“当たり前”の見直しの重要性

2012-01-31
私は、前職で社長秘書をしていた。
社長のように仕事のできる(常に業務に関する整理が出来ている。)人に近づいたかというと、
全くそんなことはないのだが、三年半の期間、業務と言う業務の処理能力の早さを傍で見てきた為、
社長の考え方や仕事の仕方が理解できるようになった。異なる立場になってから、殊更に感じるようになった。

社長が業務上でメールを使用する上で工夫なさっておられたのは、下記の点だと思われる。
・邪魔されずに自分のペースでいつでもどこでも読める&書ける。
・相手がご都合の良い時にいつでも読める。
・(言い換えると)時間と場所を選ばない。
・仕事をためずにその場で仕事が完結する(こともある)。
・情報を自分のスタイルで整理できる。(例:フォルダ分け)
・相手がメモを取らなくて良い。
・関係者に一斉送信できる。
・紙のゴミがたまらない。
・直接届く、瞬時に届くため、時間対効果が高い。
・無料であること。
・忘れずに書いて備忘録を兼ねる。
・一瞬で検索できる。

ご多忙であるため、提案や指示などを敏速に行えることもメリットであったと思うが、
口頭でも、おっしゃるので、リマインド機能もあったし、視覚、聴覚に訴えるので記憶にも残った。
今、思えば、仕事や時間に追いかけられるのではなく、
自らが仕事や時間のマスターになろうとしていたのだと思う。

仕事をしながら、メールや身の回りの便利なものの使用に余り工夫が無いことに気づく。
普段の何気なく使用するツールにでも、その機能を使いこなせるような工夫が増やせたなら、
ほんの少しビジネスマンに近づいたときなのかもしれない。

『自分がしている行為が効果的かどうか、その理由は何かを意識する。』

本日はそんなことをルール化したい。
スポンサーサイト
tag :

大切なひととき

2012-01-24
先日、久しぶりにスーツを新調しに以前からお世話になっているお店に行った。
7年前位にお客様から紹介されて以来、通っているこだわり親父の店である。

下町の住宅街の中に埋もれるように存在しており、外観からはその手のお店のようには見えない。
小さな店舗内には、スーツのディスプレイやら生地のサンプルやらが所狭しと並んでいる。
店主は40代後半のダンディーな男性で、10年程前に独立し、始めたそうだ。

お店に行くと先ずはお茶を出してもらい、何となく世間話しをしながら、
作りたいと考えているスーツのイメージを伝えていく。
一番時間が掛かるのが生地選びなのだが、話しを聞いているだけでも面白い。
どこそこの潰れた工場に眠っていたものだとか、
現在は存在していない機械で織られた生地だのと話しは尽きないのである。

生地や形の注文もさることながら、ボタンや裏地選びまで入れると一つのスーツを作るのにかなりの時間が掛かる。
あっという間に2-3時間が経っているのである。
そこの店主は用途やシーンに合わせた提案を丁寧にしてくれるため、大抵の場合において、
自分が当初作ろうとしていたものとは違うスーツを作ることになっている(笑)。
その店の名誉の為に言うと、全てのスーツがお気に入りで、
一番最初に作ったスーツもいまだに着ているくらいである。

買物に時間を掛けるのは基本的には好きではないが、この店での「ひととき」は、
興味深い話しも聞けたりと楽しい時間を過ごさせてもらっている。

弊社においても、さすがにお客様のお時間を2-3時間頂くわけにはいかないが、その方の能力や趣向、
求める環境に合わせて、出来る限りオーダーメイドのご提案をさせて頂くようにしようとしている。
時に、その方の元々の意向と異なる場合もある。ただ、ご入社頂き、満足して頂いている、
キャリアアップ出来た旨のご連絡を頂くときに、私共とのひとときを思い出してもらえると嬉しく思う。
また、私があの店のこだわり親父に少し近づいたかなと思える瞬間でもある。
tag :

毎日を過ごすということ

2012-01-20
仕事柄、夜遅くなることが多く、自宅に帰ると家全体の明かりは大体暗くなっている。
ということから、夜帰ると習慣としてパソコンを開く癖がある。
夜な夜な、色々な作業をしているのだが、その合間に見た話で印象的なものがありましたので
一つ共有をと思いました。

たまたま見た記事(というか一つのお話)で久々に感動した。
いわゆるBBSの記事なのですが、この手の物は初めて読みました。
正直言うと、こんな良い話が同サイトにあるのかと思ったぐらいです。
普段から小説の類は読まず、このようなストーリー性のあるものには免疫(耐性?)がない自分としては、
読み終えた後、ただ泣いていました。
BBSの話なので、事の真偽ははっきりしておりませんが、素直にこういう話に感動致しました。

ふと感じたことは、今日生きる日がいかに素晴らしいかということです。
明日があるということに対して、慣れ過ぎているという感覚です。
明日も朝日が昇ることに、朝日が見られることを「普通」と思っている自分に気づきます。

何の気なしに読んだ内容でしたが、こういう類の物を読んだことがない自分としては
気付くに足るポイントが非常に多かったと思います。

既に社会現象の一歩手前まで広まっており、数々の話題を呼んでおりますため、
多くの方が読まれていると思いますが、まだご存知ない方はご覧になってください。
今日があること、当たり前にいる周囲の方へ、感謝や敬意が改めて実感出来ると思います。

