FC2ブログ

盲目

2012-06-27
昨年の原発事故で出た放射線に対する反応は人それぞれであった。
海外逃亡する人、とりあえず西に逃げた人、窓を閉めてマスクをした人、何もせず放射線を吸い込んだ人。
また、福島産の野菜を選んで買う人、なんとなく東北関東産の野菜を買わない人、九州から野菜を取り寄せる人・・。

さて、皆さんは何をもって自らの行動を決断しただろう?
ある若者が言った。「東大の有名な先生が放射線は大丈夫だってツイートしてたから大丈夫ですよ」。
だが後日、世間が放射線に対し懸念を示し出すと同時に、彼も食べ物に気をつかい始めた。
地震予知の件では、「ツイートで●月●日に地震が来るって噂になってるから心配です」とのこと。
彼は、判断の基準が、〈噂〉や〈有名な先生〉なのである。

・・はて???大多数がYesと言うから、学歴のある先生がYesというからYesなのである。
彼には自分の判断基準がない、と言っていい。
情報が多くなると同時に、自らの目で判断すべき事柄が増えてきている。
ネットであまたの情報が流れ、隣の人と同じ情報を共有しているということはもはやなくなった。
これまで、他の人と同じであればいい、和、が大事である、みんなで仲良くしよう。
そんな価値観が常識とされてきたが、隣人と価値観を共有できないことを受け入れざるを得なくなっている。
個人としての判断が求められる時代であるが故、
逆にあれほど「絆」というシンボリックなものが強調されたのかもしれない。

日本人一人ひとりが独立し、お互いの違う価値観を認め合い、それでいて「和」を保てる状態。
私は、これは民族として、初めての個人の独立の時代なのではないかと思う。没個ではない。
この中で、盲目な者、自己なく流されていくものは、やがて淘汰されていくだろう。
来るべき、変化の波に打ち克ち、波に乗っていくことはできない。今こそ、眼を見開き、耳をすませるときである。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/101-90d4896b

<< topページへこのページの先頭へ >>