FC2ブログ

古典を超える

2012-07-23
ヒット漫画『ヒカルの碁』にも登場した棋士・本因坊秀策は、江戸時代の人だが、
昔から現代までを通じて、史上最強の棋士と言われているそうだ。
しかし、秀策の後の名人達は、秀策のスタイルを破ろうとして、違う打ち方を試みている。
その結果、現代の布石なり打ち方は、江戸時代よりも進歩しているそうだ。

これを捉えて、前回のブログで紹介した棋士・呉清源は、こう言っている。

「決して、昔のまねをしてはだめなのです。」

百歳を過ぎてなお、毎日八時間の研鑽を積む人が言うと、深い。
この言葉を最近知って、私は、胸が突かれる思いがした。
昔のものなり古典は完成していて、現代の私達は、それをいかに忠実に実践するかが大事だ、と思っていたからだ。

そんなことを考えていると、清王朝時代の中国を舞台にした漫画を思い出した。
歴史のある中華料理店で料理人を務める主人公が、「この店の伝統は何か」と聞かれ、
「伝統を打ち破ることでございます」と答えるシーンがある。

8月10日のブログで書いたように、「古典を現代的に適用する」ことが最上だと思っていたが、そうではない。
革新が大事なのだ。

古典を超えるなんて恐れ多いと思っていたが、よく考えれば、お手本を模倣するだけで終わってしまっては、
現代に生きる自分の存在意義がない。
自分なりの独自の工夫・視点を加えて、深化させてこそ、先人も喜ぶというものだろう。
自分のものは、先人のものより完成度が低いかもしれないが、何人もの人が工夫を重ねて
いくうちに、いくつもの視点が補いあって、先人を超える可能性がある。
自分が欠けていることを、恐れる必要はないのだ。

このことは、武道や芸能の「守破離」という言葉で言い表されている。

守:決められた通りの動き、形を忠実に守る
破:基本に自分なりの応用を加える
離:形にとらわれない自由な境地に至る

ものごとの原理原則を教えてくれる古典を守りながらも、自分なりの工夫を加えるようにする。
実行するのは難しいが、先人の遺産の上に依って立っている身としては、後進にのしをつけて返す責任があるので、ルール化したい。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/105-fdad0af7

<< topページへこのページの先頭へ >>