万引き家族

2018-06-18
日本映画が21年振りに、カンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを獲得した。
受賞作「万引き家族」は、東京の下町で、万引きで生計を立てながら暮らす、
とある家族の姿を描いた作品。

受賞後の記者会見で、監督や俳優が思い思いに、感謝と感激、
作品やスタッフへの思い入れを語っているのが印象的だった。
その中で、是枝裕和監督のコメントがひときわ印象に残った。

劇中で、絵本『スイミー』が話がエピソードとして登場する。
是枝監督は、撮影前の取材を振り返って、こう語った。
「印象に残っているのは、親の虐待を受けていた子たちが暮らす施設。
取材をしていると、女の子がランドセルを背負って帰ってきた。
『何の勉強をしているの』と聞いたら、国語の教科書を取り出して
『スイミー』を読み始めた。
職員が『皆忙しいんだからやめなさい』と言っても聞かずに読み通した。
皆で拍手をしたら、すごく嬉しそうに笑った。
この子はきっと、離れて暮らしている親に聞かせたいんじゃないか、と思った。
朗読している女の子が頭から離れなくて、すぐ脚本に書いた。」

是枝監督は、続いて、テレビプロダクション所属時の経験に触れ、
「誰か一人に向かって作れ」と先輩に言われ、そのことをずっと守ってきたと明かした。
「不特定多数の人に向かって送るものほど、そうすることで、結果的に多くの人に伝わる。」
「今、はっきりわかったんですが、
僕は『スイミー』を読んでくれた女の子に向かって作っているんだと思います」と語った。

誰か一人に向けて作ることで、結果的に多くの人に伝わる……。
一見、逆説的な印象を受けるが、歴史をひもといてみると、
このような例は、枚挙に暇がない。
いわゆる古典には「手紙」というジャンルが存在するし、
数百年、数千年語り継がれたり、読み継がれているような古典でも、
例えば師匠が弟子に語ったりと、特定の人に向けて語った作品が多く存在する。

なぜ、一人に向けて作った作品が、普遍的な価値を持つのだろうか?
いろいろな見方があろうが、一つの考え方としては、
「相手のことを考え抜いているから」ではないだろうか。
仮に最初から不特定多数の人に向けて作ると、
場合によっては、メッセージがぼやけてしまうかもしれない。
一方で、たった一人に伝えようとすれば、伝えようとするメッセージは焦点が絞り込まれる。
相手に対する思いの強さが、結果的に、他の人の心も打つのかもしれない。

是枝監督の言葉を借りれば、「万引き家族」が、
「『映画が公開され劇場で見られる』という通常の枠を超えて、多くの人に届いている」
という状況になっているのは、誰もが認めるところだろう。

「届く」と言えば、最近、「君に届け」という映画が話題になった。
この青春映画(原作は漫画)の題名を、あえて野暮ったく補足すると、
「私の思い(恋心)が君に届け」という感じになるであろうが、
この作品がヒットした理由は、
「人に思いが届くのは難しい」と多くの人が感じていることと無関係ではないだろう。

恋心に限らず、人に思いが伝わるのは難しい。
それでも人は人に思いを伝えようとする。
難しい状況の中でも、思いが伝わったとき、人の心を打つものがある。

人材紹介の難しさは、いろいろあるが、一つには「伝える」ということの難しさがある。
例えば、企業様の採用に対する思いや考えを、代理人として、転職希望者様に伝える。
代理人という立場の限界もあれば、仲介する立場だからこそ出来ることもある。
転職希望者様に、ご本人が気づいていないご自身の可能性を伝えることもある。
正解がない仕事だが、難しいからこそ、お客様の採用が上手くいったときや、
転職や仕事が上手くいったとき、非常に喜ばれるのだと思う。
当社コンサルタントの心のつぶやきを言葉にするとしたら、
「君に届け」というよりは、「どうかあなたに届きますように」という感じになるが、
メッセージが届くためには、相手への思いや、相手を考えた伝え方が欠かせない。
そのために、定期的な勉強会などを通じて、互いに切磋琢磨しながら、研鑽に努めている。
スポンサーサイト
tag :

オーダーメイド

2018-06-11
週末に会社のメンバーとスーツを作りに行きました。
東京の下町で長年、営んでおられる小さなお店です。
この店はフルオーダーというスタイルで、採寸から全て作りこむスタイルです。

