差別化

2011-10-18
弊社は、元々異なるエージェント出身のコンサルタントの集合体である。
多種多様な文化をうまく融合させて、一つのエージェントという体を成している。
エージェントと一言でいっても、会社の数だけ特徴や訴求ポイントが異なってくる。

弊社が各エージェントからコンサルタントを集めたのも、
色々な特徴を「欲張り」に集結させたいという想いがあることも事実である。
さすが、各社さん特徴が異なる。一つと言って同じようなエージェントはないようである。

ただ、そんな議論の中で行きついた一つの結論がある。
それは「人の、人による、人のための」ということである。

原点回帰のようなテーマになってしまうが、時代は正に原点回帰を迫られているような傾向にある。
道徳なき商業も、人間性なき科学も、原則なき政治も、やはりうまくいかないのである。
ビジネスマンなら誰しも営利を追求すると思うが、先行するのが営利であれば、
それは道徳なき商業といっても過言ではない。
転職バブルから景気悪化を経て、転職氷河期に突入しているこの市場ではあるが、
弊社の考えは一つ、「人のための」転職サポート事業を「継続」すること。

当たり前のことを言っているようだが、どうにも難しい。
所帯が大きくなってくるとそんなことも言ってられないだろうし、
個人事業主でやっているだけではバリューも出にくい。
適度な所帯が必要であり、営利を追求せずとも転職希望者様の未来を考えながら行う。
非常に難しい命題であるが当たり前のことである、だからこそ最終的に営利と繋がってくるのだと痛感する。

これからも弊社は同じスタイルを貫き続けます、これを「継続」させます。

設立から1周年を目前にしている今、嬉しいニュースを頂きました。
とある取引先様が集計されたエージェント満足度調査で、弊社はTOP10入りを果たしました。
●カウンセリング・対応満足度 7位
●紹介求人案件満足度 10位
●総合満足度 10位
手前味噌で恐縮ですが、対象となるエージェント300社から選ばれたことは、
ひとえに「弊社の差別化」が認められたのではと、改めて背中を押された気分です。
真摯にやってきた結果が出てくれたのだと信じて、これからも精進して参ります。
また皆様からのご指導ご鞭撻を頂きながら、この立ち位置にいるという認識を忘れずに頑張ります。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。
皆様、本当にありがとうございます。

スポンサーサイト
tag :

投票率は上がるかどうか~そうだ選挙に行こう~【後半】

2011-10-06
解決策はそんなすぐには出来ないでしょうが、小さいマニフェストを掲げる小さい政党が
複数いることが良いのではないでしょうか。
今の政治派閥を見ていると、正に「寄らば大樹の陰」状態。
(最近は少し異なりつつありそうですけど、大樹が異なるだけで本質は同じですね。)
なんでもやります、できます、じゃなく、それぞれの争点が明確に異なることで関心も引き立つのではないでしょうか。
相反する要望も多いでしょうから、全てを網羅することは出来ないでしょう。
無料サービスを増やせと言いながら、税金を下げろという人も多いのですから。
だからこそ「確実に特定の人々のニーズを満たせる政治家(政党)が複数現れる」ことも良いのでは思います。
集約することが出来るものは、その後纏めれば良いと思いませんか?

特に今は若い世代のニーズをくみ取る政治家が少ないように思えます。
政治家も老人ですからね。若い世代の考え方が到底理解できないのでしょう。
もちろん、若い世代の政治家もいるのですが、政治の世界しか知らない頭でっかちばかりのようです。
ニートやフリーターという単語も頭で解釈しているだけであり、事実を見つめていないでしょう。
また、経済低理由で結婚しない(子供を産まない)という選択肢を選ぶ人間がいることも理解に苦しむようですし、インターネットにハマる人間の気持ちもよくわからないでしょう。

しかし、そのように現在の政治家たちに無視されている層、理解されていない層の票を
獲得出来る政治家が現れれば、それは大きな変革のきっかけになると思います。

夢物語ではありますが、高齢者の個売れ社による高齢者のための政治ということこそ、
夢がなさすぎると思ってしまいますね。

ただ一方的に、政治家が国民を理解しろ!とばかり言っていてもはじまりません。
我々国民も、しっかりと意見や考えを開示して訴えていくことが、物事の始まりなのかもしれません。
これは社会においてもそうですよね。
相手にしっかりと思いや考えを伝えて、鍛練していくことが重要ですから。
今生きている社会の中で、コミュニケーションを図っていきましょう!
tag :

