TPP大筋合意を迎えて

2015-10-26
TPPがようやく大筋合意を迎えた。
関税が撤廃される項目の一覧を見ると、
今後起こるであろう変化の大きさに、改めて驚く。

農産・畜産を始めとして、輸入脅威論が叫ばれて久しいが、
個人的には、「貿易自由化は必然的な時代の流れで、止めようがないため、
是非を論じるよりは、自由化の中でどう生き残り、
拡大していくかを考えた方が良い」と思っている。

関税が撤廃・縮小されると、農産物の輸出が増えるが、
これに伴って、関連サービスの海外進出も拡大する。
そのサービスに必要な技術の海外進出も進んでいく。

日本の農業の技術は、世界でも最高クラスの水準にあるという。
日本の品種や日本農家の進出を待っている海外の農家は多いという。
季節が正反対の南半球で、日本と半年ずらして果物を作り、流通を通年化した例もある。

種子・種苗を例に取れば、外資系の超大手バイオメジャーが
スケールメリットを活かし、需要が最も多い穀物種子を展開するのに対し、
日本の種苗メーカーは、ニッチな野菜種子の品種改良を手掛け、
東南アジア等に進出している。欧米と異なるモンスーン地域向け製品は
手間がかかるため、バイオメジャーは参入しないが、
地形が南北に長く、気候が多様な日本だからこそ同地域に対応できる。
小回りがきく日本の特徴を活かした事業展開だ。

農業先進国オランダでは、国策で、シリコンバレーならぬフードバレーに
研究拠点が集結しているが、日本では、技術が一か所に集中することなく、
全国各地の農業センター、大学、農家に点在している。
コシヒカリ、はえぬき、つや姫のようなブランド農産物を生んだのは地方だ。
日本も研究拠点を一つに集約させるべきだという議論もあるが、
今のあり方も日本の豊かさではないかと思う。

上記のような豊饒な日本の技術が、これから海外に更に展開していくことを考えると、
さながら“大航海時代”であり、農業好きの人間としては楽しみでもある。
厳しい状況下、各社様とも生き残りに必死であることは私も承知しており、
ロマンだけでご飯が食べられないのは事実だが、ロマンは持っていて良いものだと思う。

弊社は、上記のように優れた技術や製品を持ち、社外にご紹介したいという企業様や、
自社を更に強化するため、優れた人材を社外から招きたいという会社様、
更に良い形でキャリアを構築したいという求職者様をご支援している。
上記のような企業様に優秀な人材をご紹介し、
「えっ、こんな人いるの?!」と言っていただいたり、
求職者様から「思いがけない提案・アドバイスで勉強になった」と言っていただくのは
非常に難しいことだが、その難しさに挑戦し続けたいと考えている。

そのために、一人でも多くの求職者様、一社でも多くの企業様に出会いの場を
ご提供できるよう、今日も求職者様とのご面談、企業様へのご訪問を行っていく。
スポンサーサイト
tag :

ナバホの想い

2015-10-13
先日都内某所にてナバホ族の巨匠「A氏」が来日し、
インディアンジュエリーの制作デモンストレーションとトークショーが開かれた。

インディアンジュエリーとはその名の通りインディアンが作ったシルバーや
ターコイズをあしらった装飾品であるが、その歴史は古く、深い。
だからこそ現在でもムーブメントとして文化を築いていると思われる。
彼が語ったインディアンジュエリーの歴史を少し紹介してみる。

紀元前900年頃から先住民であるネイティブアメリカンはジュエリーを
作っていたとされる。そこへ16世紀スペイン人によって銀が持ち込まれ、
ジュエリーは大きく変化する。
 1840年頃のナバホ族の一人がスペイン人から鍛冶を学んだとされる。
当時の銀製品は粗雑なツールで作られており どれも現在のインディアンジュエリーとは
かけ離れたものだった。しかし金属を溶かすための容器や紙やすり、
送風機などを作り品質の向上に努めた。これを古典期と呼ぶ。(第1フェーズ)

 1900年頃、フレッド・ハービー社というホテルやレストランなどを経営する会社が現れる。
フレッド・ハービーはインディアンジュエリーに目を付け、レストランなどで販売するようになり、
商業化の波に乗る。ジュエリーの需要が高くなるとハービー社はこれらを機械で作るようになる。
ジュエリーは安く多く売るために、薄いものが作られる。粗雑なジュエリーは流行せず、
インディアンジュエリーの需要は減り続けた。

