努力のメダルと人間力

2016-09-26
オリンピック、パラリンピックが終わりました。
スポーツ番組をあまり観ない私ですが、眠い目をこすりながら必死になって応援し、
負けては悔しい涙を流し、勝っては嬉し涙を流し、
心地よい疲労感と、お祭りの後特有の寂しい感じの余韻が心に残っています。
選手たちは皆、金メダルという一つの目標を目指し、計り知れない努力を積み重ね、
勝っても負けても、晴れ舞台で私たちに感動的なパフォーマンスを魅せてくれました。

普段スポーツに興味のない人までも巻き込み、
これほど感動させる理由は何なのかとふと考えてみました。
自分自身が絶対に出来ない事に取り組むことへの憧れや驚きなのでしょうか?
磨き上げられた肉体と精神力の陰にある努力への賞賛なのでしょうか?

選手たちは、金メダル=世界一になる、という目標を設定し、
そこに辿り着くために様々な努力をします。
その目標設定→努力の流れを、私たちの日々の暮らしや仕事に置き換えてみると、
オリンピック(トップアスリート達)が私たちに教えてくれることが見えてくるような気がします。

私たちは、意識的に、また無意識に、何か目標やゴールを掲げ、
それに向かって努力?(大げさかもしれないけれど)しています。
今日は休日だから○時までは寝る!とか、休日だから洗濯と掃除をしよう、
今日の夕飯は○○を食べよう、ということだって、
心身を健全に保つため等、何かの目的に向けた努力と言えなくもないでしょう。
その他の暮らしの中の行為も、全て何かの目標=ゴールを意識して設定し、
そこに向かって行動を起こすことの繰り返しだと思います。

私たちの日々の「仕事」に置き換えてみると、もっと何か見えてくるかもしれません。
社会における自社の存在意義、その中の自分の役割、
それを数値に置き換えたゴール=予算に向けて、全てのビジネスパーソンが
日々コツコツと努力=仕事をしているはずです。
目標設定と努力の反復が、習慣となり、技術となり、その人の実力となり、
結果(周囲からの評価や報酬など)に繋がっていく、という構図は、
オリンピック選手も会社員も全く同じと言えます。
私たちがオリンピックに一喜一憂するのは、仕事上の目標を実現した時の喜びを映し出す、
足りていない努力に気づきを与え叱咤激励してくれる、鏡であるように思えて来ました。

しかし、ただ単に目標設定し、努力を重ねるだけでは、
人に感動を与えることができるような人にはなれない、ということも、
オリンピック・パラリンピックを通して見えてきたように思います。
オリンピック期間中には、メダルへの道のり、的な特番が次々に放送され、
その人の努力や家族の支えなど周辺環境が伝えられていました。
メダリストの、尋常ではない努力の跡に驚嘆し、そこに携わる人々の
見えざるサポート活動を知り、また感動し、涙を流していたのですが・・そこで気が付きました。
試合後のインタビューで、メダリストたちが口々にする
「皆が応援し、サポートしてくれたおかげです」
「メダルが取れなくてごめんなさい」という涙交じりの言葉は、
今の自分があるのは、自分一人が努力し成し得たものではなく、
コーチや家族や仲間に支えられて今があることへの「心からの感謝」や「想い」、
彼らの「人間力」こそがオリンピックメダリストとなれる素養であり、
多くの人に感動を与えることが出来るのではないでしょうか。
当社の掲げる「絶対的な人間力」が、成果や評価や感動に繋がっていることを教えてくれます。

転職活動をされている皆さまが、納得できるメダルを獲得できるよう、
微力ながらヒントやサポートを提供し続けられる私でありたい、と、
オリンピックを通じて改めて切に感じています。
そのために自分自身の絶対的人間力を磨く努力をし続けなければ・・・

スポンサーサイト
tag :

才能を超える努力~働き方の提案の変化

2016-09-21
いわゆる「デキる人」というのが、どの職場にもいるものです。
「あの人にはかなわない。才能が違う」と思ったこと、一度はないでしょうか?

しかし、最新の研究によると、結果を出すには、才能よりも努力の方が、
倍以上、重要だそうです。

そうはいっても、悩みを抱えるビジネスパーソンの多くは、既に試行錯誤しており、
「時間と労力をかけているのに成果が出ない」という声が良く聞かれます。

デキる人を見ていると、人一倍、仕事に対する関心が強い、
自分に厳しい、という共通点が見られます。
ですが、いわゆる成功者へのインタビューを見ていると、
最初から、仕事への関心が強かったか、自分に厳しかったか、
というと、必ずしもそうではないようです。
成果を上げるまでの過程の中で、仕事に興味を持つための努力があり、
自分に厳しくする努力があった。これが良いパフォーマンスにつながっているのでしょう。

「働き方改革」に代表される時代の流れの中で、最近は、
「いい努力とは何か」を意識する論調が強くなってきた気がします。
「目的が明確」「目標を絞っている」「自分の部署の立ち位置を理解している」等……。

転職希望者様や企業様の問題意識を反映して、ご面談で、
上記のような話題が自然に出ることが以前より増えました。
マネージャーや経営幹部の転職希望者様が多く来社される中、
上記のお話をすると、「そうそう、そうなんだよね」という反応をされる方が多く、
ご自分の歩みを再確認される機会になっているようです。

