FC2ブログ

それは、誰のためか?

2018-08-27
6歳になる息子が、日課の宿題をするのをごねた。
本人が納得できるように説得を試みたがうまくいかない。
「じゃあもう今日でやめていいよ。無理矢理やらなくてもいい」
…とプリントと鉛筆を取り上げて鞄にしまった。
最終的に、息子は泣きながらなんとか宿題をこなした。

「これって…親として必要なことだよな?」と自問しながら、
なんとも言えない気持ちが残った。心の動きはこんな感じだ。

「【ゴール】子供が生きる力を強くしたい」←「子供に賢くなって欲しい」
←「継続して勉強する習慣をつけさせたい」 ←「自主的に宿題をやらせたい」
←「宿題を日課として約束させたい」←「問題を解く面白さを感じさせたい」
←「算数に興味を持たせたい」←「一緒に数字で遊んでみる」←「数字を覚えて欲しい」

子供のためにとはいうものの、その中身は「〇〇したい」という
自分の気持ちのオンパレードだ。要するに指導でもなんでもなく、
思い通りに動いてくれない息子に苛立っただけなのだ。

家庭でも職場でも、子供や年下、経験が少ない相手に対しては、
精神的に優位に立ってしまい、先ほどの様な勘違い行為をしがちだ。
その時点で教育や指導ではなく、自分のエゴを出す場所でしかなくなってしまう。
気づかないうちに、スタートからゴールの過程で主題が変化しているのだ。

いわゆる情報を扱うサービス業(コンサルタントや講師等)に
くくられる仕事は、上記の様な失敗に陥りやすいと思う。
初心者ではなく、それなりに経験を積んだ人間こそ注意が必要だ。
自分視点でエゴに囚われていないか、凝り固まっていないかの
自己点検が必要なのだ。人に何かを伝える立場ならば、
まず自分への厳しい問いかけが必要という事だと思う。

山口で2歳児の命を救った尾畠さんはいつも、
「してやるではなく、させていただく」という
気持ちでボランティアをしているらしい。
仕事にも教育にも学ぶべきところが多い言葉だと思う。
スポンサーサイト
tag :

汎用的能力

2018-08-20
就職情報大手の企業が今月、来年入社予定の学生向けに、
どんな能力が身につく組織(会社あるいは職場)で働きたいですかと調査したところ、
「どこの会社に行っても、ある程度通用するような汎用的な能力が身につく組織」と
回答した学生は72.3%にのぼり、「その会社に属してこそ役立つ、
企業独自の特殊な能力が身につく組織」と回答したのは27.7%で、
その差は3年連続で広がりました。
因みに国立教育政策研究所が定義する「汎用的な能力」とは
「人間関係形成・社会形成能力」「自己理解・自己 管理能力」
「課題対応能力」「キャリアプランニング能力」の4つの能力としております。

個人的には、今の学生の方は転職を前提に就職する傾向が昔に比べて強く、
1つの会社で終身的に面倒を見てもらおうという考えの方よりも
転職も含め柔軟に対応する心構えがある方が多い点では、素晴らしいと感じました。
確かに大手企業であっても、1年先にはどうなるか予測が出来ない世相です。
その中で生き抜いていくために、社会人としてのベースは学びつつ、
何かあった際にはすぐ対応できるだけの能力を身に着けておく事が
必要な時代でもあります。その観点からも汎用的な能力の体得は重要だと感じました。

実際に転職市場では4つの汎用的能力を兼ね備えている人材を
求めている企業が多く存在します。
裏を返すと、それを実践できる人材は少数であると言えます。
その能力を体得するには、長期的に地道な努力が必要とされるからです。
何にでも共通することですが、基本が固まっていない方は
評価されることは難しく、それは中途採用というフィールドでは非常にシビアに見られます。

我々は、求職者様とご面談を行う中で、これまで培ってきた汎用的能力をどのように
活かしながら企業と社会に貢献してきたのかお聞きします。
やはり地道な努力をしてきた方か、そうでない方かは話の端々に出てきます。
まだ汎用的能力が兼ね備わっていない方には、転職よりも現職でその能力を
体得された方が良いのではないでしょうかと、コンサルティングすることもあります。
そこには「転職ありき」ではなく、目の前の求職者様個人の成長を
強くサポートするという信念があってのことです。

来年、ご入社をされる学生の方が数年後、何かのご縁で弊社へお越しになることが
あるかもしれません。その時にどれだけ多くの人と関わるなかで成長してこられたのか。
また、課題に対してどのような乗り越え方をしてきたのかなど、
汎用的な能力を養う過程をお聞きしながら、転職のサポートが出来ればと思っています。
これから、HRテクノロジーをはじめ、企業システムにAIの導入が本格的に始動し、
人間であるからこその真の能力が試される時代が到来する中で、同時にビジネスそのものが
これまでの想像をはるかに超える時代になるだろうと言われています。現在の新卒の方は
その時代の主役になる方々でもありますので、私共も的確に時代を読み取り、
皆様のサポートが出来ますよう、求職者様個人の成長を強くサポートするとい
う信念を更に磨きつつ、成長をしていく必要があると強く感じました。
tag :