一方で1900年代以降ネイティブアメリカンはツールを改良することで技術を向上させ、
今日のようなスタイルのインディアンジュエリーが作られるようになった。
しかし、その数は極めて少なかった。この頃に作られたジュエリーをオールドポウン(古い質)と呼び、
特に1910~1930年頃に作られたジュエリーは現在でも評価は高い。(第2フェーズ)

第二次世界大戦が終わると、アメリカでのみ人気があったインディアンジュエリーは
世界中で人気が出て価格も高騰した。 1980年代以降、「価値」が認められる時代になり、
ゆっくりと確実に需要は増え続け、今日にまで至る。
ネイティブアメリカンにとってインディアンジュエリーは家族の誇りであった事には間違いない。
収穫の時も、家族との別れ等、苦しみの時もいつもジュエリーを身にまとってきた。
「A氏」は昔ながらの製法でジュエリーを創り出す。日本の「サムライ道」に似ていると彼は言った。
彼もまた刀鍛冶のようにハンマーで何度も何度も自分の作品を打ち続け、創り上げていく。
彼はインディアンジュエリーを単なるジュエリーではなく、「芸術品」と呼ぶ。
時が経過すると価値が増していく物と定義づけていた。動画撮影禁止で、
神聖な歌やまじないのような動作をしながら制作に入っていった。「芸術品」か「工業品」かを
考えることをまずして欲しいとも言っていた。

人材ビジネスも同様で「商業化」おける大量生産の廉価品の流出は減少することはない。
型に溶かした金属を流し込んで、磨く作業員を配置する工場や、総指揮をナバホの職人が担当し、
実務はアルバイト、パートの作業員が担当するように、多くの企業が検索をし、機械的にスカウトをする。
我々コアは人材ビジネスにおいて商業化、効率化による「工業品」ではなく、昔ながらの方法で、
いい意味で非効率にこだわり、時が経過すると価値が上がり、必要とされる「芸術品」としての仕事をしていく。
昔ながらの銀塊から切り出し、カナヅチで丹念に打ちながら、スタンプワーク、リボウズなどの技術を
ふんだんに使い制作していくように、無数の転職希望者からこだわり抜いてサーチし、打ち合わせ、
棚卸を行い、新しい働く事の価値を伝える。求職者の将来は充実し、企業は発展をし、時が経過すると
価値が増していく。

そんな集団を目指し、志を高く持ち、一歩一歩進んでいく。
tag :

父から受け継いだもの

2015-09-29
だいぶ前のことではあるが、
すでにリタイアしている父にこんな質問をした事があった。

「働いているとき、夢とかなかったの?」

父は目も合わせずこう言った。

「知らん」

野暮な質問だった。

父はこういった類の質問には答えない人間だ。
昔からそうだった人が興味を持っても自分が興味をもたなければ答えようともしない。
他人に興味が無いのだろうか?こっちも話す気がなくなる。
こんな人間にはなりたくないとずっと思っていた。

周囲の友人からも、『君の父さんはもっと話好きのイメージだったよ』とよく言われた。

それくらい第三者から見ても無口で、無愛想、何を考えているのか理解できない人だ。
自分が父と似ている部分があると、父が自分の父であることを恨めしく思った時期もあった。

もっと話しやすい父なら良かったのに。
もっと遊んでくれる父なら良かったのに。
もっと優しい父なら良かったのに。

多感な時期はよく思ったものだ。


しかし、大人になった今では
そんな父でも認めるところがある。
それは、

家族の為に真面目に仕事をしてきてくれた

ということだ。

私も今、家庭を持っている。
守らなければならないものである。
その中で理由はどうあれ、働かなければならない義務がある。

父はその義務を不器用な人間なりに家族の為に果たしてくれた。
身を粉にして働いてくれた。
何よりも感謝すべきことである。

社会人になった今では、そんな父に感謝している。
やはり、父の子。ただ真面目に働けるだけなのかもしれない。
不器用で、口下手で表現も稚拙な自分がいる。


無いなら無いなりに得ていくしかない、むしろ無い方が成長し甲斐がある。
父に無かったものを自分が得たらどんな人間になれるのだろう。
今それを仕事を通じて得ている最中だ。これから未だ見ぬ自分に成長し、
父に無かったものを得て、父を越え、今学んでいるものを社会に発信していく。

