FC2ブログ

挫折

2019-02-27
将棋のフィクションを手掛けた作家が、「将棋のフィクションは二種類に分かれる。
羽生善治氏をモデルとする人物が登場する作品とそうでない作品だ。」という
趣旨のことを語ったことがある。
平成時代における将棋の特徴の一つを言い当てていると思う。
フィクションならではの特徴として、
現実離れした登場人物の強さを描けるという点があるが、
7冠達成などの実績を持つ羽生氏の影響力には圧倒的なものがあり、
主人公が目標にするような「棋界の頂点」にいる人物を描こうとすると、
どうしても羽生氏を意識せざるを得ない。
一方で、そもそも羽生氏が現実離れした強さを誇っているので、
中途半端な強さの人物を描くと、インパクトに欠けるという状況になっている。
藤井聡太氏の出現により、この傾向には拍車がかかっていると言ってよいだろう。

そんな状況の中、羽生的な人物が登場する従来型のプロの世界を描く作品ではなく、
「年齢制限のあるプロ養成機関を退会した人物が、
アマチュアからプロ入りを再度目指す」という作品が増えている。
ドラマなら、玉木宏主演で最近まで放映されていたNHK「盤上のアルファ」、
漫画なら「リボーンの棋士」。
アマチュアからのプロ入りは極めて困難な道であり、過去にわずか数例しかないが、
こういった挫折と再起の物語は、見ていて思わず応援したくなるものがある。
挫折がない人は、世の中に殆どいないだろうし、挫折が一度もない人よりも、
挫折を経験して乗り越えた人の方が、共感を得られやすいのではないだろうか。

実際、中途採用でも同じようなことが言える。
応募する側で、実績をアピールしようとするあまり、
「こんなことができました。あんなこともできました。」ばかりになってしまう人もいる。
自己PRに力を入れるのは悪いことではないが、
挫折のない人間を雇用するのに、企業がリスクを感じるのもまた事実だ。
挫折を経験し、どう乗り越えたか。そこから何を学び、現在にどう活かしているか。
書類作成や面接におけるポイントの一つであり、
弊社では、キャリアコンサルティングの面談でそういった点もお伝えしている。
スポンサーサイト



tag :

予祝思考

2019-02-19
最近、弊社では予祝という言葉がプチブームとなっております。
ちなみに皆様はこの言葉をご存知でしょうか。

予祝とは豊作や多産を祈って、
一年間の農作業や秋の豊作を模擬実演する呪術行事。
農耕儀礼の一つとして行われることが多いそうです。
あらかじめ期待する結果を模擬的に表現すると、そのとおりの結果が得られるという
俗信にもとづいて行われてきました。
『お花見』は秋の豊作を願った予祝だと言われてます。
日本人は大昔から前祝いをしていたのです。

ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』なども同様の類ですが、
予祝をすると自分の願っている夢や願望がかなりの確率で叶うという話です。
怪しい話に思われがちですが、最近、科学的に実証されているようです。

なぜ、あらかじめ祝うと夢が叶うかというと、
人の思考は必ず「未来が先に来る」と言われており、
過去、現在、未来という時間があった場合、脳は「未来」を先に考えるそうです。
「未来が先に来る」というのは、人は頭で考えた創造を基に行動する生き物だからだと言われています。

つまり、全ての行動は「脳が先に未来を考えている」からできることなのです。
だから自分の脳が考えたことはほぼ間違いなく達成できると言われています。
ですので、あらかじめ祝うということは自分の望む未来を現実化できやすいのです。
「●●をしてみたい」という夢があった場合、「してみたい」ではなく
「●●出来ました。ありがとうございます」と思っていた方が具現化する可能性が高いということです。

ある夢を毎日思い描き笑顔でワクワクしながらイメージしていると本当に叶うといいます。
達成されたことをイメージすることで、脳が達成するために必死に解決策を探します。
だから瞑想やイメージトレーニングというのは大事なようです。
スティーブ・ジョブズも毎日瞑想してイメージトレーニングしていたようです。
将来、現実になる可能性が飛躍的に高くなるそうです。

夢を叶える人は「前祝い」が上手にできていて、
夢が叶えられない人は「自分にはできない」というネガティブな感情に囚われてしまっているようです。

「できない」と思えば脳はできないことを考えます。
「できないためには行動してはいけない」
「できないためには失敗を恐れよう」
「できないためにはできない人間と一緒にいよう」
「できないためには常に暗く生きていよう」
という感情に支配されるので必然的にできない結果になります。

