GAP YEAR

2013-06-25
妻がもうすぐ出産を迎える。
日に日に大きくなるお腹に話しかけるにつけ、一体どんな人格、個性を持った子に出会えるのだろうと
想いを巡らせている。
人間、生まれる前から何らかの人格を備えてこの世に出てくるのだと思うから。
その個性をどう見つけるのか、伸ばせる環境を整えることができるかどうかは親の役割ではないだろうか。
妹の旦那がある日LEGOをやったところ、芸術的な巧さだったという。
現在サラリーマンの彼は、別のきっかけがあれば空間能力を活かす仕事に就いていたかもしれない。

あるイタリア人の友人は、「音楽もやった、建築もやった、スポーツもやった、でも、言語学が一番楽しかった、
だから大学に来た」と、当時目をキラキラさせて言っていたが、現在彼女は言語学のドクターである。
個を追求し尽して見つけた自分の人生、きっと楽しいに違いない。
「dovere(義務)からではなくvolere(望み)からやるんだよ」と彼らは言う。
それに比べ日本の学生は、単に大学に行った方がなんとなくいいから、専攻も真剣に考えている風でもなく、
偏差値の高いところで受験しやすそうなところを選んだ、なんて人が多いように感じる。
楽しそうにその学問領域の話をする生きた人間はほぼ見たことがない。学校では画一的な教育が提供され、
当たり前のように大学に行くことになっている。

一昔前の(いや、現在の)そんな日本の状況を打破しようと、やっと出てきました、GAP YEAR。
東大でもGAP YEARを取得することが推奨され始めた。GAP YEARとは、1960年代にイギリスで始まったもので、
通常の教育や仕事ルートから離れてボランティア、インターン、旅行、スポーツなど
様々な活動に時間を注ぐことである(Wikipedia in English)。
これまでの画一的なレール上での人生を送ってきた人達からは、
大きく日本を変革できるような逸材が輩出されないことがわかったのだ。
自由で自主的な時間の中、自分の頭を使ってsurviveしてきた経験こそが、あらゆる仕事に柔軟性を持たせ、
臨機応変に時代に適応する社会を作っていく。
日本においては最初はパッケージングされたGAP YEARを送ることしかできないかもしれない。
でも、社会がGAP YEARの存在を認め、大学を卒業したばかりの新卒じゃなくても優秀な人材は採用します、
という価値観が受け入れられるようになったら、もっと思い切って、自分で考えた活動に信じて
のめり込めるのかもしれない。
それでこそ、個人の人格が尊重され、一人ひとりの個性が社会で花開くことが許され、
多様な価値観から成る創造的で成熟した社会ができるようになる。
GAP YEAR的人生を送った私は、これから時代が必要とする新しい価値観を持った世代を育て、
受け入れていくのに大いに貢献できたらと思う。わが子にもありのまま育ってほしい。
スポンサーサイト
tag :

接客のあり方

2013-06-17
日ごろ受けている「接客」から学ぶことが多いことに気づかされます。
感動するほど素晴らしいお料理を出すお店なのに、店員さんが非常に残念なケース。
お料理は特別なことはないが、店員さんの心遣いが感動的なケース。
どちらのお店のリピーターになるかというと、個々の価値観はあるかと思いますが、
個人的には後者の方に軍配が上がります。

先日も、とある化粧品メーカーの美容部員さんの接客から学ぶことがありました。

化粧品を購入する際、いつも使用している定番を買うので、最近はいちいちカウンセリングを受けずに、
商品だけをその場で購入して終了することが多い。
(男性の方がご存じないかもしれませんが、商品説明をしながら、化粧を落としてスキンケア・メイクアップも
するので美容部員さんのカウンセリングは30分位かかるのです!)
その日はたまたま時間に余裕があったこともあり、「季節の変わり目だし肌の調子を見てもらおう」と
声をかけられたままにカウンターに座って話を聞いてみることにしました。

私の担当をした美容部員さんは、(失礼ですが)美容部員の割に年齢が上の方で、
その上美容部員としてもまだ間もないといった手つきでした。早口の弾丸トークだったこともあり、
最初私は「目的の物を見つけたらさっさと帰ろう」と考えていました。

