エセ顧客思考

2017-06-26
高級店でもB級グルメでも、とにかく外食するのが好きな私だが、
二度と行くことのないお店の特徴として、基本姿勢がなっていない所である。
たとえ料理がおいしくても、見ていて不快に思う行為や状態を平気で許している(と思われる)
所には二度いくことがない。

「ごゆっくりどうぞ」と言ったのに無言で荒く食器を下げる。
素材にこだわっていると言いながら中身の説明ができない、など。
エセ顧客思考とでも言うのか、とても胡散臭さを感じる部分だ。
できる事なのにしていない、そこに店側の本心が透けて見える。

私自身も若い時は、たとえ身だしなみがダメでも
顧客の気持ちを握れる営業マンならOKとか、
大事なのはオンタイムでありオフの時は関係ない、そんな風に思っていた。
しかし、実際には人間はそこまで器用ではない。超アナログな生き物だ。

昨日の夜の暴飲暴食が今日の仕事の効率を下げる事もあるし、
昔見た映画のワンシーンから突然新しい企画のアイデアが出てくるかもしれない。
過去から現在、積み重ねてきたもので頭からつま先まで全部つながっている。
要するに、良くも悪くも隠し通すことはできないという事だ。

最終的に何がどうつながるかは完全にコントロールできないと思うが、
手を抜いたり、甘えたりすることが良い結びつきをもたらす事は考えにくい。
むしろ、悪貨が良貨を駆逐するように、ポジティブなつながりが断たれてしまいそうだ。

「顧客思考」と「自分の中に置く高い基準」。
常にこの二つが存在しているかどうかに神経を研ぎ澄ませるべきだ。

お客様はとても正直な存在である。
心強い味方にもなってくれれば、手厳しい批判者にもなる。
しかしそれは全て、自分自身を表す鏡の様なものなのだろう。

もし最近、仕事の成果が上がらないと感じている方がいるならば、
それは割と身近なところに問題が潜んでいるのかもしれない。
先の飲食店で感じた様な「エセ顧客思考」に陥っていないかどうか、
業務の基本を再点検してみるだけでも、事態が好転する可能性がある。
スポンサーサイト
tag :

厳しさの中での成長

2017-06-19
小学生の娘が、朝から「学校に行きたくない」と主張する事がある。
前夜から、泣きべそをかいてアピールしてくることすらある。

例えば、原因は嫌いな食べ物が給食のメニューにある場合などだ。
その食べ物を担任の先生に半ば強制的に食べるように指導を受けるのが嫌らしい。
最近のニュースにあるような口に無理やり食べ物を入れられるというものではないが、
学校から、帰ってきて、思い出して泣くくらい彼女にとってはその指導が苦痛のようだ。
ある意味、前日からメニューをチェックしている彼女の拒否反応の強さにも驚かされる。
モンスターペアレントと言われるかも知れないが、娘が嫌なことを強いられているのは・・・
と思い学校側に相談しようとも考えた。

ふと、我が家の食卓を振り返ってみた。
「嫌いな食べ物」を無理やり食べさせることは殆どないため、娘は基本的には好きなものしか食べない。
そんな娘を見て、私も妻も「ちゃんと好き嫌いしないで食べなさい」と若干強い口調で言うくらいだ。
当然、娘はそんな言葉はお構い無しに食べられる物だけを食べている。
娘を一人の人間として考え、将来的に社会適応できる素養を教育していく先生の立場で考えれば、
この「指導」は間違っているとは言えないと感じた。

当然、娘は可愛い。
泣き顔なんかは見たくはないが、このまま娘の気持ちだけを汲んでいては、
ずっと彼女は甘え続けるだろう。我慢が出来ない以上に、感謝の気持ちすら無くなってしまう人間になりかねない。
昔は良くも悪くも教師や親は怖くて、逆らえない存在だったが、今はもう少し近い距離感にいて、
教師や親と友達感覚で接する関係性も多く見受けられる。それはそれで良い部分もあるのかも知れない。
しかし、学校や社会では異なる価値観の方々と様々な軋轢の中で共存していかなくてはならない。
その上で厳しさやつらさを痛感することは必然なのだ。
「嫌いだから食べられません、やりたくないから出来ません」で通用することは、ほぼ皆無である。

ある程度の年齢からは「厳しい現実に直面させる」ということも
成長には欠かせない大事な要素ではないだろうか。
これは会社においても同じことが言えるように思う。
何でも社員の意見を聞き入れていたら、社員の為にもならないし、会社の為にも良くない。
そういった社員の我儘や怠慢が大きな事故に繋がることはよくある話だ。

私にとって子供はかけがえのない大切な存在である。
しかし、社会に出れば一人の人間として責任を果たして行かなければならない。
今の可愛さではなく、将来の姿を考えながら接する必要があると思っている。
親であり保護者であるということは、未成年で判断がつけられない子供を守ることだけではなく、
子を窘めることも、大きな役割だと思う。
私自身の戒めも込めて、子供、そして社会と関わっていかなくてはならないと思った。
tag :

日本には熱意ある社員が少ない?!