弊社が続けてきた「働き方の提案」の根幹は、
いつの時代も変わらないものだと考えていますが、
時代の変化や、ご登録者層の変化を受けて、提案の切り口は、
マネジメントの要素が強くなる等、変化しています。

皆様のご支援で、もうすぐ創業六年を迎えます。
ダーウィンの「環境に適応できた者が生き残る」ではありませんが、
働き方の提案が「伝統」と言える程長くなるまで、時代に合わせて
提案の切り口を変化させるという「革新」を続けたいと想います。
tag :

リオパラリンピック2016

2016-09-12
日本中が歓喜に満ちたリオオリンピックの興奮も未だ覚めやまぬムードの中、
先週9月7日からリオパラリンピックが開幕した。

パラリンピックもオリンピックのように民放各社が中継しても良いのではないか?
と疑問に思う。オリンピックも選手を取り巻く、様々なコーチ、監督、トレーナーがついている。
パラリンピックはそれらの方々に加えて、各選手の介添えの方や、盲導犬もいるだろうし、
その中でも、私は、ハンディキャップを乗り越える選手の装着する福祉機器の技術革新に目を見張った。

4年の時を経て、時代の進化に驚く。
パラリンピックの選手たちの弛まぬ努力と精神力、生命力にはすごく感動するのだが、
福祉機器の発達により、人類が不可能を可能にしていく様に脱帽する。

オリンピックとは違った角度で見れるエキサイティングな部分、
不自由なことに負けない精神力と生命力を感じることができる。
スポーツを通して、様々な相関図が連想する。

選手たちを支えている福祉機器を開発しているメーカーの特集をテレビで見た。
車いすの担当者は赤字だとおっしゃっていた。企業努力とはこういったものだと思う。

ここに存在意義と存在価値があると考える。
誰かを助ける為には存在するためにあり続ければならない企業の利益は必ず必要となる。
しかし、先行投資として誰かの為になる存在意義を大切にしている企業。

オリンピックではつい有名な選手たちの着用モデルのスポーツメーカーに
目が行きがちであるが、パラリンピックでは福祉機器を開発している企業の努力に注目し、
世間ももっとピックアップしてほしい。

現在も熱狂的な戦いが現地では繰り広げられているが、
日本でも4年後に向けた福祉機器の開発に励んでおられる
各企業メーカーの技術者の努力が披露されることが、
更なる驚きと感動を与えてくれるに違いない。
tag :

プレミアムコア

2016-09-05
先日数万円もするテキーラを買いました。
髑髏のボトルにスワロフスキーがついたレア物です。
今「プレミアムテキーラ」というテキーラの
上位バージョンのお酒が密かにブームになっています。
人気の秘密を紐解くことで、弊社「コア」の方向性を見出してみようと思います。

日本ではテキーラはどちらかというと罰ゲームや
一気飲みをするためのお酒として浸透しているイメージが強いといえますが、
そもそもテキーラとは、アロエに似た植物アガベを原材料にした
メキシコ生まれの蒸留酒。副原料を用いずにつくる「100%アガベ」と、
廃糖蜜(モラセス)由来の酒を合わせた「ミクスト」に大別され、
現在プレミアム・テキーラとして世界的に注目を浴びているのは前者です。

タル熟成されたものは、非常に味わい深く、
ウィスキーやブランデーと比べても決して引けを取りません。
また熟成されたものは香りが高いものも多く、味だけではなく
香りでも楽しむことができます。さらに味わいはアガベの栽培年数や収穫方法、
樽の種類や熟成期間、産地によって異なり、その豊かな香りと希少性が
ハリウッドセレブを夢中にさせています。中にはテキーラが好きすぎて
自分で作ってしまうセレブも存在します。

詳細は省きますが、テキーラにはシャンパンのように
産地呼称制度によって保護されているほか、作り方などに厳格なルールが設けられています。
現在、メキシコには1000種類以上のテキーラがあるといわれ、
その中で日本で販売されているのはそのうちの約100種類ほどといわれています。
プレミアムテキーラは、シャンパングラスやシェリーグラスなどで
香りを楽しみながらじっくりと飲むのが美味しいとされています。
テキーラのアルコール度数は規定により35~55%の間と決まっており、
ほとんどのものは38~40%でウィスキーやブランデーと同じ度数です。
そのためストレートでじっくり飲んでも美味しいのです。

厳しい規制、厳格なルールをしっかり守ったベースを築き、
案件や人材を十分熟成するようにこだわり抜く取り組み姿勢。
一気飲みの罰ゲームで飲まれるような、
勢いだけでマッチングしているサービスが横行している中、
100%アガベ由来のプレミアムテキーラのように
じっくり味わって頂けるようなマッチングを実践していきます。
また企業様担当としましては、目配り、気配り、心配りにより信頼関係を醸成し、
考え抜くことで熟成された独占案件を多く集めます。

企業様、求職者様にご満足頂くかを考え、いつ来ても、こだわった面白い求人、
キャリアに対する圧倒的な意識の高さを持つ人材がいる、
他社とは違う、そんなプレミアムエージェント会社を目指します。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>