開花の先を見据えて

2014-04-21
厳しい寒さに耐え、やっとのことで膨らんだ蕾から咲いた途端に、
春の嵐が薄紅色の花びらを散らしていった感のある今年の桜だが、
同時に新年度が始まって、世の中にも蕾から花を咲かせようと、意気込む若者の姿が目立つようになった。

経団連の自主ルールに基づき、4月1日から個別の採用面接が解禁になり、
2015年春に卒業する学生達が志望企業での内定を夢見て、
時に地方からか、重そうなスーツケースを必死に引いて、
スマホの地図を確認しながら、きょろきょろ辺りを見回している姿を見ると、
心のなかでエールを送ると共に、
本当に自分にあった企業に入社出来る人はどのくらいいるのかなと、感傷深くもなってしまう。

メディアでも報じられているが、直接話を聞いてみても、
どうやら今年は「当たり年」とのことで、膨らみ始めた景気回復への期待と
ともに企業側の採用意欲はかなり高いらしい。

某大手就活サイトは前年度に比べて、掲載企業数が1.5倍になったとのことで、
ある程度の規模の企業は、団塊世代の退職に伴う実需と、
景況感からの先行きへの投資の側面で採用数を増やしているのだろう。

また別の大手就活サイトでは、膨大なエントリー数を煽り、
就活生をむやみに疲労困憊させているなんていうことが議論を呼んでいる。

就活市場が盛り上がってくると、それをマネタイズしようという動きが出てくる。
大概話題になるのが、企業に選べるのではなく、選ぼうという趣旨で、
「意識の高い学生」「地頭の良い学生」専用の就活サイトなるものが湧いてきて、
高学歴の学生を採用したいという企業が、通常より高く設定された掲載広告料を支払うというものだ。

決して、企業を選ぶことが間違っている訳ではないが、
この風潮には個人的には疑問を感じており、
常に「目線」を違えてはならないのではないかと思う。

個人と企業が対等などということは、あり得ず、
リスクやリターンに対するトレードオフの関係でしか計れない、
またはコミットする覚悟を決めるしかないものだということは、忘れるべきではないと思う。

就活生だけではなく、新入社員や社会人何年目であろうと、
感謝や利他といった基礎力は常に高めていきたいものだ。

目先の景気や、種々の風潮などの、横風に煽られて、
せっかく咲かせた花をむやみに散らすことがないことを祈りたい。
スポンサーサイト
tag :

増税と中途採用動向

2014-04-07
消費税が8%に上がるということで、増税前に細々とした買いだめと今考えると不必要だったのではと思う衝動買いもしてしまいました。
直前にミネラルウォーターをネットで購入したのですが、届いたのが今週末という増税後の買い物となってしまったものも・・。

増税後の週末に銀座へ買い物に行くと、増税後の反動なのでしょう、高級ブランド店でショッピングを楽しむ人は疎らでした。
また、イトーヨーカ堂などの大型量販店もお客さんはいるものの、カゴの中身が少量の人が目立ったように思います。
このまま国民が支出を控え続けたら景気はどうなるのだろう・・と少々不安になりますが、
実際、今後の消費の行方を左右する肝心の現金給与総額はほとんど伸びておらず、
大手自動車メーカーなどではベースアップをしていますが、多くの経営陣はこの景気の行き先を慎重にみているようです。

中途採用市場では、2020年オリンピック需要や復興需要などによる建築・不動産などの業界では
人材不足が課題となっていますが、弊社が特化している食品・化粧品を含めた消費財業界においては、
増員傾向にあると見ているものの、設備投資や研究開発への投資、増税後の価格転嫁を抑えるための
コストカットなどが求められ、人件費への投資はまだ控えめになるだろうと考えています。

逆に景気が良くなったのではという希望的観測で転職活動を始める方々が増えている為、
応募が殺到し、採用側の採用水準が一層上がることが想像されます。

また、今、転職市場でにわかに話題となっているのが「35歳転職限界説」の崩壊です。
前回の転職バブル期だった2007年から比べると、35歳以上の転職成功者は全体の4分の1を占めるようになり、
20代の転職成功者は全体の割合からすると減ってきています。
若手を即戦力に育てることが出来るミドル層を積極的に採用する企業が多くなっています。
現在、求められている人材は、「社内の人達に刺激となるような、新たな発想や新しい価値を生み出すことが出来る、
イノベーティブな働き方が出来る人」を企業は求めています。

現状では、同じような業務内容をしてきた人たちで溢れていますので、
単純に「○○ドラッグストアの本部へセルフ化粧品を提案していました」だけでは、
魅力に感じてもらえないのが今の市場です。企業は自分自身の働き方のどこに価値を見いだしてくれるのか、
今の自分の働き方は現職にとって価値があると言ってもらえるものか、現職で出来ることはないのか、
と転職を考えるときに一度立ち止まって客観的に自分の働き方について考えて欲しいと思います。

景気を良くしてくれるのは、私たち働く者の一人ひとりの意識なのかもしれません。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>