えた。
テレビが唯一見比べて買う必要のある最期の家電だと思っていたが・・・

家電量販店のあり方が問われる時代がきっと来る。
秋葉原が外国人にウケテいるように、家電量販店も観光スポットになりはしないか。
バラエティショップのようにするか、など経営路線の変更が余儀なくされる。

企業のあり方は、朝令暮改が必然ということになっているのかもしれない。
ただ、変えてしまってはダメな物も世の中にはあるということを意識しなければならない。
やはり重要なのは幹である。枝葉を変えられる多様に富んだ幹である。


スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/107-99eead1f

<< topページへこのページの先頭へ >>