FC2ブログ

瞑想専門スタジオ

2019-07-29
『お金を払って通う意味が分からない』
『胡散臭い』
きっと学生の頃の自分ならそう思っていたと思う。

先日、日経MJに瞑想スタジオオープンで盛況と記事が出ていた。
間接照明の灯る個室に入りガイダンスに従い瞑想する。
室内はクッションが置かれ、コースによって異なるようだが
リラックス効果のある音楽がかかっている。
一見シンプルだが瞑想に入りやすい工夫が随所にされているようだ。

祈りの方法や武術の精神統一に用いられてきた瞑想は、
1960年代に起こったヒューマンポテンシャル運動により、
精神治療やセルフコントロールの方法として一般に広まった。
効果としてストレスの軽減や集中力UPが挙げられる為、
最近では企業セミナーで取り入れるところも出てきている。

しかし、このような効果が高くコストもかからず出来る行為を、
一般的に日常に取り入れている人は少ないように思える。
身体と、静かな環境さえあれば簡単に出来るものなのに何故しないのか。
静かな環境なくとも耳栓等で音を遮断することは出来る。
だからこそ、スタジオ開設は少々難しいのではないかと考えた。

瞑想が日常に取り入れる人が少ない理由として、
一つは『瞑想』の重要性があまり周知されていないことが挙げられそうだ。
「良いって聞く、けど実際どうなの?」
「目を閉じて座っているだけで効果があるの?」
行為自体の“見た目”が簡単なことから、効果を感じ辛い。

二つめの理由として、逆にお金をかけなくても出来ること。
その“見た目” からいつでもどこでも出来ると考えられていること。
この「いつでも出来る」ことというのは、その気にならないと人は始めない。

結果として、上記2つの認識の人は家で瞑想もしないし、
冒頭の学生時代の私のようにスタジオ開設を“胡散臭い”と捉えてしまうかもしれない。

少し話が逸れるのだが、2ヵ月前から体力の低下を感じてスポーツジムに通っている。
もっと前から運動不足解消の為に、近所を散歩したり、
週末の朝にジョギングしてみたりしたが、運動以外の目的がないとだんだん外に出なくなっていった。
雨が降っていたり、日差しが強かったり、運動しない言い訳を作る。
それがジムに入会してみたら、料金を支払っているという意識で週末必ず足が向く。
それだけでなく、だんだん身体を動かす・汗をかくことがストレス発散になり楽しくなって、
今では行く回数が増えている。
『運動は健康に良い』という周知の事実があるにも関わらず、
毎回三日坊主になっていたのがジムはまだまだ始まったばかりだがはまりつつある。
最初は『運動する機会』を買っていたのだ。
そこから、運動する楽しさを知ることが出来た。

話はまた瞑想スタジオに戻る。
日経MJの記事から、ネット検索をしこのスタジオのことが気になり調べてみると
オープン当初は料金を基本一律1000円にし、
お客様側に金額設定をゆだねて瞑想の効果を感じられたらプラスα
お支払いくださいという設定にしたようだ。
結果、多くの人が平均してプラス1000円程を支払ったという。
多くの人が、瞑想をすることでのなにかしらの効果を実感した結果だ。

このことから瞑想スタジオはスポーツジムに通う原理・市場と近いマーケティングだなと感じた。
“価値のある行為をする機会を売る”
価値があるものだからお金を払うのは当たり前なのだが、
お金を払うから価値がわかる市場でもあると思った。

きっとスポーツジムに通う人はジムに行けなくなってもなんらかの方法で運動をするだろう。
瞑想も同じく、お金を払い価値がわかった人はスタジオに行かずとも日常に取り入れるかもしれない。
もちろん、スポーツ・瞑想のそもそも積極的におこなう人は例外だが。

瞑想専門スタジオが今後どれくらい広まっていくかはまだわからないが、
お金を払って瞑想を行う人がいるという事実や、実際に行った人の話から
少なくとも瞑想の効果の有効性は広まっていくだろう。
市場とは、人の発想の数と同じだけ増えていくのだと感じたニュースだった。

