新たなるスタート

2015-04-20
「パパのお仕事って何屋さん?」
眉間にシワを寄せながらネクタイを何度か締め直している私に幼稚園の制服に着替え終わった娘が突然聞いてくる。

社名を言えば誰もが知っているであろう企業だが、相手が子供だけにこう言った。

「ん~◯◯屋さん」
目も合わせずにさらっと私。

「ふぅ~ん」
と顰めっ面の彼女。

だが、彼女の目を見ながら笑顔で言えない自分がいた。
この子が大きく育っているのもこの会社のお陰なのに。

何故だろう。

考えてみるとやはり誇りを持って仕事をしている人間とそうでない人間とでは内に秘めているものがまるで違う。
私は、当時、後者だったのかも知れない。仕事という労働契約に伴い、求められる数字の要求にも応えてきたし、実績も積んできた。
作り笑顔でお客様に接していたのかも知れない。ふと、車のバックミラーに映る顔を見た時、曇った表情の自分に照れ笑いしてしまった。
娘の目を見て笑顔で言えないのもそう言うところからくるのだろう。

本当は物心つく前から彼女に言いたかった。
「パパは◯◯の仕事してるんだぞ」って。
「すごいだろって」。

誇らしげに

でもそうは言えなかった。

世の中には自分のやりたい仕事が出来ている人はどれくらい存在するだろう。
以前聞いた話だと、その数は約4割だそうだ。
残りの6割はミスマッチと感じながら仕事をしている事になる。
もしその6割の中の何人かでもやりがいを感じる仕事が出来れば、仕事の質も上がり企業が元気になるのではないだろうか。

上記したシフトさせる仕事。
これこそが私の望んでいるフィールドである。
私は10年間、立ち続けたフィールドを後にする決意をした。

それから2ヶ月経ち、ついこの間娘がランドセルを背負ってこう言ってきた。
「パパってこれから何のお仕事するの?」って。

私は彼女の目を見てこう言った。

「お仕事の事で悩んでいる人のお手伝いをするんだよ」と。

ランドセルを背負った彼女は笑顔でこう言った。
「パパ、スゴイねっ」

「うん、ありがとう」
私も自然と笑顔になっていた。

そう。ついにこの春夢のフィールドに立つ事ができたのだ。
これからこのフィールドを縦横無尽に全力疾走してやろうと思う。
そして思い切りシュートを撃ってやろう。

彼女も小学校1年生、私もある意味1年生。
彼女の成長に遅れをとらないよう、私もこれから進化して行きたい。
スポンサーサイト
tag :

先が見えない時こそ堅実に

2015-04-13
学生の頃、映画やドラマを夢中になって観ていた時期がありました。
好きな事にいくらでも時間を注げる状況でしたし、何よりも劇中の人々の気持ちの動きや物語の展開に素直に引き込まれていた記憶があります。
今でも時折DVDを借りて観たりしますが、「これは面白い」と感じることは昔に比べて少ないような気がします。
年齢を重ねて私の感覚や好みが変わっただけかもしれませんが、
一つの要因としては、取ってつけたような展開や、とにかくクライマックスに向けて盛り上げようとする意図が強すぎてしまうため、途中で白けてしまう事が多いからだと思います。
要は、演出があまりにも過剰で表層的、短絡的なのでわざわざ時間を取って観るに値しない作品が多いと感じてしまうのです。

これは映画やドラマの話ではありますが、現実世界でも同じ事を感じる場面はあります。
例えば、消費者としてモノを買ったり、サービスを受けたりする際に思う事ですが、あまりにも短期的な消費活動を扇動するプロモーションや、時流に乗りすぎた製品を見ると、やはり食傷気味になり一歩ひいてしまいます。
マーケティングの凄さは認めますが、提供する側から「こういうの欲しかったですよね?」とあからさまに言われているようで、どうも食指が動かないのです。

強引な味付けやメリハリが敬遠されがちというのは、キャリアや転職についても言えるかもしれません。
個人のキャリアにせよ、企業の歴史にせよ、時間の流れの中に様々な登場人物の思いや決断が存在し、物語は初めて成立するのだと思います。
つまり、「過去~現在、そして未来」にしっかりとした流れや太い幹があるかどうかでその物語の良し悪しが決まる、という事なのだと思います。
良い物語をじっくりと作り上げてきた個人や企業には、派手さは無くとも、読み手や聞き手を引き込む魅力が存在しており、それは一朝一夕で出来上がるものではありません。
一方で、派手な展開や短絡的な利益のみを追求していると、そこに差別化された意志や人格を見出すことができず、当人の存在がとても薄いものになってしまうと思います。
結局、単に見せ場を作るためだけの歯車にしか過ぎず、目立ったり儲けたりしてしまえば何でもあり、という印象が強まってしまい、全体の物語はどうでもよくなるという状態に陥ってしまうのだと思います。
これでは長期的なキャリア形成や会社としての存続はままならず、非常に危険な「バブル」の状態であると表現できます。

過去のバブル経済の時代もそうであった様に、不安定で先が見えない社会においても、無理矢理メリハリをつけて派手に装飾することに走るのではなく、
これまでの時間軸の中で積み上げてきた意志や繋がりを大事にできている個人や企業でなければ、これから先にある希望的な未来を見出すことは出来ないと思います。
「全米が泣く」ほどの記録的ヒットにならなくとも、重厚で印象に残り、ずっと語り継がれる映画やドラマ作品がたくさん存在するのと同じなのではないでしょうか。
少なくとも、私たちはそのようなご登録者様や企業様へのご支援を大切にして行きたいと考えていますし、
何よりもコアがそのような存在でいられることを目指して、日々の物語を堅実に紡いでいきたいと考えています。

tag :

新しい居場所

2015-04-07
2歳半の息子が保育園に入ることになり、入園式に出席した。
保育園の倍率が高い中で抽選を通過できたことは、
非常に幸運だったとしか言いようがない。

息子の通うことになる保育園の建物に入って、新鮮に感じたことの一つは、
靴箱やロッカー、机に息子の名前が書いてあることだった。
今は全快し、何の支障もなく毎日を送っているが、
息子はかつて長い間入院していた時期があり、
今まで自宅以外で息子の名札を見る場所といえば、病室だった。
そのため、今回他の場所で息子の名前を見たときは、一瞬時が止まったと感じる程驚いた。

また、保育園の先生方と話すと、心から歓迎してくださっているのが感じられた。
普段支えてくれている周囲の人達、具体的には家族や親族、職場の仲間や友人以外に、
息子の居場所が新しくできたのだと実感し、日頃から支えてくださった方々への感謝で、
胸に熱いものがこみ上げてきて止まらなかった。

入園式では、先生方がお祝いの言葉を話してくださり、年上の園児たちが歌を歌ってくれていた。
息子も、周囲が歓迎してくれている場の空気を本人なりに感じ、喜んでいるようだった。
ここが、彼の新しい居場所になる。

人は、必ず何かの国や地域、団体や組織に所属して生きていく。
居場所といえば、働く場所は、人にとって、家庭と並ぶ最たるものだ。
その働く場所を人様にご提案する弊社の仕事は責任が重いことを、
息子の入園式で園児の歌を聞きながら、改めて感じた。
職業や職場の選択が間違っていたとしたら、ご本人は言うまでもなく、
ご家族を始め周囲の方々にも多大な影響が及び、大きな犠牲を強いられることになる。
その責任の重さを考えると、改めて、気を引き締めて職務に臨まなければいけないと思った。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>