出来れば、モノづくりで世の中に貢献してきた父とは異なるが、
キャリアの提案を通じて、社会に貢献できる人間なりたい。
その為に父から受け継いだものも大事に活かしながら・・・

この会社で多くのことを学び、それを後世に伝えられるような人間に成長して行きたい。
tag :

文書に込められた思い

2015-07-28
弊社から求人企業様に応募された求職者様が、ご内定となった。
労働条件通知書(外資系企業様ではオファーレターと呼ばれる)を企業様からお預かりする。
この書類を求職者様にご説明する際は、厳密な正確さを期すことは言うまでもなく、
ご本人様に対する企業様の熱い思いや期待、企業様におけるキャリア構築の意義等を
十分にお伝えする責任がある。緊張で、改めて身が引き締まる瞬間だ。

ところで、このオファーレター、各社様ごとのカルチャーが現れており、
拝見するたびに非常に興味深い。法的に必要な項目を記載したビジネス文書なので、
型破りな書類は勿論ないのだが、それでも、社風がおのずと現れるものだ。

特に外資系企業様は、国内系企業様との違いが顕著だ。
和訳すると、「オファーレターをお届けできることを大変嬉しく思います」という書き出しで
始まっていることもある(原文はもっと格調高い)。
日本とは違ったあり方で、新しい社員様を歓迎する外国の文化に触れ、嬉しくなるとともに、
「この文章の格調の高さをも、損なわずに求職者様にお伝えできればよいのだが……」と
頭を悩ませる瞬間でもある。

職務経歴書や求人票も同様に、「企業様への思いを伝えたい」
「自社の魅力を十分に伝えたい」等々、求職者様・求人企業様の思いが込められた書類だ。
関係者様に内容を正確にお伝えするだけでなく、書面に収めきれない、
行間にこめられた思いまで十分にお客様にお伝えできているか? と自らに問いかける。
エージェントとしての真価が問われる、難しい点の一つだ。
機密情報なので、厳重に書類を取り扱うことは言うまでもない。

今日もそんな思いを持ち、緊張で身が引き締まるのを感じながら、目の前の書類と向かい合う。
tag :

子供から学ぶこと

2015-03-26
最近、我が子の成長に伴い考えを巡らせることや思いがけない気付きを得ることが増えているように思われます。
多くの大人は自分の知らない物事や世界に対し、少なからず不安感を持つことが多くなるのではないでしょうか。
それは知ること、学ぶことが増える程、知らないこと、未経験の領域に対しての不安を感じる傾向にあるからなのかもしれません。
未知の領域に対し、自分がイメージする世界観は、実際に起こりうる現実と一致していないケースがあり、そのイメージが、自分が積み上げてきた経験とリンクする世界観を崩してしまうことを恐れているからではないでしょうか。
反対に子供は知らないこと、経験していないことが数多くあることもあり、大人が持つ失敗のイメージ、
社会人の場合は会社からの評価、自分が仕事として取り組んできたことの成果等とは無関係であることからも、
結果や成果はさほど重要ではなく、純粋にプロセスを楽しんでいるように感じられる。

我が家でも娘が、至るところに動物シールを貼ってみたり、ぬいぐるみに自身の洋服を着せてみたり、
手を伸ばしてギリギリ届くかどうかのものを無理に取ろうとしてみたり、
ソファーから飛び降りようとしてみたり中には大人が見るとヒヤヒヤするようなことを何処吹く風で楽しんでいるように見える。
取り組んでいる行為の結果がどうなるかなんて、考えるよりも、その過程や行為を純粋に楽しんでいる風である。
プロセスを楽しんでいる娘の父はといえば、4月から始まる新しい期に向けてチャレンジしてみようと考えていることがいくつかある。
今日まで「やっても成果につながらないのではないか?」「果たして自分に出来るのか?」と
日々の業務に追われていることを理由に先延ばしにしてきた自分なりのミッションである。
幸いにも弊社の代表は成果ではなく、むしろプロセスにこだわりを持つ経営者だ。
先ずは成果にこだわらず、チャレンジしてみよう。そして少なくともプロセスを楽しんで
みようと思う。

いずれ、社会人になり、結果や成果をを気にするようになる娘に言ってやろう。「プロセスを楽しみなさい」と・・・

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>