情報の多い生活の中、急がばまわれではないが
進むために立ち止まることは効率的なのかもしれない。
スポンサーサイト



tag :

マネジメント

2019-07-22
働き方改革関連法施行を受けて、就職情報提供会社大手が6月にまとめた企業向けアンケートで、
非正規雇用の採用数を「増やした」と答えた企業が約4割に上った。
時間外労働の上限規制により、正社員が稼働できない部分を非正規で補おうとする動きが顕著だった。

厚生労働省の統計を見ても、非正規雇用労働者の割合は長期的に増加している。
こういった傾向に伴い、非正規雇用の人を管理する業務や人が増えている印象を受ける。
職位が管理職であってもなくても、
マネジメントが誰にも求められる時代になってきたと言えるかもしれない。
そういったマネジメントを行う正社員職種の求人も増えていく。

ところで、採用が売り手市場とよくいわれるが、本当にそうなのだろうか。
たしかに新卒採用を全体として見れば売り手市場だ。
しかし、中途採用で、少なくとも弊社の領域である一般消費財業界やその周辺分野を見る限り、
売り手市場とは思えない。企業が厳選して人を採用する傾向にある。
採用需要の高まりは、2020年の東京五輪を控えた建設ラッシュに伴うものが大きく、
他には、外食・介護・運送など、人手不足の業界がけん引しており、
全業界で採用が増えているわけではないからだ。

買い手市場において、意中の企業から内定や高い評価を勝ち取るにはどうすればよいか。
面接や書類選考で見られるのは、人物像や、業務にどんな思いをもって工夫して取り組んできたか。
いわば、総合的な人間力とも言えるものであり、付け焼き刃が通用するわけではない。
それでも、伝わる表現と伝わりにくい表現があるのもまた事実だ。
先程のマネジメントの話題を例に挙げると、どこどこの会社で、部長をやっていました、
課長をやっていました、とだけ言ったり書いたりしたのでは、伝わるものも伝わらない。

弊社の面談に来られた求職者様ご本人と話すと、熱い思いを持って仕事に取り組んでこられていて、
お人柄も魅力的なのだが、先程の「どこどこの会社で~」まで簡潔でなくても、
驚くほど職務経歴書があっさりしていて、書類からご本人の良さが伝わってこない人が多い。

面接官や書類選考担当者の視点はどのようなもので、
それに対してアピールできる書類はどのようなものか。
そのコツは意外とシンプルだったりする。
弊社では、そういった部分もお伝えしている。
tag :

言葉の力

2019-07-16
最近、『言葉で伝える難しさ』を痛感することが多々あります。
言葉はコミュニケーションを図るツールとして有効な手段の一つですが、
その反面、微妙に使い勝手が悪いものでもあります。

そもそも伝え方が下手であったり、相手の方の受け取り方に癖があられたりと、
様々な理由はありますが、こちらの思いが上手く伝わらないときがあります。

この曖昧な部分が誤解を生むこともありますが、
だからこそ想像力を働かす必要があるのだと思います。

言葉には人を突き動かす言葉と、そうではない言葉の様に、
強弱や影響力の大小があると感じることがあります。

強い言葉は、相手にも強い印象や悪い印象(ダメージ)を与えるし、
弱い言葉は、その逆になります。強弱だけじゃなく、
「温かさや冷たさ」・「優しさと厳しさ」・「固さと柔らかさ」という
ような特徴もあるのだと思います。

人は言葉によって動かされる事がありますし、自らも言葉によって動くことがあります。
誰かから自分へ自分からまた違う誰かへと言葉は人から人へと伝わっていきます。

例えば、夢や目標を叶えるためには、
自分だけではなく人のサポートが必要なことも多々あると思います。

自らの夢や目標は口にすることで、誰かの耳に入り、
それが自分の人脈だけでは叶えられないことであっても、
周りの人がキーパーソンを連れてきてくれたりすることがあります。
様々な知識や情報が自然と入ってくるきっかけとなったりもします。

