記憶の宮殿

2016-08-29
先日、世界記憶力大会のチャンピオンがプレゼンターとしてTVに出ていた。
内容としては、もともと記憶の天才たちを取材する側だったのに、
いつの間にか記憶術をマスターしてチャンピオンになってしまった経緯、
いわゆる普通の人である自分が、そのメソッドをマスターして
驚くべき記憶力を発揮できたのだから、だれでも記憶の天才になれるという話だった。
最後に、チャンピオンはスマホと一日中対話している現代人に対して
下記の様な警鐘を鳴らしプレゼンを終えていた。

「記憶は私たちが何者であるかの証となるものだ。
目の前の出来事や人に集中せずにスマホに夢中になり失うものは大きい。
それは、自分自身の存在意義を薄くしている事に他ならない。
思い出深い人生にするためには記憶が大切だと、ぜひ記憶しておいてほしい。」

このチャンピオンが紹介していた記憶術は「記憶の宮殿」と呼ばれるもので、
数ある記憶術の中でもかなり歴史が古いものだ。まず、頭の中で大きな建物を
想像(自宅など慣れ親しんだ場所がいい)して、各部屋や廊下などに
覚えたいもののイメージを配置する。配置する時のイメージは異常で、不気味で、
卑猥で、不快なものであるほど忘れにくくなるらしい。
人間の脳は、自分にとって全く関係のない(意味のない)言葉は記憶が困難であり、
何かしら、既に頭の中にある物事と「リンク」させ、
意味あるものへと変換する事ができると長期にわたりその記憶を保存できる、という事らしい。
これが、記憶の宮殿の概要である。

実際にTVで観た大会の様子はすさまじく、その記憶力には脱帽の一言だが、
いつでも外部記憶装置であるスマホ等から情報が取り出せる現代で、
自分の脳に情報をインプットする記憶術にいったいどのくらいの値打ちが
あるのだろうか、とも同時に考えてしまった。

実際に記憶の宮殿を見様見真似でやってみると、記憶力の成果以上に、
「自分の脳を使っている」「自分が集中している」という実感が得られる事に気づく。
言葉で表現しづらいが、それがすごく新鮮で、心地よい疲労感をもたらすのだ。
思うに、それくらい普段の生活には情報が溢れており、時間に追われる事で、
次から次へと何かを処理していく「作業化」が過度に進んでしまっているのかもしれない。
記憶力チャンピオンの警鐘が自分自身にも当てはまる事が良く分かった。

つまるところなんでもそうだが、依存するほど常習化したらそれは害なのだ。
スマホ然り、ウィキペディア然り、あるいは会社に出入りしているコンサル然り。
便利なツールに囲まれ過ぎて、最も身近なツールである自分の脳を使って、
何かにじっくりと向き合う時間が少なくなっているのだ。
そうなると、答えを自分以外のどこかに求める思考に支配されがちである。
「何かいい答えが落ちてないかな?」そんな感覚が常態化しているなら、
それはあなたの思考放棄の症状が相当進行している証拠かもしれない。

そんな時、古代ギリシア時代に生み出されたこの記憶術は、
古典でアナログな手法の代表ではあるが、デジタル時代の心強い味方になってくれる気がする。

「記憶の宮殿」はリンクが重要、ということなので下記リンクを張り付けておきました。
ぜひ、その一端に触れてみて下さい。
https://www.ted.com/talks/joshua_foer_feats_of_memory_anyone_can_do?language=ja(TED)
スポンサーサイト
tag :

