温故知新

2012-10-05
企業の大切な採用に関わる倫理憲章で定められた解禁日である10月1日は、恒例行事といえる内定式がある。
採用に関わる職業柄、内定式に対しては、長年、思うことが多々あり、疑問が年々深まっているため、
今回は、あえて大胆な提言をしてみたい。

実際、「内定式」なるものの意義や有効性、大学生の修学軽視といったところへの"理詰め"な疑問と、
組織の形式主義や窮屈さを感じる"感性的"な引っ掛かりや反発心を持っている。

内定式の意義は「新卒一括採用」や「モチベーション向上」、「会社の代表訓示」、
「新卒の同期とのコミュニケーション」などが挙げられると思う。
しかし、「内定証書」授与と承諾書提出が主な目的なら、本人に渡す証明をしてくれる簡易書留で十分ではないか。学生の他社との「二重内定」防止のためだけの設営なら、社長や関係取締役もこの日のために準備と当日の拘束があり、ホテル予約などもあり、そのコストに見合うほど重要なものか。

内定者は、入社する頃には、半年前の代表の話を、大半はメモしたことすら忘れているのが正直なところだろう。
会社の前例踏襲主義のカルチャーや社内アピールだけの場になっていないか。
「業務改善」を提言しても全くおかしくないし、現に見直しを指示する会社もある。
だから、学生にも企業にもあまりエネルギーを割くほどのものでもないので、あえて突っ込んだ提案を申し上げると、廃止を前提に考える時期なのではないか。

そもそも、「内定式」なんて、国外の企業では、あるわけがない。
日本の「大量生産・大量消費・大量採用」時代の"ガラパゴスな20世紀の遺物"に過ぎない。
グローバル・ビジネスを標榜する企業の社長が、思い切りドメスティックな内定式で、全員黒の画一的なリクルートスーツに決め込む学生の面前で「皆さんはグローバルな社会に生きていて、ダイバーシティを涵養し、
主体的に、そしてメイク・ア・デファレンスを・・・」と訓示をしたら、これこそ「ブラック・ユーモア」以外の何物でもない。

何が大切で、意義はどこにあるのか。変革の時代というのは厳しい時期だ。
個々人が、物事の本質を見極めて行動しなければならない。
今の時代の荒波が、今後、更に厳しくなっていくことは明白だ。「右向け右」ではなく、「そもそも右を向く事の意味や意義が何なのか」を考えて行動していかなければ、これから先の一層厳しくなる荒波は越えていけない様に感じる。
スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>