少し気になったので「オーダーメイド」という言葉を調べてみました。

実は「オーダーメイド」というのは和製英語で、
正しくはテイラーメイド(tailor made・made to order)と言うそうです。
確かにテイラーメイドという言葉は、スーツのオーダーで聞き馴染みがあります。
実際の「オーダー」には大きく分けて2種類あり、
一つは「セミオーダー」「イージーオーダー」と呼ばれる、既存の製品をベースにしてカスタマイズしていくタイプ。
もう一つの「フルオーダー」は、全てを好みの仕様で作りこむタイプ。
いずれもオーダーメイドではありますが、どちらを選ぶかによって価格や納期に大きく影響するそうです。

身の回りには知らないうちに利用している「オーダー」が多いのではないかと思います。
例えばラーメン⇒麺の硬さを「カタ麺」で頼む方が多いと思いますが、
ラーメンでも完全にセミオーダーとなっているお店がございます。
オーダー用紙があり、そこで好みを選んでいく方式になっています。
これもベースのラーメンを自分好みにカスタマイズしてもらっています。

注文住宅⇒すでに建築済みの住宅を買う「分譲住宅」に対して、
購入者の希望に合わせてプランニングして建築する住宅を「注文住宅」といいます。
これも伝え方が違うだけで、家のフルオーダー。
せっかくなら自分の思い通りに作りたいと思うのは、必然的な流れだと思います。

オーダーメイドは、他にはない自分仕様の商品を手に入れられることが醍醐味。
世界に一つのオリジナル作品です。この喜びは体験してみると解ります。
皆さまも、ぜひ身近なものでオーダーメイドを体感してみてはいかがでしょうか。

私どもの仕事も企業様、求職者様のオーダーメイドに非常に近いものがございます。
企業様側からすると、現状の課題や事業方針、カルチャー、組織構成など
求職者側からすると、叶えたい夢、将来の展望、今解決したい悩みなど

企業様側、求職者様側の各々の想いが合致したときにマッチングされるものだと思います。
弊社でも、企業様側からお話を頂戴する際に「こういうスキルをお持ちで、こういうお人柄で、組織を引っ張っていける方」
というオーダーをよく頂戴します。
求職者様側からも「こういうスキルが活かせて、こういうことで貢献できるステージを探してほしい」とのご依頼を頂きます。

双方のお客様のご要望にお応えするためには、何カ月もお時間を頂戴することもございます。
私もまだまだ未熟ですが、皆様の人生の岐路におけるお手伝いをさせていただくことに誇りを持ち、
企業から求められるポジションに唯一無二の、求職者から「抜群のフィット感です」と言われるような
オーダーメイドを心掛けていきたいです。
tag :

文系の時代は来るか?

2018-06-04
少し前の新聞記事になるが、
日経とマイナビが2019年度卒の大学生と院生4.3万人から
回答を得て集計した結果、文系では広告業・旅行業、
理系では消費材や食品分野への就職志望者が増えていたそうだ。

実は弊社が企業様からお預かりする求人の要件を見返すと、
理系人材(理系的)を求めるものが極めて多いという事実がある。
消費財の開発系や品質製造系は言わずもがな、
最近だと理系バックボーンの営業職という様な要望も目立つようになっている。
弊社お取引以外でも、当然ながらIT、金融やコンサルなどの業界でも理系人材が熱い。

世の中全体の向きとしてもやはり注目されているのは理系だろう。
先日、働き方改革法案が可決されたが、その肝となるのは「生産性向上」。
それはつまり理系の花形分野であるAIやロボットへの設備投資を意味しており、
あらゆる分野に最新の技術が浸透していく過程で、専門家の手が必要となるからだ。

翻って、文系人材(私も含め)については…
あまり派手にクローズアップされることがない。
一昔前にMBA資格取得者がもてはやされた時期もあったが、
それは自分たちの存在感の薄さからくる反動だったのかもしれないとも感じる。
要するに「自分の専門はこれ」というのを持っている人が少ないという事だ。

実際に面談で理系の方とお会いすると、大学を選ぶあたりで自らの
「選択意思」に強いものがあると感じる。
文系の好みは良くも悪くもイメージによる「好き嫌い」の軸が先行していて、
お話をしていても非常に人間らしく憎めない方が多い反面、
現実に向き合う事が苦手な方もまた少なくない。

なかなかポジティブな切り口で語れなくて悲しくなる文系側だが、
世の中の数としては、文系がマジョリティである事だけは間違いない。
多数派だからこそ「今後の経済(転職市場)が活性化するカギは文系が握っている」
そう思い込むくらいの気概がないと、理系の波にのまれてしまうだろう。

「世界を動かす力は、統計にあるのではなく強力な熱情にこそ存する。
しかし、世界を正しく改良しようとするなら、その力は統計によって導かれなければならない」

イギリスの著名な社会学者の言葉だそうだ。
文系で生きている人たちが何をすべきか、そのヒントと勇気をもらえる言葉ではないだろうか。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>