結果に結び付かない努力

2016-08-23
今年の一大イベントであるリオオリンピック。
それぞれの選手が金メダルを目指して、
世界の頂点を目指して4年間の努力を試す舞台。

オリンピックの舞台とは大きく異なるが、
私も高校時代に日本の頂点を目指すべく、
3年間、泥まみれで楕円球を追いかけていた。

全国大会、東のBシードで2回戦から出場した。

試合開始。
前評判では確実に我々が上だったが、
1回戦から好調だった敵チームに押され、
前半は6点のビハインド。

そして後半。
終盤に逆転のペナルティを得た。

タッチキックではなく、ペナルティキックを選択。
皆さんご存知の五郎丸選手をイメージしてほしい。
そう、あのポーズからのキックである。

ゲーム終盤、ゴールが決まれば逆転の場面。

フィールド上で動けるのはキッカーだけ。
審判、監督、選手、観客、
全ての人が息を呑む。


全ての人がキッカーとボールだけを見る。

そして、キッカーは

大きく一呼吸

周囲は完全に静まりかえる
この何百人の観客が誰もいないように感じる瞬間

キッカーがボールに向かって歩みを始める


バコッッ!!


その瞬間、ボールは青空に突き刺すように大きな弧を描く

入れば逆転になる


「入れッッっ」


・・・

・・・


その5分後、ホイッスルが鳴り響いた

ノーサイド。
試合終了。

私達の3年間の集大成の舞台は僅か60分で幕を閉じた。

3年間の努力が、たったの60分で終わってしまったのだ。

全ての努力が結果に結びつくとは限らない。
しかし、結果は得られずとも
3年間の努力から学んだものは大きい。

苦、辛、耐、支、笑、楽、友、師、涙。

様々な学びを得た貴重な3年間だった。

今の自分があるのもあの時の努力があったからだと思う。

転職活動をしている求職者様も面接で上手く表現出来ず、
いい結果に結びつかないこともあると思う。
事前準備や努力が報われない事も往々にある。

しかし、コアを通じて転職活動を行うことによって、
結果以上に自分の働き方が何たるかを知ることに繋がると思う。
自分がどれだけの能力を持っているのか、
どれだけの人に支えられているのか、
どれだけの貢献が出来るのか。
そういったものを客観的に見る事によって、
自分の「今」を知る事ができる。

我々はもちろん求職者様の内定をゴールとしているが、
それだけではなく、転職活動から何か目に見えない
とても重要ものに気付いてもらうことも、
ゴールとしているところもある。

「結果だけが全てではない」

そう言ったことを通して我々は、
コンセプトである
・働き方の価値のご提案
・Change OR Evolution
(働く場所を変えるだけなのか
   それとも
自己変革をしてみるのか)

をひたすらに貫き通しながら
求職者様に寄り添うことを命題としている。
tag :

不変の価値

2016-08-19
今年のリオ・オリンピックも間もなく幕を閉じようとしております。
第1回目の開催から100年以上の歴史を持つ国際的なイベントですが、今年の開催に
おいては、様々な変化があったように思います。
競技種目、スポンサー、開催都市、開催国の政治的リーダーの不在等々。
新しく生まれた国の参加もあれば、諸々の事情により不参加を余儀なくされる国、
参加を断念しなければならない選手等もおります。
また第1回目のオリンピックでは36.75kmだったフルマラソンは、ロンドン五輪開催時、
女王の席の前をゴール地点とするため、距離を延長して以来、42.195kmになったそうです。

オリンピックは、かつてアマチュアスポーツの祭典と呼ばれていましたが、プロ選手の
出場が可能になってから随分と経ちました。
100m走に至っては、10秒も掛からずに本番が終わってしまいますが、各国の選手は
この一瞬のために4年間に渡る苛酷なトレーニングをします。

その選手の姿に、観ている人間は心を打たれるのではないでしょうか。
「自分で自分を褒めてあげたい」といったコメントに代表されるように、多くの選手達が、
多くのものを犠牲にし、自国の代表として限界にチャレンジする姿に人々の感動を呼び、
その観る人の感動がオリンピックを長きに渡り継続させている最大の理由だと思います。

ビジネスマンという立ち位置に置き換えて考えてみると、市場、環境、技術などは
時間と共に変化していきますが、「人から必要とされる働き方をする」ということは
いつの時代でも変わらない価値を持つものだと考えています。
弊社ではそんな働き方をクライアント企業、転職希望者にお話ししています。
弊社社員もその価値を理解すべく自己の能力開発を意識し、取り組んでいます。

