相手を知る事の重要性

2018-07-09
サッカーワールドカップ、日本対ベルギー戦。
惜しくも敗れてしまいましたが、日本が2点を奪取した時、
世界中の視聴者は日本の勝利を予想したのではないでしょうか。
フィールドのサムライ達は絶対に2点を死守するという
強い気持ちだったと思います。
そこに油断は無かったはずです。

しかし、その後に怒涛の攻撃にのまれてしまい、逆転を許してしまいました。
どこかに流れを変えるポイントがあったはずです。
ベルギーの1点目だったのか。それとも2点目だったのか。
それ以外のプレーなのか。

勝負事として、ビジネスにおいても突然、流れが変わる事があります。
例えば交渉時の一言で形勢が逆転したなど。
私共のビジネスにおいても不用意な一言がお客様の気分を損ねてしまうケースや、
逆に何気ない一言が、お客様の心に響いたりする場合があります。
いずれも、対峙する相手のお人柄をきちんと把握出来ているかが重要であると考えています。

例えば、
オシャレに気を使っているお客様が身につけているアクセサリーの話を
さりげなく投げかけてみたり、
ゴルフ好きのお客様に対して、商談内容と絡ませながら、
自分のスコアが伸びない悩みをポツリと呟いてみたり。

その一言があるかないかで、お客様の心に変化が生じ、そして流れが変わる。
逆を言えば、その一言があれば、自分で商談や物事を有利に進める事ができ、
詰まるところ、お客様を知るという事が大前提になります。

高級車や不動産の営業マンであれば、
・お客様の趣味、嗜好
・家族構成
・大切にしているもの
・嫌いなもの、こと
・将来的に何をしたいとお考えなのか
など、サービス向上のために、お客様を知ることから始めます。
その努力があって、はじめて流れを変える一言が発信できるのだと思います。

話はサッカーに戻りますが、ベルギーは日本のメンタルの弱さを
知っていたのかもしれません。
知った上で、あの様な怒涛の攻めをして来た可能性も考えられます。
それが本当であれば、やはり勝負事の前には相手を知る事の重要性を改めて感じます。

私もオンタイム、オフタイムに関わらず、相手を知り、
周囲に合わせた行動や発言をする必要があると考えさせられました。
スポンサーサイト
tag :

チームワーク

2018-07-02
ワールドカップで、日本チームのプレーを観た。
サッカーを知っている訳ではないが、チームプレーが出来ていないのではないか…
というのが率直な感想だった。
素人の自分が見ても、ゲームを俯瞰から見れているプレイヤーが少ないように感じた。

サッカーでもビジネスでも、チームワークが重要という点に異論のある人はいないだろう。
しかし、何をもってチームワークと言うのかは、
個人完結型の競技や仕事でない限りは考えなければならないテーマだろう。

かつて、Jリーグのジュビロ磐田で、黄金時代を作った元ブラジル代表のドゥンガ選手。
当時、外国人選手が日本のレベルを引き上げる牽引役を果たした一人と言われている。
ドゥンガ選手は、「日本はチームワークが素晴らしいと聞いていたけど、全く違った」と
語ったことがあるそうだ。その理由は、個々が責任を果たしていないことにあったようだ。
自分の責任を果たしてこそ、組織が活かされる。ジュビロ磐田のサッカー文化を変えた一人と言えるだろう。

個の力が大事だとよく言われるが、もう少し掘り下げて考えてみると、
自分の強みを理解するだけでなく、他の人の強みを理解することだと考えられる。
世界トップクラスの選手であるクリスティアーノ・ロナウドは、
特に左サイドでボールを持つと相手ディフェンスを抜く力に優れており、
他の選手もこれを理解しているため、左サイドでなるべく、
ロナウドと相手ディフェンスが1対1の状態となるように組み立てるそうだ。

サッカーにおいては一人が強いからといって、勝てるとは限らないようだ。
スペインのレアル・マドリードは、世界最高峰のチームの一つ。
日本の野球でいうと読売ジャイアンツのように、高額で超一流選手を獲得することが多い。
しかし、なかなか勝てない時期があったという。理由は、チームワークの不足だった。

どれだけ優秀な選手がいても、一人ではゴールにたどり着けない。
例えば企業で考えると、営業部門と開発部門の目的や目標が異なり、
利害関係が一致しないことがある。そこで、組織を繋げられる人や、
組織を横断するチームのような、全体最適を実現する存在が必要になってくる。

個々の責任を果たす。個別最適と全体最適。
サッカーでも企業でも、チームワークの重要性は変わらない。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>