当社では毎週、『勉強会』をしております。
企業様のメッセージ、候補者様のメッセージをリアルにお伝えするために
「伝える能力」の向上につとめております。
tag :

芸人という人材

2019-07-09
「闇営業」という言葉が話題になっている。
元来は、反社会勢力との付き合い云々ではなく、
事務所を通さず直接仕事を請け負う事をさす。
ダイレクトに請け負えば、中間手数料を取られないので、
ついつい手を出してしまうという事らしい。

ネットなどでは、サラリーマンの副業規制の文脈で
この話が議論される事も多いようだが、
個人的には、会社のお金を使い込む横領だったり、
取引先からの利益供与などに近いと感じる。
その意味で十分に悪質な行為で、相応のペナルティも仕方ないだろう。

それも含め、芸人を職業として捉えると、
中々割に合わない仕事だと思う。
そもそも人を笑わせる事が難しいのに、
それをお金に変える事がさらに難しいからだ。
昔、大御所のお笑い芸人が
「人を笑わせるのは泣かせる事の数倍難しい」と言っていた様に、
本来、職業選択に相当な覚悟が必要な仕事のはずだ。

少しばかり体力があればスポーツ選手になれるわけではない。
ちょっと絵がうまければデザイナーになれれるわけではない。
なんとなく説得力があれば弁護士になれるわけでもない。
そして、クラスの人気者が必ずしも売れる芸人になれるわけではない。
ほとんどの人は、どこかで悟って別の仕事を選択している。
夢の無い話だが、人によっては早い段階で、
進む道の見極めをしたほうが幸せな場合も多い(社会にとっても)。

そう考えると、とにかく自分の好きや得技に
磨きをかけていく事に没頭するのではなく、
どうやってそれを応用するか、何に結び付けていくかという方向に
もっと知恵を使った方が、最終的に全体の幸福度が上がるのかもしれない。

その意味で、人を笑わせる能力というのは、
どんな業界、どんな職種でも必ず応用が効く強いスキルだと思う。
大手事務所には6000人くらいの芸人さんが所属しており、
まともに稼げているのはほんの数%らしい。
「笑い」の強いスキルを持った有望な人材として捉えると、
実にもったいない機会損失の様に思えてきた。
tag :

目標と結果

2019-07-01
バスケットボールの八村塁選手が、
日本人として初めて、NBAドラフト一巡目で指名を受けた。
指名を受け「夢みたい」と語った八村選手。
記者会見で印象的だったことのひとつが、鮮やかな色のスーツの裏地。
母の祖国日本と、父の祖国である西アフリカのベナンを表しているという。
自身のルーツを大事に思う気持ちが伝わってきた。

そんな八村選手が記者会見で真っ先に語っていたのが、
中学時代の恩師に対する感謝。
恩師は、八村選手に対して、「君はNBAに行くんだ」と励まし続けたという。
過去に、NBA選手になった日本人はわずか2人。
「NBA選手に必ずなる」と信じて努力し続けられる人が日本にどれだけいるだろうか?
もちろん、八村選手は恵まれた才能を持っていたとは思うが、
この話は、目標を持って自己研鑽することの大切さを教えてくれる。

スポーツだけではなく、当然ビジネスでも、偉業を成し遂げた人は、高い目標を掲げ、
長い間努力し続けた人が多い。目標があまりにも高く「とても無理だ」と周りから
言われたりしても、揺るぎない信念を貫いた人が、結果として成功している。

今、なんとなく不完全燃焼だという人は、もしすると自分の力量に対し、
掲げる目標が低いのかもしれない。
もしくは大きな目標を実現するための短期目標を探せていないかもしれない。
どのように目標を立て、周囲を巻き込み達成してきたかという点は、
転職においても見られるポイントのひとつだと思う。
弊社のキャリアコンサルティングでは、ひとりひとりの転職希望者に
気付いてもらえるようなお話しを展開している。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>