しかし、その方の話しに暫く付き合っているうちに何だか「憎めないキャラ」で面白くなってきました。
『ファンデーションをお探しなんですね~』と言いながらゴソゴソ、バタバタとお店の色々な所にぶつかりながら、
「あ!あれがいいわ!」「これも一押しだわ!」と心の声が聞こえてきそうなほどの万遍な笑みを浮かべて
動いている姿や、『私も最近知ったんですけど、チークはこういう風にするとCoolな感じになって、
こうするとCuteな感じに仕上がりますよ~』と自信満々に教えてくれながら、
「ほらねっ」と美容部員さん専用の「メイクマニュアル本」のようなものを意気揚々と見せてくれたのですが、
「これをお客に見せていいのだろうか・・(笑)しかも最近知ったあなたってどうなの~(笑)」と
ツッコミどころ満載でした。

プロの美容部員の接客としては決して100点満点ではないと思います。
それでも、最終的には私は予定外の高額な美容液も購入しましたし、
何だか「良かった」と感じながらお店を出ました。
「どうしてそう思ったのだろう」と帰り道に考えました。

私が彼女から学んだことは「心から思っている」ということです。

心から人と話をするのが好きなのだろうと感じさせる、楽しさ。
あの年齢でも新たに美容部員になって好きなものに携わりたいと思う、化粧品への想い。
良い物を紹介したいと心から思っている、純粋さ。
そういう全てが私には不快ではなく、むしろ嘘がないことに満足感を得たのだろうと思います。

私たちの仕事は個人やその方のご家族を含めた人生をも左右してしまう仕事ですので、
一生懸命になっているだけではダメだと思っています。
プロとしての知識やノウハウももちろん必要ですし、一人ひとりのお客様と向き合った本気の仕事をプロとしてすべきです。
それでも基本の姿勢として、偽りのない想いがあってこそのヒューマンビジネスだと改めて感じされられました。
そして、一人ひとりの満足は異なり、私は出来上がった接客方法ではなく、
嘘がないことへの満足感を得ましたが、人によっては違うということも認識しないといけないな、と思いました。
tag :

継続の秘訣

2013-06-10
キャリア勉強会の一環で、弊社のご登録者様に、英語の研修を行わせて頂いている。
いつも熱心に宿題や質問をしてくださるので、こちらも嬉しくなって、
満足していただきたいと思い、つい授業に力が入ってしまう。

いつも手ごわい相手だと思うのが、受講者様を含めた日本人の多くの方が持つ
「自分はいくらやっても、英語なんてできるようにならないんじゃないか」という思いの強さだ。
理由は明白だ。日本の教育システムの中で、しっかりした成功体験を積む機会がなかったからだ。

これを払拭するために、どうすればよいのかと、日々、考えている。
自信をもって申し上げることができるが、上記の信念は、無根拠でしかない。
語学は、「したことが必ず報われる」という、非常にまれな分野なのだ。

例えば、未経験のアイススケートを私が始めて、いくら練習を積んだとしても、
トリプルアクセルをできるようにはならないだろう。しかし、語学は、
学習の仕方と、負荷のかけ方と、継続期間さえ合っていれば、必ず実務レベルまで達する。

なぜ必ずできるようになるか、例えば下記の文。

This is a pen.

理解するプロセスを分解すると、下記のようになる。

≪単語≫
1.This:これ
2.is:be動詞
3.a:ひとつの
4.pen:ペン

≪文法≫
1.A is B.:AはBである。
2.aは、penにかかる。

上記それぞれが、ご自分の中にしっかりと定着しているからこそ、
This is a pen.を見たときに、「一瞬でわかる」ということが起きる。
どんな複雑な文や、難解な語でも、基本的には上記と同じだ。

「単語を見た瞬間に自信をもってわかる」、
「文を見たときに、どの構文か、自信をもってわかる」、
その経験回数が多いので、「全体の意味がすぐわかる」ということが起こる。

「自信をもってわかる」ために必要なことは、実にシンプルだ。継続だ。

上記を振り返って思うが、語学は、「なぜできるか」「どうすればできるか」が明確だ。
スポーツのように、特殊な才能が要求されない。語学にも才能というのは、無くは無く、
自分もその才能の壁に毎日苦悩しているが、ビジネス上必要な水準に関して、
大事なのは、才能ではない。継続することの方が、よほど大切だと、しみじみ思う。