ダイヤモンドの希少性

2018-08-13
ダイヤモンドといえば、自然界で最も硬い物質であり、
非常に美しく永遠の輝きを持つとも言われる希少な鉱物である。
しかし、その希少と言う言葉に米国の大学が研究結果を基に待ったをかけた。

地球の表面下145~240キロメートルに、
1000兆トン以上ものダイヤモンドが眠っているという研究結果が先日発表されました。
これは、今まで考えられていたよりも、はるかに多くの量である。
埋まっている場所が深すぎて、このダイヤモンドを発掘することはほぼ不可能に近い
という事であるが、もしこの大量のダイヤモンドが、市場に流通していたらどうなるか。
市場での希少性を失い、宝石店に並ぶことも、指輪として使われることもなくなるかも知れない。
希少性があるからこそ貴重だと思われていたものも、場合によっては、そうでなくなるかもしれない。

また、『ダイヤモンドは貴重なモノ』という風にブランディングをしている側がコントロールしている説もある。
実際に南アフリカのデビアス社の採掘技術は向上し、100年前は採掘量が100万カラット(1カラットは0.2グラム)を
下回っていたものの、現在では1億カラット突破する採掘が可能となった。
ましてや、ロシア、オーストラリア、カナダ、中国でも採掘が行われ、デビアス社のシェアは
下降線をたどっている。ただ、各国が市場価値を下げないように躍起になってブランド戦略を仕掛けている。

また、本当の美しさという意味においては、人口石であるキュービックジルコニアの方が
光の分散率は高いとされている。価格は1/100と言われている。

このような価値判断の基準の変化は、我々の仕事においても少しずつ増えている。
例えば士業。「この資格を取れば、将来安泰だ」と言われる資格も、
かつて存在したと思うが、時代の流れの中で、資格は以前ほどの重みを持たなくなり、
AIの台頭により、今後、更にその傾向は強まっていくと言われている。

そんな中でも、ビジネスにおいて価値を持ち続けるのは、人でなくてはならないもの。
人と向き合い、相手の気持ちを理解し、適切なコミュニケーションを取りながら
提案するとか、他の部署と連携するとか、例えばそういったものになるだろう。

弊社は「働き方の提案」というものを掲げている。
AIではとって代わることの出来ない人によって異なる思考や趣向の理解。
時代と共に、求められるものは変わるが、その中でも求められる続けるものや、
今の時代で求められるものを提案していきたいと考えている。
tag :

ダイバーシティ

2018-08-06
先日、某衆議院議員が月刊誌で「LGBT支援の度が過ぎる」「LGBTは子どもを作らない、
つまり生産性がない」などと発言したことによって、各地でのデモ抗議に発展するなど「炎上」している。

社会的には、まだまだ偏見を持った人が多いが、
人口割合で言えば、日本のLGBT人口はアメリカよりも多く、
左利きの人と同じ割合くらいに身近な存在なのだ。

雇用の現場でも、企業のグローバル化や超高齢化社会に伴い、
「ダイバーシティ経営」が求められるようになって久しい。
そう、そもそも生産性を高める為に、ダイバーシティマネージメントが求められている。
ダイバーシティというと、女性の活躍推進や人種・国籍に関係なく
多種多様な人財が活躍できるような職場・制度というイメージが先行するかと思うが、
ここ数年ではダイバーシティ推進の中でも、LGBTに対する取り組みも外資系企業や大手企業などを中心に増えてきた。

この多様化する組織の中で、「求められる人財」というのも徐々に変化してきていると感じる。
1つに、マネージメントである。
人材の多様化や働き方改革による生産性向上が求められることによって、
マネージメントの複雑化や高度化が課題になっている、ということを
とあるクライアント企業から伺ったことがある。
昔のように管理職がメンバーをコントロールするというシステムは機能せず、
むしろ今は、各メンバーの能力をいかに引き出し、その成長をサポートするかといった
リーダーシップ力が求められている。

そして、メンバー層であっても、多様な人財がいる中での高いコミュニケーション力が求められる。
採用において求められる能力の1つとして「コミュニケーション力」があげられるが、
多様性のある組織において、自分とは異なる考え方や意見を持つ人たちを受け入れ、
尊重して対話できる力、目的に向けて協力・連携できる力、などが
「コミュニケーション力」といえる。

限られた労働人口の中で、一人ひとりがプロフェッショナルに仕事をしなければ、
日本経済は成り立たなくなってしまう近未来のことを考えれば、
そこにはもはや、女性か外国人かLGBTかといった問題は関係なく、
個々のスキルや経験、仕事に対する意識が重要になってくる。

私たちも面談などで個々に向き合う中で、その人の強みや魅力がどこにあるのかを探る時に
その人が活躍しやすい環境かどうかはマッチングの際に視野に入れるが、
性別や人種などの違いは関係ない。
そして、個々の能力や魅力をきちんと企業側に伝えていくことも私たち役割であり、
また逆に個人へも、仕事に対する意識としての「働き方」を見直し、
ブラッシュアップすることの重要性を伝えていくことも重要な役割であると再認識する。
自らもキャリアのプロフェッショナルを目指し、そして自覚を持って取り組みたいと思う。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>