2017-06-12
少し前のニュースになりますが、ギャラップという世論調査などに強いアメリカの調査会社が
世界各国の企業を対象に実施した従業員のエンゲージメント(仕事への熱意度)調査で、
日本は「熱意ある社員」の割合が6%しかなく、世界では132位と最下位クラスだったという
調査結果を目にしました。

「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」が24%を占め、
「やる気のない社員」が70%にも達するということですから、残念な結果です。

実際は、「熱意がないわけじゃないけど、熱意があるってほどじゃないしなぁ」と思う傾向にある
日本人の気質も大きく反映されているように思いますが、そのことは今回の主題ではないので
横に置いておきます。

熱意・意欲を持てない人は何故持てないのか、を考えてみるためにTwitterで調べてみると、
「残業が多くてやる気が出ない・気力がない」「給与が少ないからやる気が出ない」
「就きたい仕事に就けていない」等々、
それって・・・熱意があったら逆にもなり得るのになぁ、と思ってしまいました。

熱意がないからなのか、それとは無関係なのか、
人材紹介として「働く人」に向き合う仕事をしている中で、
“会社から何を求められているのか”“自分の役割として何をどうすべきなのか”
会社の一員として働くということの目的を理解して、そのために工夫して働いている人の数は
極端に少ないということを痛切に感じます。

嫌々仕事をしていたり、早く1日が終わらないかなとボケーっと過ごしている人が
会社から必要とされるはずがありません。
そして一般的に人は、世の中・会社・周囲から必要とされると承認欲求が満たされ、
喜びを感じ、意欲がわくと言われています。
もし「必要とされたいわけじゃないし、そんなもの興味ない」と思われる方がいらっしゃるのであれば、
自分が何にモチベートされるのか、を改めて深く考えてみたほうがいいのかもしれません。

むしろ、働くことも含め、より豊かな人生にしていくために、
今話題の「働き方改革」によって労働時間が削減され、得られたプライベートの時間で、
意欲を持って取り組める何かを見つけることをぜひお勧めします。

今回の結果をポジティブに考えれば、残り94%もの伸びしろがあるとも言えるかもしれません。
私たちの役割の1つとして、転職で環境を変えるだけで自分を変えられるのか?と問いながら、
一人でも多くの方々に、意志なくただ流されるだけの働き方ではなく、
自分自身と社会にとって価値ある働き方を提案する、というミッションがあり、日々それに取り組んでいます。
そして、それが私たちの存在意義なのだろうと改めて考えさせられました。
tag :

選択と集中

2017-06-05
出版業界が不況と言われるようになってから、かなり経つが、
そのような状況下でも、何十年続く長寿雑誌についての記事を読んだ。
ターゲットとなる購買者層を絞り、構成や流れを変えずにやり続けてきたのが勝因だと言う。

これは非常にもっともで、日本の人口が1億2千万人強だとして、
全員に読んでもらうのは無理なことで、その必要もないだろう。
いつも安定した数の読者がいれば、成り立つ雑誌は多いのではないか。
そのためには、ターゲットとなる読者にどうやって読んでもらうか、という
アプローチの工夫が必要となる。

ビジネス界やスポーツ界においても、成功している人を見ると、
明確な目的から、すべきことを逆算して行動し、計画的に行動する人が多い。
結果に向けて短期間で為すべきことをやり遂げる。そこに無駄な作業や動きはない。

意味も無く、長く会社にいたりして残業代を会社からもらったりする会社員とか
グラウンドにいることで練習しているつもりになるアスリート。
結局は、ベース給与の向上や必要な筋力や体力をつけることは出来ないのである。

転職時の面接では、「結果を出すためにどう動いたか」といったストーリーを
いかに効果的に伝えるかがポイントの一つになる。その為、弊社では、転職希望者に
目的意識を持つことや、思考して行動するというような事の重要性をお話しさせてもらっている。

冒頭の長寿雑誌には及ばないが、創業八年目の弊社は、
ずっと、人の生活に身近な業界のみにフォーカスしてきた。
弊社がフォーカスしてきた一般消費財やマーケティングリサーチ業界の転職市場は、
ITや金融、医療業界と比較すると、人の流動も少ない。
「コアで異業界も取り組んでくれないか?」とありがたいお願いを頂くこともあるが、
他の業界に手を出していたら、今のコアは無かったかもしれない。
自らの強みや弱み、市場ニーズを知り、確実に効果のあることに集中して行動する。
生き残り続けるということは、人に必要とされ続けること。
脈々と時代変化がある中で、変わらない追求が勝因となるのかも知れない。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>