生きているうちに、日が暮れぬうちにとはよく言ったものです。
皆さんへの感謝の心を持ちながら、毎日を過ごしていきたいと思います。
「通常を決して当たり前と思うことなかれ」という言葉を思い出しました。

これを読んだ翌朝も、いつもと変わらず妻と子供が「おはよう」と声をかけてくる。


追伸:もし読んでみたいが、記事が見当たらないという方はお申し付けください。URLなり題名なりを共有致します。
tag :

オフィス移転からの気付き

2012-01-05
ブログでのご報告が遅くなりましたが、12月から新しいオフィスへ引っ越ししました!
新しいオフィスは、面談ルームの数も増え、セミナールームも作りました。
白い壁も、新しい絨毯も、新しい扉も、新鮮で身が引き締まる思いです。

バタバタの引っ越し後に、ふと、これまでのオフィスで写真を撮っておけば良かったな、と思いました。
ここから始まった、という記念と言ったら青臭いでしょうか。

何事も初心(自分の心)が大切なんだ、とこの仕事をしているせいか、特に感じます。
自分自身も、迷った時に、いつも振り返るように心がけています。
自分がしたいことって何か。自分が大切にしていることって何か。
難しいようで誰もがきっと持っているシンプルなこと。
私で言えば、この仕事に就いた時の思いは「誰かのために出来る仕事。気づきの手伝いをしたい。」でした。
だからこう振り返ります。自分は転職希望者の役に立っているだろうか、クライアント企業の役に立っているだろうか。
何者でもない自分が出来ることを精一杯やろう。そういうシンプルなことです。
そして、今の自分をリセットします。
目先のことばかりに囚われていると、本当の大切なことから遠ざかっていることがあるものです。

コアも新しいオフィスに移転し、2年目の新しい年が始まりました。
小さなオフィスでスタートした「思い」を大切にしながら、今をリセット。
また多くの出会いと共に私たちも成長して行きたいと思います。

私の、そして、コアメンバーみんなのルールにしようと思います。

tag :

2012年

2012-01-05
あけましておめでとうございます。

小さなころとは違って、新年15分前の「ゆく年くる年」を見ていても、何だか1年が終わって行く感じがしません。
大人になり、午前0時を過ぎても起きていることが日常的になったことも理由の1つかもしれません。
それでも、0時を過ぎた年明け後に、お風呂につかりながら、1年を振り返り、今年はどんな年にしようか、
と一人反省会をしました。

今年のキーワードは、「伝える」にしました。
コアのメンバーには「今年もかよっ」と野次が飛んできそうですが(苦笑)、
私にとっては、難題で、何度も挑戦して体と心で覚えないと自分が納得できるようになれないんです(涙)
伝えるためには、自分自身の考えや軸が必要になります。
まず、軸の幹をしっかりと地に根を張らせること。ここで気をつけたいと思っているのが、
「本質はどこにあるかを見極める」ことです。この本質の見極め方に修練します!

次に、相手にしっかりと伝わるかどうかは、また他の技術が必要となります。
今年は特にこの「伝える技術」を強化したいと考えています。
12月に参加したセミナーが1つ参考になっていますが、相手を伝えやすい状態にし、どのように言葉を組み立てるかを、
更に実践で練習。そして、「パワーリーディング*」を心がけ、読んだ本や観た映画などでも言葉で表現してみることで、
本質を捉え、相手に伝える練習をしたいと思っています。
(*パワーリーディングとは、私が作った言葉ですが、アウトプットを意識して1冊の本を整読することによって、
本から知識を得るだけではなく、自らが思考して行動や解決へ導くことが出来る読み方のことです。
最近読んだ本からのウケウリです、、)

具体的に今年の目標を語ってしまったことで、自ら逃げられなくしてしまいました・・。
上記の目標と共に、今年もやっぱり「笑う門には福来る」で居たいと思います!

今年も皆様にとって、笑顔多き年になりますように。
tag :

明日へ

2012-01-05
明けましておめでとうございます。
弊社も2年目へ突入する2012です。

昨年は設立してから、予想外の出来事が多くあり、
弊社だけではなく皆様方々も大変な年であったのではないかと愚考しております。

2012はどんな年になるのかと言っても先のことは分かりませんし、
想像したところで当たりませんでしょうから、去年と引き続き当たり前のことを粛々とやっていきたいと思います。
今年も早々からお仕事のご依頼があることに大変感謝しております。

旧年の流れをそのままに、今年は更なるチャレンジの場として近年最大の安定年度と見られる2012に
果敢なチェンジを弊社も掲げて邁進して参ります。

「キャリア」を人生と定義して展開する我々の考え方として、転職以外でも人生観を一緒に考えられるような
ビジネスを展開していきます。
例えば、大学での就職に対する考え方セミナーや各企業様に向けたメンタルヘルス向けセミナー、
組織戦力化セミナーなどの開催を既に予定しております。

我々が少しでも価値の創造をしていける集団となれるよう、弊社の考える「キャリア」をますます浸透できるよう、
今年もより一層精進して参ります。

倍旧のご支援賜れますよう、どうぞ宜しくお願い致します。

株式会社コア 一同

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>