投票率は上がるかどうか ~そうだ、選挙に行こう~【前半】

2011-10-04
総理がコロコロ変わりますね。諸外国には、この異様な様変わりはどの様に映っているのでしょうか?
あまり声を聞きたくない気がしますけど。
国の代表は一体どうやって決まっているのか?
変な話ですが、国会の中だけでほとんど決まっています。アメリカとは大きく違いますね。
これも文化かと考える事を止めてしまいますが。

しかし、日本国の選挙における投票率の低さは何でしょうか。
こんな投票率であれば、国会の方々も代表選投票権を国民まで下ろしたくないでしょうね。

選挙が近くなると、決まって啓蒙活動のように「選挙へ行こう」「選挙は国民の声を大事にする」など、
選挙に行かせようとしますよね。
だけど、本当に選挙の大切さを訴えているものがないので「とにかく大事だから行け」とか
「他人事ではないですよ」などと半ば押し付けのように感じます。
本質である選挙の大切さを教えられない世の中なのでしょうか。
一方で、選挙の投票率も実は上がってほしくないという裏の声も聞こえます。
投票率が低いのであれば、固定票を確保する戦略で良いのです。
選挙に行くことが習慣となっているいわば老人ターゲットと言っても過言ではないでしょう。
そのぐらい、選挙時に話すマニフェストや政策・方針などが不透明なのです。
若者は、「誰がやっても同じでしょ」と感じてしまうのでしょうね。
2年前の今月に民主党が圧勝しましたね。マスコミの予想通り(議席数も)の結果となりました。
(これはこれで裏事情がありそうですけど、その話は別に機会に)
目玉政策のこども手当効果と過剰なまでの自民党に対する揚げ足取り、そして国民の民主党にやらせてみれば?という変な期待値。

結局、国民に響いたのはこども手当でしたか。この目玉政策で浮動票を確保したとも言えるでしょう。
いずれにせよ、政治への無関心の解決策にはなりませんでした。

どうすればよいのでしょうか。

次回も引き続き、このテーマです。
tag :

「青黒い人こそが今求められている人材像」

2011-10-03
先日ダイヤモンドオンラインに『事業創造人材が持つ11の特性』という記事が掲載されていた。
事業開発に携わる人に限らず、今企業が求めている人材の根本素養であり、
今の世の中にそれほど多くはない人種だと、毎日雇用の現場に携わる一人として思う。

大義や理想をかかげ、よりよい社会を作りたい、世の中をどう変えるか等信念を持つ「青臭い」部分と、
冷静に世の中に提供するためには、どうやってその製品やサービスを作り、ユーザーに届け、
そこから利益を得るのか方法論としてのBusiness Storyを語る「腹黒い」部分。
一見矛盾するものをあわせ持つ、いわば「青黒い」人こそが、
21世紀型に新しい事業を生み出すことのできるイノベーターなのである、とのこと。
(参照→ http://diamond.jp/articles/-/14198 )

「腹黒い」部分とも言える「手段に長けた人」にはよく出会うことがある。
素晴らしいスキルを持った能力者であり、人材価値としても高い。
しかし話を聞いているうちにモヤモヤっとした思いが巡ることがある。消費財に携わっているにも関わらず、
その商品を介して消費者に何を伝えたいのか、何を与えたいのか、
そもそも消費者への思いがないように感じる時が稀にあるからだ。

一見「キレイゴト」に思える「青臭い」部分がなければ、企業の存在価値がない。
それを根本に理解し、自らも青臭く信念を貫き、腹黒くそのサービスを届ける為の手段を考え・行動出来る
人材こそが仕事を楽しむことが出来る「仕事人」のように思う。
また、この不景気及び世界競争社会の中で企業が求める人材は、
共に変革にむけて実現可能な強い精神(志)と力(スキル)なのだ。

事業創造人材が持つ11個の特性が「出来る・出来ない」ではなく、意識をしているか、
という点がコアポイントのように思う。
私たちの人材ビジネスも一歩間違うと他人の人生を狂わす大きな力を持っている。
会社存続のために売り上げに意識が行きがちだが、自分が正しいと思うことを裏切らず、
「何の為に」会社が存在しているのか、どうしたら必要とされるのか、
今一度振り返って自分にルールを課したいと思う。
求人を紹介するのではなく、どう働くか、その手段としての求人・会社を紹介して行きたい、と改めて思った記事だった。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>