今回、改めて、多くの選手が奮闘するオリンピックを見て、不変な価値の重要性を
考えさせられることとなりました。
tag :

ドラマランキング

2016-08-01
今日はいつもと違った感じでブログを書いてみようと思います。

私、ドラマを観る事が好きなんです。

仕事に役立つと思って、勉強のつもりで見始めた事がきっかけなのですが、
ストーリー展開や演者さんの演技力など楽しみ方が色々あって、
いつの間にか毎クール、チェックするようになりました。

作り手は、世の中の人がどんなことに興味を持ちやすいのか、
どんなことに共感しやすいのか等を考え、
ストーリーに反映されていることが多いため、
世間のトレンドが垣間見られておもしろいのです。

たとえば、今回の夏クールでは、
「主人公がバリバリ働く女性」というケースが多いように感じます。
『家売るオンナ』(主演:北川景子) 水曜22時~ 日本テレビ系
『営業部長 吉良奈津子』(主演:松嶋菜々子) 木曜22時~ フジテレビ系
『せいせいするほど、愛してる』(主演:武井咲) 火曜22時~ TBS系

各局「22時枠」で主人公と同じようにバリバリ働く女性や、
家庭と仕事との両立に悩みながらもホッと
一息つく22時くらいに見ていただくような
ママキャリ世代をターゲットにしていそうですね。
働き、悩み、それでも前を向く、というほぼすべての女性が共感しそうです。

実際の視聴率を見てみると、トップ3は以下のようになっています。
(左から平均視聴率、局、番組名)※7月29日放送分までの集計・平均
11.77% 日テレ 『家売るオンナ』
・・人生の悩みを不動産購入に掛け合わせた人生ドラマ。
北川景子演じるプロの不動産営業マンが、買い手が求める不動産
から買い手が抱える人生の悩みを見抜き、痛快に解決していく。
11.55% TBS 『仰げば尊し』
・・1980年代に実在した吹奏楽強豪校「神奈川県立野庭高等学校」
をモチーフにした作品。元サックス奏者の教師とヤンキー生徒たちが
吹奏楽と向き合い”感謝”や”絆”を学んでいく。
10.8% テレ朝 『刑事7人』
・・東山紀之主演の刑事ドラマ。昨年放送されたドラマの続編。

現在、平均視聴率1位の「家売るオンナ」は
私も個人ランキングでは2位に入るのですが、
私たちの仕事にもすごく似ているので、勉強にもなっています。
家を買うことも、転職をすることも、
人生を大きく左右することである
という点も似ているのですが、
そこではなく、
一見、変人不動産営業マンである北川景子が
媚びを売らず、不動産を売りまくる話を
コミカルタッチで描いており、
売り手・買い手が抱える本当の悩みを見抜き、
ただ家を買う・売るということではなく、
そのことを通して、その人にとっての本質を
ズバッと提案・解決していきます。

私たちも、単に仕事を紹介しているのではなく、
その方にとっての課題・幸せがどこにあるのかを
常に考えています。
話を伺いながら、どんな会社だとイキイキと働けそうか、
スキルアップの最短距離はどこか、
何が必要かなどを一生懸命考えています。
ですが、転職以前にその方の課題や悩みは、
職場環境を変えれば解決するのか、
モノの見方や考え方など意識を変えることによって、
もっと明るい未来を提供できないか、など
長期的な視点や違う角度からも考え、提案することを心がけています。

北川景子さんのように究極の提案に
繋げることはまだできていませんが、
モノを売るのではなく、本質を見抜き、
本物のコトを提案することは、
私も目指しているスタンスです。

そして何よりも、その仕事を誇りに思っていて、
常勝思考で、100%の仕事をする姿は、
本当に見習うべきだと思います。

やっぱり、ドラマも勉強になりますね!
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>