ここが夢を叶える人、叶えられない人の意識の差だと思います。
仕事をする上でも会社に必要とされる人、されない人の違いとも言えるかも知れません。

弊社でも、日々新しい企業や転職希望者様とお会いする中で、
その会社がその方が上手くいく、成功する姿をイメージするようにしています。
まだ、効果が出たのか出ていないのかは解りませんが、
普段の生活に「予祝」という考え方を取り入れてみてはいかがでしょうか。

tag :

必勝パターンは存在しない

2019-02-13
昨年夏に注文しておいた、長男のランドセルが家に届いた。
子供と一緒に箱から出しながら無意識に、
「職人さんはどういう経緯でこの仕事を選んだのか?」
「何歳くらいの人?」「年収は?」などと考えてしまう自分がいた。
仕事の癖といえばそれまでだが、これは少々行き過ぎかもしれないと思った。

頻繁に耳にする言葉に「目的意識」というものがある。
同じ様な内容で「思考は現実化」するという言葉もある。
仕事をする上で発生する出来事や、入ってくる情報に漫然と触れていても、
何も生み出せないし成長もない、だから目的を明確にして
常にゴールを見据えろという考え方だ。この考え方自体は正しい。
また、大多数の人は今より良い仕事がしたいと思っている。
そのために色々な努力もしているし、もっとお客様を喜ばせたいという信念もある。
しかし、目的意識を「意識」すぎて仕事に集中した結果、
気が付かないうちに視野が狭くなってしまっていて、
手段が目的になっていたり、思考停止状態に陥ってしまう事もあるかもしれない。
とても難しい事だが、やはり必勝パターンは存在しないので、
常に自分を律し、アップデートしていく厳しさを持ち続ける事が重要だ。

まず、子供のランドセルが届いたなら、喜んでいる子供の顔を見る。
それを背負って登校する子供をイメージする。それが自然だ。
急がば回れではないが、仕事のフィルターでしかモノを見ることができないと、
もともと備わっている感性が鈍くなり、結局、良い仕事にはつながらない。
というよりも、そもそも楽しくないから続けることもできない。

「目的意識」に限らず、世の中に仕事格言の類は無数にあるが、
自分で実践していけばいくほど、迷いが生じ、答えがわからなくなる。
一見すると無関係で遠い所に真実があったり、
近道だと思っていたらずっと足踏みしていたり…。
仕事とは本当に奥深く、悩ましいものだ。
tag :

やるべき時にやるべき事を成す力

2019-02-04
大坂なおみがテニス全豪で優勝し、世界ランキング1位になった。
テニスの強さは言うまでもないが、彼女の人柄に魅力を感じる人も多いだろう。
大坂はシャイなことで有名であり、スピーチも決して饒舌ではない。
その中で、心から感謝や気持ちを表していることが伝わってくるのは
その人柄によるものだろう。

今大会の制覇という実績は、精神的成長によるものも大きいと考えられる。
かつて自分の欠点を聞かれた大坂は、「自分のミスを許せないことだと思う」と
答えているが、ミスした後のつらそうな表情が、最近では随分変わった。

「ミスをした後に気持ちを切り替えるというよりも、
目の前のことに『フォーカス』出来るようになったのだと思う」
「フォーカスしようとか、自分に言い聞かせるのではなく、
自然と目の前のことに集中できたのが良かったのだと思う」
と本人は振り返る。いわゆるゾーンといわれる領域だ。

一流同士の戦いは、紙一重の勝負だ。
今回の全豪でも、苦しい状況になり、試合の流れが相手に大きく傾いた場面があった。
その場面は泣きそうになる自分がいたという。『後悔してもしきれない。』

その後のゲームで驚くべきことが起こった。21歳の彼女が感情をコントロール下においた。
「感情をすべてシャットアウトして、無駄なエネルギーを消費したくなかった。
“無”になって、ロボットのようにプレーしていたと思う」と述べている。

人によっては、首をかしげる発言かもしれない。
しかし、トップアスリートの勝負においては、精神のコントロールが重要な役割を占める。
自分の感情と関係なく、状況に対して、いかにやるべきことをやるか。
ビジネスにおいても、見習うべき部分は多いと思う。業務上、不調となることは多々ある。
そういう時こそ冷静に日常の当たり前を追求していくことが大事だと思った。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>