しかし、この継続が、なかなか難しい。語学が身につかない理由の九割、いや十割がここにある。
私も、学習を挫折した回数だけでいえば、日本有数だと思う。
幸い、現在実施している英語研修では、受講生の方同士が、自主的に単語小テストの点数を競い合うなど、
刺激しあい、継続のためモチベーションを維持している。良い受講生の方々に恵まれ、感謝しきりだ。

継続すると何が起こるか?
「英語に触れると、そのまま自分の血や肉になるように、ありありと自分の一部になっていく」という体験が起こる。
例えば、米国の有名な牧師の説教の一部を、以下引用する。

The paradox of our time in history is that we have taller buildings,
but shorter tempers; wider freeways, but narrower viewpoints; we spend more,
but have less; we buy more, but enjoy it less.
These are days of two incomes, but more divorce; of fancier houses, but broken homes.
These are days of quick trips, disposable diapers, throw away morality, one-night stands, overweight bodies, and pills that do everything from cheer to quiet to kill.
These are the times of fast foods and slow digestion; tall men, and short character;
steep profits, and shallow relationships.

上記は非常に深淵なことを語っているのだが、例えば、TOEIC® 500くらいの方が受講なさるとすると、
三か月後には、「うおっ! 日本語を通さず、意味がわかる!」と思っていただける。
それまでにないドキドキ感だ。

実は、「パパ、すご~い!」と、お子さんから憧れのまなざしで見上げられるくらいの英会話、
「あっ! 相手の言っていることの意味がわかった! 自分の言葉をわかってもらえた!」
という体験は、思ったよりも、すぐ手の届くところにある。

どうしてなのか、どうすれば可能なのか。
続きは、教室でお話ししております! ご興味のある方は、ご連絡下さい!
tag :

人のふり見て、わがふり直せ

2013-06-06
最近、肩こりと腰痛にひどく悩まされるようになった。
おそらく、子供を抱いたりあやしたりする際に、変に力んで体に負荷がかかっているためだと思われる。
どうにも良くならないので、久方ぶりに近所にあるマッサージ店をいくつか試してみることにした。

駅中にある好立地のあるお店は筋肉を揺らしながらやさしくもみほぐすのが売りで物足りなく感じ、
直営のマッサージ学校を経営しているお店は、その卒業生が力まかせに揉むのが特徴で痛すぎる、
最近できたばかりのお店はやたらと話しかけてくるため精神的なストレスが増加するし、
少し家から離れた場所にあるお店は仕上げにプロレス技のようなアクロバティックな態勢で
しばらく放置される…など、効果のほどはさておき、
もはや何をしに来店したのかわからないくらいのお店も多く、
それぞれは、自己満足で効用を確信しているのだろうが、私は二度と利用しまいと心に誓った。
利用する側からすると、お店に入って実際にサービスを受けてみるまで何が飛び出すかわからないという、
非常に怪しく当たり外れのある世界であることを痛感した(当然、良いお店もたくさんあると思います)。

よくよく考えると、人材紹介会社も利用する側の皆様からすれば何とも怪しい存在として見えているのかもしれない。
基本的に転職活動は秘匿性の高いものだし、そもそも仕事選びに絶対的な正解もないため、
何がスタンダードなのかわからないこともそれに拍車をかけている。
「非公開求人」だの「あなたのためのオーダーメイド」だの電車に乗れば広告もたくさん出ているし、
サイトに登録すればスカウトメールがバンバン来て、履歴書を提出してほしいとせがまれる。
なんとなく行ってみると、それこそプロレス技は無いにしても、長い時間拘束されて応募を促される、
あるいは逆に全くの音信不通となり約束も守ってくれないとか…。
ネガティブなケースをあえて並べてみたが、実際に使ってみないとわからない世界、
それが人材紹介会社への一般的なイメージなのかもしれない。

弊社は顧客満足度で一位を頂いたことがある。お客様の立場に立ったサービスの展開を心がけている。
しかしながら、これまでコアに足を運んでいただいた皆様は私どもにどんな印象を持ったのだろう?
少し不安になった。
自己満足の親切になっていないだろうか?サービスは一様になっていないだろうか?

社員一同、再認識し、ひとりひとりのお客様に合ったサービスを展開しておりますが、
もし何かお気づきの点がござましたら担当コンサルタントまでご一報くださいませ。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>