コンセプトという幹

2011-11-30
よく、週刊誌やインターネットニュースでテレビ番組の視聴率の記事を目にする。
その都度、取り上げられるのが、『出演者の旬』という言葉である。
果たして、番組というものの『モノづくり』と出演者に大きな因果関係はあるのだろうか?

決して、出演者の肩を持つわけではないが、『モノづくり』自体にこだわりが無くなったのでは無いだろうか?
何を世の中に伝えたくて、何を意図して作ったものなのか?
作り手の表現力の無さを憂う事の方が自分の中では多いように思う。

出演者頼りで作品を創出してきたことの“ツケ”が回ってきたのではないだろうか?
作りこみの技術や効果、視聴者の立場に立った『コンセプト』が無くなってきている。
出演者で自分の地位や立場を上げてきた制作者が不出来の際には出演者の責任とする。
どこの世界でも同じようなことがあるものなのだなぁと感じた。

日本は『ものづくり大国』と言われてきた。品質・技術力において、まだ世界のトップレベルにいる事は間違い無い。
しかし、この『ものづくり』に最近影を感じている人は多いのではないだろうか。
日本の産業はこれまで製造業が中心であったし、今後もその点は変わらない。
ただし、これまで通りの製造業ではいられないのではないか?

日本の精密機械機器などは「芸術品」のレベルで民生品を量産化できるのは世界を見渡しても
日本メーカーしかない。1980年代に諸外国に対して、日本の製品が怒涛のごとく市場流入し、
諸外国は恐怖すら覚えたと言う。しかし、この10年間で状況は一変した。
今、諸外国は日本を脅威とは感じていない。日本人はコンセプトを与えないと何も作り出せないからだ。

自動車、テレビ、ビデオなどいずれもコンセプトを生んだのは米国である。
日本人もコンセプトを作れるようにならない限り、製造業の真の復権はないのではないだろうか?

市場や景気の責任にすることは簡単な逃げ道なのかも知れない。今、しっかりと前を見据えて
『コンセプト』を作り出す、見直す時なのではないだろうか?

弊社も設立から一年が経った。多くのお客様に見守られて、少しの安定感も生まれた。
しかしながら、今一度、設立の『コンセプト』を振り返り、原点に立ち返ろうと思った。
スポンサーサイト
tag :

社会を動かす力

2011-11-25
基本的に無趣味だが、読書とドラマ鑑賞は私の趣味の1つと言えるかもしれない。
最近読んでいるのは、日本の戦後から高度成長時代の日本を舞台とした小説だ。
何となく手にとって読み始めたものだが、古き良き日本の「面影」を感じ、はまって読んでいる。
最近のドラマではキムタクが出演する「南極大陸」もお気に入りドラマの1つで毎週欠かさない。
共通して言えるのは、「昔、昭和が舞台」ということだ。

私が何となくはまってしまっている背景は、今の時代に珍しくなった暑苦しいとも言える「熱意」やある意味クールに見がちな「純粋さ」があるからなのかと思う。そして、みんなが幸せや豊かさを求めていた時代。一生懸命な時代。

ドラマは時代を映す鏡を言われてきたが、そんな本やドラマを鑑賞する自身も含めてだが、
震災をきっかけに社会全体が「夢」や「希望」を求めているように感じる。
それが「ない」から人は求める。

ふと、他人にそれを求めているように感じ、反省する。
心の豊かさは自分で生み出すものなのだ。
そして、重要なのが自分のことで満足してはいけないってことかも。
家族を思い、日本国を思い、自分は何が出来るかを愚直に考えることが出来るか。
仕事でも言えるかもしれない。自分がおかれている立場で何が会社のために、社会のために出来ることなのか。
それが行動出来ているか。その一人ひとりの力が社会を動かしている、のではないだろうか。
世界70億人の動き出す力は大きい。

「ない」ものを考えるのではなく、「ある」ところから始めよう。
そう自分にも今日はルール化にしたい。
tag :

タイミング

2011-11-15
タイミング=ある物事をするのに最も適した時機・瞬間。
コントロールするのは、なかなか難しいものである。
世の中には、あらゆる環境下においてでタイミングというものがある。
一般的には人生の節目等において使われることが多い。
例えば、結婚、住宅購入、転職等々である。

失敗した後に、「タイミングが悪かった」というフレーズを耳にするが、
一体どういうことなのか。適した時期ではなかったということなのか?
大半の場合、単に準備不足であったりするのではないだろうか。

私がアドバイス出来得る範囲である転職ではどうであろうか?
そのタイミングとはどのような時を言うのであろうか?
確実に言えることは準備が整っていれば『タイミング』をずらすことはない。
現職の~がイヤだから、上司や同僚とうまくいかないから、やりたい仕事をさせてもらえないから、
給料が安いから・・等よく聞く転職理由である。

イヤだから今すぐにでも転職したい気持ちは良く解るが、それは『タイミング』ではない。
準備も整わず「見切り発車」をすることにより、
本当の希望の会社へ行ける可能性は非常に低くなる。
しっかりとした事前準備(経歴の棚卸し、書類作成、関連情報収集、面接対策)を行い、
その準備が充分に出来た時、本当にベストな「タイミング」が訪れる。

多くの転職を希望する方々が軽視している事前準備。するかしないかで将来的なキャリアに相当な影響を及ぼすのである。
自分の仕事は事前準備を徹底し、ベストな『タイミング』を提供する事だと考えている。

結婚に関しては、事前準備をし過ぎるとマッチしないケースもあるらしいが・・・
tag :

設立1周年を迎えて

2011-11-01
我々の会社が1周年を迎えた、何もないところからみんなで始めた会社だ。
最近では、とある会社様主催のエージェントランキングで400社近いエージェントの中から各種上位に名が上がる等、
コアのコアである「必要とされる会社・必要とされる人になる」ことに一歩近づけたことを嬉しく思う。

コアのメンバー、それぞれが色々な想いを持った1年だったように思う。
個人的なことで言えば、ハイレベルな顧客満足(企業様や求職者様に対して)を要求される環境下でやっていく中で、
多くの自分という壁にぶつかり、悩み、落ち込んだり、這い上がったりと喜怒哀楽の多い、
また仲間や周囲の応援してくださった方々の温かさに支えられた、あっという間の1年だった。

自分自身が、サラリーマン感覚では通用しない世界でやってみたことで、
世の中がどういう人材を求めているのかを肌で感じることが出来た。
災害や円高などの不安定な経済状況の中で人は「安定」を求める。
全員がそうだとは言えないが、なるべく右にも左にもぶれない天秤の「真ん中」にいれるように、失敗もせず、挑戦もしない。
しかし、こういう状況だからこそ会社や世の中は戦う人材を求めている。
そういう人材が圧倒的に不足していることから、今の日本の弱さがいかに必然的に生まれたものなのか、
自己反省も踏まえ、感じている。

しかしながら、本来の日本人は、「武士」であるはず。
ひとりひとりの「サムライ魂=モチベートされる個々のCOREな部分」を刺激することで、何かが動き出すと信じている。

改めて起業時の初心を思い起こし、私たちはお客様(企業様・求職者様)のCoreを共に見つけ・育て、歩むことで、
必要とされる(株)COREであり続けることが出来るよう、自分自身の決意を新たにした。

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>